プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/07/01 (Mon) 中国の金融市場ネタ どこ見る? どう見る?

中国の金融市場ネタ どこ見る? どう見る?
070101.jpg

アイヤー! 

ちょっと落ち着いちゃった感がありますが…。少し前までヤバイヤバイと騒がれていた中国のマーケットのお話。私は今後もヤバさが燻り続けるとは思いますので、どこを見るか? どう見るか? について書きたいと思います。

中国の株

色々と証券会社の市況も揃ってきて見ることができますが、一般で見ることができてまとまっているのがブルームバーグの市況データ。

世界の株価指数(ブルームバーグ)
070102.png

きれいにまとまってて見やすいと思います。ディレイですが、これはしょうがない。
それぞれの株価指数をクリックするとその指数の説明も書いています。
よくニュースで上海株上海株と騒がれたのは『上海総合指数』です。なので、これをチェックしておけばいいでしょう。


さて、次にSHIBOR(シャイボー)について。
Shanghai Inter Bank Offered RateでSHIBORです。銀行間の金利を表します。

SHIBOR公表レート
070103.png


この金利が急騰した、というニュースがありました。これは銀行間で互いの信用が損なわれたことにより資金のやり取りがひっ迫して金利が急騰ということです。一部の銀行ではデフォルト(約束通りに資金を返せない)の噂も聞かれました。

UPDATE 1-上海短期金融市場=人民元金利が一時急騰、中銀が「影の銀行」抑制(ロイター)

通常であれば、中国の中央銀行にあたる中国人民銀行(PBOC)が資金を供給して不安を収めるのですが、どうも現政権はあえて資金を積極的には供給せず、バブルを収める方針の様です。というのも今回のキーワード『シャドーバンキング』と『理財商品』を放っておけないからでしょう。

中国では銀行への規制がまだ厳しくて自由な金利設定ができません。そこで理財商品という財テク商品を売り出して個人から資金を集める、という事が行われています。この理財商品は預金に比べてかなりの高利回り、小さい銀行が出すモノだと10%以上の利回りの物もあるとか。こうして集まったお金は公共工事や債権、債券、金利市場、そして貸付に回ります。貸付の一部がシャドーバンキングと呼ばれる、イメージとしてはノンバンクのような会社に行われ、そこから銀行では直接貸してもらえない会社や事業へ融資が行われる、という事です。それが影の銀行と呼ばれる所以。

この仕組みにガタが来ていて、中国ですから融資の審査もあったもんじゃなく、汚職と腐敗にまみれ、杜撰な融資ばかりですから、シャドーバンキングの貸付先は焦げ付き、ひいては理財商品の中身も不良債権だらけになっているということ。これが弾けると大きな影響がでるでしょうということ。これをなんとか今のうちに潰したい、痛みを伴っても解決したい、というのが今の中国の考えだと思います。

この姿勢を見せたことで不安が広がって短期金融市場、株式市場に混乱が起こったので一応は資金供給する構えを見せましたが…。本筋は上に書いた通り、痛みを伴う処置をするでしょうから、やはりこの先もリスクは燻る、と見ています。

ただ、一部で理財商品がサブプライム商品に似ていて、同じようにショックになるのでは、というレポートがありましたが、そこまで大きな危機になるかは疑問。サブプライム商品の主なホルダーは金融機関、理財商品のホルダーは個人です。金融機関が大きな損を負ってスパイラルに陥る、というよりは個人の資産が痛んで消費や実体経済が落ち込む、という影響になると思っています。その場合は金融機関が痛むよりかは、はるかに軽いもので済みそうです。


応援お願いします(ブログランキングを競っています)にほんブログ村 為替投資情報

関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(0) |


<<リバウンド王、日本株 | TOP | 7月ですよ~今年も半分終了ですよ~ :;(∩´﹏`∩);:>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://takahato.blog112.fc2.com/tb.php/566-4d398873

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。