プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/09/25 (Thu) 【鷹鳩】シティのサムライ債を検討している方は必読!

金融業界の専門誌にシティグループのサムライ債について、面白い記事が出てたので紹介します。

シティグループのサムライ債については過去にも記事で取り上げていますのでご覧下さい。⇒ 【鷹鳩】シティ サムライ債 またかよ や 【鷹鳩】シティグループ債ってどうよ?

さて、今回のサムライ債、円建て 3年 3.22% 格付けもAA- なんといってもあのシティの債券 ということもあって、聞いた話では売れゆき好調とのこと。確かに3.22%の利回りは魅力的に見えます。でも、実はこれ、投資家にとって『不利な条件』だとか。 

どういうこと?

他のマーケット関連ブログを読む□■ブログ村■□


個人向け債券 | trackback(0) | comment(8) |


2008/09/10 (Wed) 【鷹鳩】シティ サムライ債 またかよ

6月に引き続き、シティグループが過去最大規模のサムライ債を発行すると言う。

条件は 3年 利率 3.22% 格付けはAA-(ネガティブ) 100万円単位

6月に発行された時に、一回話題にしているので、時間がある方はご覧下さい⇒【鷹鳩】シティグループ債ってどうよ?

まぁ、この低金利の中、自己責任という名の下、お父さんも運用を迫られてます。そんな中、為替リスクなし、最後まで持ちきれば元本が還ってくる債券で年率3.22%というのはかなり魅力的なんじゃないでしょうか? 前回債は2.66%でしたがこちらもすぐに完売とか。ならば今回も買いでしょう…。ホント?

この世界、美味しい話はない。リスクとリターンは裏返しというのは常識でして、魅力的な利回りといっても、やはり美味しい話というわけではなく。そもそも、なんでシティバンクは大型の起債に踏み切ったか? それは、他の国では資金調達できないという理由に尽きるわけです。日本の個人からお金を巻き上げるのが、彼らの最終手段なわけで、シティにとってサムライ債マーケットで起債するのが『美味しい話』なわけです。L+207 という水準も割安なんじゃないでしょうか

『でもシティバンクってたら米国でNo.1の銀行だし。大丈夫でしょ?』

確かに破綻する可能性は大きくないとは思いますが(破綻したら、今まで以上の金融ショックが起こります。その時は私もクビでしょう…)、シティが米国NO.1というのはもはや昔の話。時価総額でなんと4番手に成り下がったというニュースがでてました。

1 バンク・オブ・アメリカ

2 JPモルガン・チェース

そして3番目はウェルズ・ファーゴという地銀

4 シティバンク

だそうです。ウェルズ・ファーゴってほとんどの方は聞いた事ないと思います。インターバンクでもほとんど聞かない名前ですきゃら。そんなのに抜かされたシティって…。

今のシティはそういう状況に追い込まれているってこと。そんな中でのサムライ債の起債だということ。ご購入検討中の方はご参考に。

なんでもコメントお待ちしております⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします。


個人向け債券 | trackback(0) | comment(6) |


2008/06/17 (Tue) 【鷹鳩】シティグループ債ってどうよ?

鷹「夏のボーナスも出て、勝間本にも影響されて、どう運用しようか悩んでいるパパを狙ったんかいなぁ」

鳩「新聞に一面広告をデカデカと。さすがサブプライム損失世界ナンバーワンだけあるわね」

鷹「シティグループが日本で個人向けにサムライ債を発行と。新聞の条件を見て、結構良いかもって思っているパパさん多数?」

鳩「勝間流に言えば、預金よりもリターンあるし、株とのリスク分散にもなるし、格付けもまぁまぁだし? どうなんでしょうね? 人気あるのかしら?」

鷹「こんだけ気合入れて宣伝しとるからなぁ。はけるんちゃうか?」

鳩「さて、今日はこのシティグループ債が購入するに値するものかどうか検証するわよ。検討している方は寄ってらっしゃい見てらっしゃい」

鷹「といっても、作者さんはシティとも日興とも関係ないですから、勧誘もなにもしません。リスクをご確認のうえ自己責任でご判断ください」

鳩「今回の債券はプレーンなサムライ債ね。債券の仕組み自体には特に注意すべき点は無いわね。では注意すべきなのは、まず格付け。AA-(S&P) Aa3(MDYs) AA-(Fitch) 見通しはネガティブつまり今後格下げの恐れがあるってこと。格下げされるとシングルA格になってしまうわね」

鷹「ダブルA格とシングルA格では、やはり格が違う。って当たり前やんけ! でも格が違うと言うしかないんよなぁ。やっぱり投資家の見る目も違うし評価も違う」

鳩「買った時はダブルA格でもシングルA格、もっと悪いとBBB格にさえなる可能性はあるわね。そうなったら、まず、途中換金で元本は返ってこないと考えたほうがいいわね」

鷹「次に利回り。2.66%やと。低金利になれたパパは『おぉ~』ってなるかもしれへんけど、冷静に適正な利回りを考えてみよう。今、流通しているシティバンク債のLIBORに対するスプレッドは大体150bps程度や。で、3年の円LIBORが大体1.450%くらい。然るに、本来シティグループ債のあるべき利回りは1.450%+1.500%=2.950%アラウンド。30bpsも抜かれ取るやん!」

鳩「と、怒ってもだめよ。まず、新発の債券よね。だから流通しているものより値が張るのは当然なのよ。あと、今回は100万円単位の個人向けでしょ? いろいろ事務が煩雑な分コストがかかるのよ。それらを勘案すると、2.66%の利回りはまずまずじゃないかしら?」

鷹「そうやったんか…。正直すまんかった」

鳩「途中換金しないと腹を決めて、シティバンクは潰れないという見通しの人は、まずまず良い運用先かもね」

鷹「しかし、ひとつ拭い去れない考えがあるんや。。『シティバンクは本国で資金調達するのがしんどくなってきてて、日本の個人から金を吸い上げようとしている』。たぶんそうなんやろうけど、本国での資金調達がほんまに厳しくなった時、この債券の価格は暴落するで…」

鳩「検討中、このエントリを見てみゅみゅみゅと考えた方⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします。」
コメント、こういうテーマで書いてほしいというお便り募集しています

追記 同様にサムライ債を起債予定していたプルデンシャル(アメリカの大きい生命保険)が、マーケット環境が悪いことを理由に起債をキャンセルしました。ということはどういうこと?? 環境が悪いのにシティは敢えてサムライ債を出すってことは、そこまでシティが追い詰められているのか?? 傘下の消費者金融も閉鎖するようだし。あるいは、悪環境の中でも購入者が多数いる、シティは評価されている、と見るべきか?? 

購入検討者とどう考えているのでしょうか? コメントどしどし上等中

個人向け債券 | trackback(0) | comment(0) |


<< back | TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。