プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/08/01 (Thu) 米FOMC声明:愚者はこうみる

米FOMC声明:愚者はこうみる
0801a.jpg

米FOMC声明、緩和縮小の手掛かり示さず(ロイター
米FOMC声明、緩和縮小の手掛かり示さず:識者はこうみる(ロイター

ロイターの「識者はこう見る」シリーズ…。私は素人ですので「愚者はこう見る」ということで…。

しかし眠いすわ…22時に寝て3時ちょっと前に起きて…。コーヒー淹れて目覚まして。素人で個人の私も見てるんだから金融機関の市場関係者の方は当然起きてみているわけで、この後出勤して仕事してなんて大変ですね…。尊敬します()。

さて

FOMC。市場の見方は解説記事通り、景気見通しをやや弱気にしたのと住宅ローン金利を気にしていると言ったところでしょうか。決め打ちはさせないというのは変わらずですが、ややテーパリングまでの距離が広がった気がします。

というのも次のFOMCは9月17-18日。今まで言われてきた9月緩和縮小開始までにもうFOMCが無いのです。

FOMCは今後数カ月間に入手する経済・金融動向の情報を注視する。物価安定の下、労働市場の見通しが著しく(substantially)改善するまで、FOMCは財務省証券とエージェンシー発行MBSの購入を継続し、その他の政策手段を適宜活用する。雇用市場またはインフレの見通しの変化に応じ適切な政策緩和を維持するため、FOMCは買い入れのペースを拡大もしくは縮小する用意がある。資産購入の規模、ペース、構成を決定するに当たっては、想定される効果とコスト、および経済目標に向けた進ちょく度合いを引き続き適切に考慮する。


今回のコメントを受けて、1か月半後の9月FOMCで緩和縮小はちょっと唐突な感じがしますし、おそらくマーケットもそう反応するんじゃないかと…それはバーナンキの一番嫌とすることですし、しばらく先延ばしにするんじゃないかと思います。いくら経済指標が強くとも、1回ポンで大きくスタンスは変えないでしょう。

次が10月29-30日、その次が12月17-18日。早くても12月、あるいは年明けになってしまうのではないかと…。

とすると目先はドルがちょい弱めに推移するのかなと考えていますが、なんだかマーケットの雰囲気はリスクオフなんで円高が更に進む気もします。日本株はちょっと気持ち悪いですよねぇ…。

AUD/USDは大きく下落したので一旦利食いました。戻り売り方針です。
FOMC後にUSD/JPYを売りました。これも上手くいってます。

今日も日本株は軟調っぽいですね。

【ポジ】
USD/JPY ショート
ブラジル株ショート

応援お願いします(ブログランキングを競っています)にほんブログ村 為替投資情報
関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(3) |


<<ファイトォ! 一発! | TOP | 豪ドルは下がると言いましたよね(震え声>>

comment











管理人のみ閲覧OK


承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです

2013/09/26 11:19 | [ 編集 ]


承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです

2013/09/29 12:43 | [ 編集 ]


承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです

2013/09/30 07:04 | [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://takahato.blog112.fc2.com/tb.php/611-01ccbbe1

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。