プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/08/15 (Mon) 米国債格下げで価格は爆騰のメカニズム?【鷹鳩】

いやー、今日ね話題のフーターズに行こうってお昼前から周りに超えかけてwktkで乗り込んだすけど…。(店員さんがチアガールの格好でサービスしてくれる米国のファミレスみたいなもん)

無題

すげー行列で入れ無かったよヽ(`Д´)ノ ウワァァン!!

いや、並んだよ? 並んだんだけどさ、じとっと蒸し暑い中、ガラス越しには女の子がキャッキャしてて。仲間と雑談するフリをしてはちらちらと盗見してたわけですが。

あまりに暑いのと、列に並んでるのがあまりイケてないオタクな方が多かったのとで、これはここに並んでいることは精神的敗戦を意味すると思い直して近くの焼き鳥屋に場所を変えましたw 終戦記念日だけにそれだけは避けたかったのです。

米国債が格下げされて1週間ちょいたったわけだが、格下げは米国債の信用を低下させ利回りを数十bps上昇させるなんてコメントも出てましたが、蓋を開けると90bpsの金利低下という結果。

これはアナリスト予想の発射台を高くするハンデを与えてくれたというなんとも紳士意的な動きになったのであります(ぇ

格下げ直後からほかに買うものないよ、影響ないよ、米国債 みんなで買えば 怖くないと書いてきましたが(こちら)、私の愛読するJGBニュースという読み物でそのメカニズムの解説があって面白かったのでご紹介いたします。

まず、債券ファンドでこういうものがあると前置きします。

ゴールドマン・サックス 毎月分配債券ファンド 愛称:妖精物語 (名前でずっこけるのですがw)

1.海外の好金利:主として、日本を除く世界各国の債券に分散投資し、高水準の利息等収益の獲得を目指します。

2.高格付け:ポートフォリオの格付けは、原則としてダブルA格(ダブルAマイナス格も含みます。)相当以上を維持することを目指し、信用リスクの低減を図ります。


この維持する格付けってのがポートの格付け、つまりは平均格付けなんだそうな(こりゃ知らんかったですわ…)
で、この手のファンドはA格で利回りを稼いで、米国債AAAで平均格付けをドレッシングすると言うクレジット・バーベル型の運用をするそうな

そんな中、米国債がAAAからAA+になってしまったので全体的に平均格付けがズズズと下がってしまうわけ。これは平均格付けのお約束が守れなくなってしまうので大変困る。結果、A格の債券を減らしてAA+の米国債を買い増して格付けを維持するより他無いわけです。

ありゃりゃ。格下げされた米国債を買い増すという投資行動になっちゃうねってこと。ほへーって感じですね。直感で格下げされても売られないとは思ってましたけどね。

いやー、マーケットってほんと面白いですね。それでは、さよならさよならさよなら。

ぽっと応援お願いします
関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(2) |


<<米鉱工業生産 予想:0.5% 結果:0.9% | TOP | マーケットを知る本を少々【鷹鳩】>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

面白いお話ありがとうございます。

2011/08/15 23:49 | 満月 [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/08/16 09:42 | [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://takahato.blog112.fc2.com/tb.php/427-4e2f97f8

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。