プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/07/17 (Wed) Dancing 団信

別ブログエントリからの加筆転載です。
Dancing 団信
0717b3.jpg

アベノミクス/異次元緩和によってにわかに住宅市場にも熱気が帯びてきましたね。話を聞くと高額マンションも良好な売れ行きだそうで、モデルルームの予約も難しい物件もあるとか…。ほんの数年前までマンションなんか業者の投げ合い合戦だったんですけどね…。ドッグイヤーですわ…。

ちなみに最新のマンション情報についてはtwitterの東京カンテイさんのアカウントがかなり役に立ちます。情報を読んでいるだけでおもしろいのでオススメ! 私もそれなりにアドバイスできると思うのでよければ気軽にtwitterなどで絡んでみてください。

さて、そんな中、いろんなところで宣伝して恐縮ですが、私が対談しましたwebマガジンが発売になりましたのでご紹介します。


FOLIO第2号ついに発売!今号はマニアックな「家計と不動産」特集

私もマンションを購入して住宅ローンを借りておりますので…色々と述べています…。詳しい内容は是非購入して読んでいただくという事で…。250円とお財布に優しい価格です。KindleかKindeアプリが必要です。

さて、

FOLIOで書かなかった事で住宅ローンがいいかもと思う点をひとつ。
それは住宅ローンを借りると、団体信用保険に加入する、ということです。団体信用保険(団信)とは生命保険のようなものでローン債務者が重度のけがや病気、死亡した場合は住宅ローンが免除になるというもの。
これのなにがいいかと言うと…団信に加入していると、民間の生命保険に入る必要が減少する、ということ。

だって、死ねばローンがチャラになるんですから…残された家族はタダでその物件を手に入れることができます。住んでよし、売却してよし。
『酷い!』と反応するかもしれませんが、普通の生命保険だって被保険者が死ねば保険金が支払われて、それで残された家族が暮らせるわけですから…構造は一緒ですよね?
実際、私の知人は高額の住宅を購入して、その代り生命保険を解約、月々のキャッシュフロー改善に役立てつつ、団信で万が一の時のリスクにも備える、という事をやっていました。ある意味、合理的ですよね。生命保険料が浮いた分キャッシュを貯めて繰り上げ返済に回す、なんてこともできます。

もちろんリスクもあります(どういうケースか考えてみてください…)

そんじゃーね!

追記
何がリスクか?というと、順調にローンを返済していき年数が経つと、住宅の価値が減価していくということ。今後、残された家族が必要になるお金も時間とともに減っていきますが、それよりも住宅価値の減価のほうが早いでしょう。つまり団信で備えることのできる万が一リスクの保険金もだんだんと減っていくという事です。結局、定期的に自分が負ってる負債、将来必要になるお金、保険について見直すことが重要です。

関連記事

資産運用 | trackback(0) | comment(0) |


<<バーナンキ下院証言事前原稿 | TOP | (議会証言)待~つわ~いつまで待~つわ~♪>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://takahato.blog112.fc2.com/tb.php/592-564d5672

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。