プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/03/11 (Wed) 【鷹鳩】ヘッジファンド乙(雑談)

気になったニュース。

3月11日(ブルームバーグ):資産家ジョン・ポールソン氏率いるヘッジファンドのポールソン社は昨年9月以降、英銀大手ロイズ・バンキング・グループとHBOSの株式を空売りし、3億1100万ポンド(約420億円)の利益を上げた可能性がある。これにより、同社による英銀行株の空売りの利益は合計6億600万ポンドに上ったもようだ。

だそうで。うまく戦略を立てて(といっても普通に銀行株の空売りだけど^^;)420億円の利益ですよ…。

なんだか自分がやっているトレーディングがしょぼく見えてしまってw。やっぱりヘッジファンドなのかなぁ、目指すは。

将来はCFDを使って自家製ヘッジファンドでもやってみようかしら。

『鷹鳩キャピタル』。なんかかっこ悪いかな。『ホーク&ドーブ アセットマネジメント』?


今後とも応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

FX/CFD 業者 | trackback(0) | comment(0) |


2009/03/09 (Mon) 【鷹鳩】FX業界の将来-超雑文

えー、毎度の宣伝で申し訳ないですが、週の見通しをCステのメルマガにて書いてますのでもしよろしければご登録ください。Cステメルマガは⇒こちら

ドル円はもみもみしながら上昇。でもってEURはGBPなどは下落と。典型的なUSD買い。

ドルインデックスの上昇は止められなさそうです。


さて、未曾有の金融危機にて経済危機。企業の存続すら危うい今日この頃。FXで多少でも資金を増やしたいと思っている人も大勢いることでしょう。FXの口座数は約200万口座だそうで。

一人で複数口座持っている人も多いでしょうから単純には言えませんが、FX人口は日本国民の100人に一人くらいでしょうか? でも1億2千万人には子供やお年よりも含んでますから、実質的には50人に一人くらい?

潜在的にはまだまだ拡大の余地はありそうですが…。円安の一途だった相場も終わったことで、ブームは一旦収束し、若干飽和状態、というのが正しい認識かと。

基本、FX会社って一旦仕組みを作ったら楽に儲かるようになっている。顧客がいてトレードをしてくれたら(フローがあれば)、手数料なりスプレッドなりで確実に儲かる。フローが増えれば増えるほど、確実に収益を落としていってくれます。(実は銀行や証券会社のトレーダーも似たようなもん^^;)

なので顧客のフローを獲得することが何より重要になってくるわけです。だから口座を開いて入金しただけで現金が貰えたりするキャンペーンを行っています。

例えばこんなのとか。
 

でも、パイの拡大も限定的。投資家も結構損でやられてるとあって、なかなかこのままFXで拡大路線ってのも厳しい環境でしょう。こっからは消耗戦か…。

そんななかうまい具合に登場したのがCFDでして、『次世代FX』とか勝手に名付けられちゃってるしw

FX投資家⇒CFD投資家の取り込みでフローを獲得しようって作戦ですね、わかります。

CFDはまだまだ取り扱っている会社が少ないからシェアとれそうだし。ここにきてあっという間に取り扱い業者が増えたことからも、彼らの思惑が読み取れます。

『早くCFDに参入して顧客を確保しないと…』

でもね、ひとつだけ言っておくと。CFDは取扱商品が多いですよ。FXの非じゃないですよ。それにスワップのつき方とか、取引時間だとか、変動要因だとか。


お客さんからの質問にきちんと対応できるスタッフいますか?

実はそんなにいないってのが現状でしょう。そこらへんの整備を疎かにすると、せっかくCFDに参入しても、顧客はすぐに逃げていってしまう。そんな、あなたにCステ一本。


今後とも応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

FX/CFD 業者 | trackback(0) | comment(4) |


2009/01/11 (Sun) 【鷹鳩】ローンチ:最高のCFDサイト

パチンコ台のCMみたくなっちゃいますがw

最強のCFDサイト現る

その名も CFDステーション CFDステーション CFDステーション…

とまぁ、既にご存知の方もいるかもしれませんが、昨年末からSarah・ランケン・鷹鳩のコラボで製作していたCFDサイトです。おそらくCFD関連サイトNo.1ではないかと。もちろんポジショントークですがww

カリスマ個人投資家Sarah、研究肌のランケン、一応金融関係者の鷹鳩と個性豊かなメンツが繰り出す、質が高いながらも笑いも取れるサイトになってます。

これに伴って鷹鳩のCFD関連ネタは、今後Cステに投稿していきますので、CFDに興味のある方はチェックしてみてください。

2009年も応援お願いしますm(._.)m    □■ブログ村■□


FX/CFD 業者 | trackback(0) | comment(2) |


2009/01/04 (Sun) 【鷹鳩】新年早々、ギクリとするニュース

新年早々、ギクリとするニュースが出ておりました。

通貨取引税を官民で検討=温暖化対策の財源に活用へ

これだけ読むと通貨取引に新たな税金が導入か? って感じです。しかも温暖化対策ってお門違いかよって突っ込みたくなる気まんまんです。

ちょっとニュースが短く詳細が無いのでなんともいえないのですが、これってトービン税みたいなものを想定しているのかどうか。ミクロ経済学とかで出てきた記憶があるような無いような^^; 過度な投機マネーの抑制、世界的な格差や温暖化などグローバルな課題に対応するための税金だそうで、やるなら世界同一だそうで。

