プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/05/11 (Sun) 【鷹鳩】松藤民輔説はさもありなん その2

鷹「前のエントリで出てきた『レパトリ』についての補足なんやけどな、この『レパトリ』が相場を動かした例を挙げておこうと思ってな」

鳩「鷹くん、なんだか親切になったわね」

鷹「いや、母の日だけにFX主婦へのプレゼントや。でな、このレパトリなにゃけど、実は日常的に発生しておって、為替ニュースなんかに『本日は欧州の債券投資の利払い日ということもあり…』なんてフレーズ聞いたことあらへん? 日本の投資家さんが欧州へ債券投資をしてて、利払い日にあたる日はEURを売ってJPYに換えるフローが出やすいってことなんよ」

鳩「へー、そうなんだ。知らなかったわ」

鷹「といっても、この利払い日のレパトリは金額もたいしたことなく、それで相場が極端に動くってことはないな。多少は影響あってもな。真理的な面もあるんやろうけど」

鳩「じゃぁ、レパトリでは大して相場は動かないってこと?」

鷹「いやいや、それが影響が大きい場合もあるで。2005年の為替相場、皆さん記憶しとるかな?? 基本、一方方向でUSD高やった。これはレパトリが意識されてたと作者さん。その背景には『本国投資法』があったんや」

鳩「また新しい言葉が出てきたわね。『本国投資法』って?」

鷹「米国本国投資法(Homeland Investment Act)とは、2004年10月成立。米多国籍企業の利益・配当金、余剰資金を米国内に送金する場合、税負担を優遇して米国内での投資を促進するための法律。通常ならば、35%の税率が適用されるが、2005年に限り5.25%になる。ソニー銀行のサイト
つまり海外で稼いだ利益を米国に送金すると、税金がべらぼうに安くなる罠。送金するだけで30%の利回りや。そんで2005年はUSD買いが続いたんよ。知ってた??」

鳩「実際にチャートをみてみましょうか。まずはUSDJPY
usdjpy=x.gif

そしてEURUSD
eurusd.png

みごとに2005年はUSD高ねーーー」

鷹「そうやろ? シティだけで41兆円、そのほか危ない米系金融もいっぱいあるわな。そいつらがいっせいに海外資産を現金化して本国に送金したらどうなるんやろな? それが松藤氏の読みでもあるんやろうけどな」

鳩「ほぇーーー なるほどね って方は⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします」

関連記事

松藤民輔の部屋 | trackback(0) | comment(0) |


<<【鷹鳩】ガイアの夜明け 新銀行東京 | TOP | 【鷹鳩】松藤民輔説はさもありなん>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://takahato.blog112.fc2.com/tb.php/73-f55b0950

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。