プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/06/03 (Tue) 【鷹鳩】相場の大きな転換点かも

鷹「別に松藤民輔、タミー先生が『大暴落の予兆あり!』ってアジってるからではないで。今日は相場の大きな転換点になる気がすんねん」

鳩「そうなのよねー。まぁ、引いて見れば株が安く、円高で債券買われて。まぁ、米証券の格下げで、悪い影響あったのかなって感じかしら?」

鷹「そう。引いて見て普通に見ればそう捕らえるわな。それも正しい。しかし、本日作者さんが一番『こりゃぁやべぇ』と感じたのは国債の入札やな。今日は10年国債の入札があったんや」

鳩「完全にプロの世界なので知られてないけど、毎月この国は国債を発行しているのよね。そして入札でそれを消化していると」

鷹「今日入札のあった国債は表面利率1.8%と高水準やった。直前の金利水準からしたら、100円以上で高く入札されても不思議ではないんやが、それでも、あまり需要はないかなぁということで、100円、つまり利回り1.8%が最低落札の予想やったんやが。ふたを開けてみると、最低落札価格99.80円。いわゆる札が流れるという状況。つまり、『みんな10年の国債なんか要らない』という結果やった」

鳩「幸田真音さんの『日本国債』を読んだ方ならこのニュアンスが理解できると思うんだけど。一読をおススメしとくわ」

鷹「札が流れるということは、国債イラネってこと。市場の反応は通常、債券売りなんや。本日も直後は売られたものの、その後怒涛の買い買い買い。訳が分からないうちに値が吹っ飛んで大混乱のディーリングルームやったわー」

鳩「いろいろ話し合ったんだけど、これだという解釈には合ってないのよね」

鷹「うーん。一応、リーマンブラザーズが赤字に転落とかニュースがあってんけど、それにしては異常な買戻しやったなぁ。どちらかというとショートしてた人の吊るし上げっぽい動きやった」

鳩「ここんとこ世間を騒がせてるCTAかもね。リーマン赤字に反応したとしてはCDSの動きがソフト」

鷹「まぁ、という不可解な動きをしたのが非常に印象的やった。CTA筋の本格的な買戻しってことはやな、いずれ株先物にも大量な売りがでるってことやからな。そういう意味で、株安が加速するし、CDSワイドニング、円高というクレジット収縮への転換点になるかもしれんと思ったわけや」

鳩「宵越のポジは持たねぇ、っていう江戸っ子ディールがいいかもね。江戸っ子の方⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします。
コメントもお待ちしております。

関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(1) |


<<【鷹鳩】相場は南を向いた | TOP | 【鷹鳩】日経平均が絶好調の裏で>>

comment











管理人のみ閲覧OK


承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです

2013/10/02 09:44 | [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://takahato.blog112.fc2.com/tb.php/82-f5e5e3c6

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。