こういうお題目であれば政策論としてありうべしなんでしょうが、鷹鳩としては以下のやり取りだったに500ペリカです。

『不景気で税収も落ち込んで、やべぇなぁ。温暖化対策の予算どーしよ…』

『おい、そういえば、前にオジャンになった、通貨取引税どーよ?』

『おお、いいね、それ。なんか最近個人の間でもすげー流行ってるらしいじゃん、為替取引』

『だろ? なんか政局的に消費税上げは難しそうだから、為替取引を通じてやっちゃおうZE!』

えー、まぁ実際にこういうやり取りだったかは置いといて^^; 実際に導入されるにしてももっと先でしょうが、このコストは基本、トレーダー負担になるでしょうね。なので、手数料が高くなる、スプレッドが広くなる、スリッページが頻発するなどなどの影響が出てくると考えられます。

2009年も応援お願いしますm(._.)m    □■ブログ村■□


FX/CFD 業者 | trackback(0) | comment(2) |


2008/12/28 (Sun) 【鷹鳩】CFDに未来を見出した

このエントリはあるトレーダーさんへ敬意を表して投稿です。

さてCFD取引で世界へ駆け出そう【鷹鳩】最近注目されてきたCFDってなんやいな?でもしきりに布教しておりますw CFDですが、先日、CFDをやっているトレーダーさんとお会いしました。『鷹鳩さんとCFDについて色々話したい』とメッセージを頂きまして、『はい! 喜んで!』と和民風で返信しときました。

で、実際に会って色々とトレードアイディアを話したんですが、もうね、凄いんですよ。

『CFDって言っても所詮、FXの株や商品版でしょ?』

それは正しいんだけれど、『だから凄いんだ』と言いたい。

さて鷹鳩がどういうトレードアイディアに驚いたかと言うと、それは『スプレッド取引』。スプレッドてのは差とか開きといった意味です。FXのスプレッドも一緒の意味。まず、これから説明しましょう。

通常のFXだったり株だったりって、その銘柄が『上がるか・下がるか』に賭けてますよね? 安く買って高く売る。こういう上げ下げを狙う取引を『アウトライト取引』と言います。『じゃあ他にどんな取引があるのさ?』というと、ひとつは『オプション取引』。鷹鳩も何度か記事書いていますが、『上げ下げ』ではなく『動くか動かないか』に賭ける取引です。

さて『スプレッド取引』ですが、これは『異なる銘柄間の価格差』に賭ける取引。

(゚Д゚)ハァ? 意味ワカンネ でしょうから、実際にそのトレーダーさんのアイディアをチャートで確認していきましょうか。

G-P.jpg
*クリックで拡大

まずチャートの上段。オレンジとホワイトの線があります。それぞれ、とあるCFDで取引できる銘柄です。値は右軸。過去、ずっとオレンジがホワイトよりも高く推移してきました。ところがここ数ヶ月でオレンジが暴落、ホワイトとほぼ同値まで下がってしまいました。下段はオレンジとホワイトの価格差のチャートです(オレンジと白なので混ぜたら黄色になった、かどうかは不明ww)。昨年末までほぼ500ポイントくらいで安定推移していたのが一挙に1300まで上昇、その後ゼロ付近まで下落となっています。

さて、こんな状況、みなさんならどうしますか?

『さすがにオレンジは下落しすぎやろ。リバウンド狙いでオレンジ・ロング!』
『いや、トレンド下落ははっきりしてるからオレンジ・ショートでしょ☆☆☆』
『ホワイトは底堅いのかなぁ』

いろいろと思うでしょうが、『スプレッド取引』は下段の価格差に着目した取引。実はオレンジとホワイトは本来であれば『同じような動きをしなくてはならないペア』なんです。なのに最近の金融危機でかなり歪んだ価格差になっている。トレーダーさんはこの価格の歪みに注目、オレンジ・ロング&ホワイト・ショートのポジションを取りました。このポジションだと、相場全体が上がろうが下がろうが関係ない(ロングとショートの組み合わせ)。上げ下げではなくて、2銘柄の価格差が広がる方向に賭けたんですね。実際、このペアの価格差が逆転したことは30年で2,3回しかないそうです。これは鷹鳩もまず勝てる戦略だなと思いました。ちなみにの『オレンジ』と『ホワイト』って正体、何か分かります?? 

この話を聞いて、トレードアイディアの面白さもそうなんですが、個人投資家がそういうプロに近い戦略を立てれることになったということに感動しましたね。それを可能にしたのはもちろんCFDという商品が登場したからでしょう。

証券会社の参入も増えてきましたし、ますます目が離せなくなった予感。そして鷹鳩もこの面白さをもっと布教しなくてはと感じました。。鷹鳩の2009年予想。『CFDがめちゃめちゃ流行る』

CFDに興味を持った方⇒CMC Markets Japan で詳しい資料が貰えます。  

応援お願いしますm(._.)m  ⇒  □■ブログ村■□


FX/CFD 業者 | trackback(0) | comment(2) |


<< back | TOP | next >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。