プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2016/10/08 (Sat) 英ポンドの急落時の対応について

秋晴れの朝に英ポンドの急落が襲い掛かってきました。ちょうどFXの画面を見ているときだったのですが、ぴこぴこ点滅するプライスを前に最初何が起きているか全くわからず混乱しました。

さて、こういう時の対応ですが、とにかく落ち着くことです。一番おすすめなのは


これ。損してても益でも、関係なくても言っとけばOKです。
あとは





急落の原因ははっきりしませんがいちお。
アルゴリズムがポンド急落を誘発か-仏大統領発言や人為ミスの指摘も(Bloomberg)

結局は要因が複合的に絡まって、ということでしょうか。ファットフィンガー(誤発注)説もありますが、それだけであのような動きにななりえないように思います。そもそもそんな頻繁に誤発注があってたまるかっていうね。当たり前ですけど、誤発注がないように何重にもシステムでウォッチしていますから。数量にリミットかけたり、ポジション管理のほうでモニターしてたり、太い指で間違って押さないようにダイエットしたり。誤発注はあったのかもしれませんが、連鎖してそれによってマーケットメイクをする人とアルゴが消え流動性が枯渇し、変なワードで動くアルゴがあり、ストップロスがあったのかもしれないし…いろいろ組み合わさってクラッシュした感じでしょうか。

話は逸れますが、以前、私が金融機関で働いていた時に使っていた東証端末というシステムのテンキーは、「0」の横が「000」になっていて誤発注を誘う作りになってました。あれはどうみても欠陥商品だと思うのですが…。(イメージ図)
85d615d.jpg

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

「おれは10枚買ったと
思ったら いつのまにか1000枚買っていた…」

な… 何を言っているのか わからねーと思うが 

おれも 何をされたのか わからなかった…
関連記事

お笑いネタ | trackback(0) | comment(0) |


<<ポンドピア連続殺人事件 | TOP | 個人型確定拠出年金(iDeCo)を斜め23.4度から見る>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://takahato.blog112.fc2.com/tb.php/638-2da9523c

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。