プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/08/21 (Wed) 新興国ネタならFOLIO!

新興国ネタならFOLIO!


さらに理屈っぽく仕上がりました!第3号は「海外投資と為替」特集
(背景色の設定は白またはセピアをおすすめします。)

1 野口能也×鷹鳩「マニアック対談」 2nd Edition:「FXはゼロサム・・・だから何?」
「個人ヘッジファンド」最強説
野口能也(@equilibrista)さん×鷹鳩(@takahato)さん

2 なぜ外国資産に投資するのか
(コラムシリーズ:「人生のバランスシート」考)
為替ヘッジが提供する「フリーランチ」
為替リスクを100%ヘッジしない理由
野口能也(@equilibrista)さん

3 新興国特集 part1:ラテンのリズムの裏に隠された脆さ
「外部頼み」のしっぺ返し
ブラジルが抱える大きなジレンマ
鷹鳩(@takahato)さん

4 新興国特集 part2:インド経済の減速は回避可能か
ここからの「インド危機」発生は考えにくい
ラジャンが直面する厳しい課題
もうやん(@motobridge)さん

5 楽天「アナリスト出禁」を考える
楽天の反撃は妥当だったのか/会計士からも再び涌いた「アナリスト不要論」
FOLIO編集部

6 豊かさの指標を探る - 時給あたりビッグマック個数
From 50+
野口能也(@equilibrista)さん


宣伝でした(笑) 

いや、でもここん所、インドだインドネシアだトルコだ中国だブラジルだと新興国ネタが盛んですからね

たとえば

新興国からの資金流出が継続、インドルピー最安値更新(ロイター

ブログで何度も書いて恐縮ですが、自国通貨を支える為替介入には限界があります。
自国通貨を買ってドルを売るわけですから、最大でも手持ちのドルの分しかできないのです。
逆に自国通貨を売る介入の場合は、自国通貨を発行する権利を自分で有していますから、理論上は無制限に可能です。以前、スイス中銀が『とことんやる、徹底的にやる、無制限にやる (`・ω・´)キリッ』とやってましたが、実際に可能ではあります。

こんなブログ記事も結構読まれていました。

インドネシアに死亡フラグ 外準溶かしはじめたら、終わりでショ(Market Hack

1998年のアジア通貨危機の頃よりはファンダメンタルズも相当強く、外貨準備高も蓄えてはいます。一方で…1998年の頃よりも流入している外部のマネーも膨大な量になっています。そもそも世界に流れているマネーの量が膨張していますから…マネー量膨張している分、外貨準備が増えているというのは自然な流れなようにも思えます。

つっても大きなテーマは依然、FRBのtaperingだとは思いますが、それと並行して新興国ショックにも気を払わなければいけません。

AUDが下落基調に戻りましたね…(`ω´)グフフ 良い所で全部利食ってしまいましたので戻りを待って、また売りたいと思います。

【ポジ】
USD/JPY ショート
日経  ロング
個別株 ショート

ブラジル株ショート

応援お願いします(ブログランキングを競っています)にほんブログ村 為替投資情報

関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(0) |


<<テーパリングで金融チョコ作り直し | TOP | 暑さで中国でも誤発注…?>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://takahato.blog112.fc2.com/tb.php/626-17fd0d07

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。