プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/07/14 (Sat) 【鷹鳩】スワップ派は必読!?

毎日もらえる(払う)スワップポイント、あれってどういう仕組みで決まっているのでしょうか?

インターバンク市場ではスワップポイントという言葉自体はありません。金融機関によって呼び方は様々かとは思いますが、だいたいフォワード(FWD)と言います。よく、本などにスポットディーラー、フォワードディーラー、カスタマーディーラーなどと区別していると思いますが、これです。フォワードディーラーが日々のスワップを決めています。

大体USD/JPYだとFWDマーケットでは、1day 1.62/1.60 くらいで取引されています。162円/160円、これに近いスワップを提供している外為業者さんほど透明性が高いといえます。

さて、スワップスタイルをお勧めするサイトなどを見ていると、「仮に現在の160円ってのを貯め続けると160円*365日で年間58,400ももらえる(年利*%!)」という説明をしている人もいるようですが、当然金利差が縮まればスワップ幅も縮まります。

現在、マーケットでは日銀の8月利上げを約7割織り込んでいますが(これはFWDマーケットおよびOIS=オーバーナイトインデックススワップから逆算できます)、仮に利上げされた場合、同じ為替レートだとすると、swapは1.52/1.5 まで縮まります。152円/150円です。結構、でかいでしょ(笑?

更に、実はFWDマーケットでは3ヵ月後、1年後といった先までのswap取引が行われています。将来、金利は開くのか縮まるのか、それ自体をトレードの対象としている訳です。さて、それを見ると、1年先までのswapは今、525 位です。52,500円。365日間で割ってみましょう。144円/日 ですよ。

つまり今後1年間USD/JPYをロングにしたとして、もらえるスワップポイントは平均144円/日です。案外小さくなりますよね。もちろん、米国が利下げ、日銀が更なる利上げを追加すればもっと少なくなります。

この1年後のFWDレートに注目してみるのも、面白いかもしれません。


参考になったら⇒にほんブログ村 為替ブログへお願いします。


関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(2) |


<<【鷹鳩】一週間経った | TOP | 【鷹鳩】サブプライムはメインテーマorノイズ?>>

comment











管理人のみ閲覧OK


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/07/15 07:51 | [ 編集 ]


 

FXはシロウトのあたしにも
よぉ~くわかりました。
そう考えると、FWDの世界は、
スポットが反応薄といってるウラで、
劇的に動いているときがあるんですね。

2007/07/16 03:06 | A★Y [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://takahato.blog112.fc2.com/tb.php/7-84de20ce

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。