プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/05/14 (Sat) 債権放棄で宇宙の法則が乱れる【鷹鳩】

まさに13日の金曜日、枝野ジェイソンが債権を切りまくるって感じでしょうか…。

東電融資に政府が異例介入…金融界、一斉反発(読売新聞)

東京電力福島第一原子力発電所の事故の損害賠償の枠組みを巡り、枝野官房長官は13日の記者会見で、東電の取引金融機関に一部債権放棄(借金の棒引き)を求めた。

枝野長官は13日の記者会見で、震災前の融資分が債権放棄されなくても公的資金投入に国民の理解が得られるかと問われ、「到底得られないと思う」と述べた。さらに、債権放棄が実現しなければ公的資金を投入しない可能性にも言及した。


この速報が流れたのは11時ころでしたか。直後、twitter我がTLでは(゚Д゚)ハァ?な反応が広がりました。中でも厭債害債さんのエントリが盛り上がりーの。周りは債権放棄はありえへんという反応でした。

私も「緊急融資させといて債権放棄かよ、詐欺だな」「ちょびっと給料カットでOB年金もそのままですか、そうですか」「エダノくん、素人杉ワロタ」的な 直感的・感情的な反応(笑)もあるのでちょいと考えてみようかと、久々に箸を…筆を取りました。


■金融市場の法則が狂う

キャピタルストラクチャーと単語が使われてますが、ぶっちゃけいっちゃうとこの図のことです(ぇ。

0514tepco.png

今回の事故で第一義的に誰が責任を負うべきか。それは東電でしょう。東電という企業です。企業活動を執行している経営陣、企業そのもの。じゃ、その東電って企業は誰のもの?っていうと(色んな議論があるけれど)株主のものってのが金融市場でのお約束。

株を買うってことはその企業を(一部)所有するってことに他ならないわけです。ちなみに株を公開して得た資金は上の図の「しほん」のところに組み込まれます。「しほん」は企業の核(コア)であり、企業価値そのものです。自己資本が厚い、自己資本比率って言葉もありますよね。

これがゼロやマイナスになると企業は大体死んじゃいます。

「しほん」だけだと商売するのにお金が足りなかったり、効率が悪かったりするので借り入れをしてビジネスをすることもあります。その借金が「ふさい」のところに載ってきます。金融機関からの借り入れだけでなく、取引先への未払い金、その他企業が責任を負う債務(退職金とか)もあります。

株を買うということはその企業のオーナーとなり、企業が利益を上げたときは配当や株価上昇でリターンを得ます。企業が損失を出せば株価は下がり投資家も損失を被ります。

反対に企業への貸付はあらかじめ決められた(そして非常に低い)金利を受け取るだけです。そんかわし企業が損失を出してもニコっと笑って「借金は返してね」と言えます。

企業は「しほん」で成り立っていて、「ふさい」は他の人からの借り物です。そういう意味で企業が苦しくなったときに、まずは自分で責任を取るってのは全うな原則。リスクリターンの関係からもそうですよね。

さて、今回の枝野さんの発言、何がおかしいかというと損失を押し付けるというか『要請(笑』する順番がおかしい。
まずは東電経営陣、そして東電のオーナー、つまりは株主に責任を『要請』するのが原則。それを上場維持したまんま(株主責任なし)で債権放棄なんてゆうもんだから金融市場の法則が乱れてしまうのです。

dsc06164.jpg 宇宙の法則が乱れる!




宇宙の法則以外にも、銀行の債権の裏っ側には当然預金があるわけでそっちはどうなんよとか、銀行が株主代表訴訟を起される可能性とか、そもそも緊急融資を『要請』しといて放棄しろとか、もう目茶目茶な話ですわね。


■震災前の債権が対象だ

「緊急融資→債権放棄」というオレオレ詐欺も真っ青なスキームに対抗してか、対象となる債権を震災前との話も出ておりましたが…。

お金に色は無いって言われているように震災前に貸した1億円と震災後に貸した1億円って区別しても意味無いわけで。まったくもって意味不明です。

そいからさ、今回債権放棄しちゃったら再建した後の資金繰りとかどうするんだろ。銀行は貸さないし社債だって発行できないよ。


■宇宙の法則の乱れは社債までに及ぶ

どらめもんさんやhachigoたんも書いているんだけどネットには出てないのね。

15時くらいだったかなぁ。QUICKで『経産相、東電賠償への協力「株主も社債保有者も当然入る」』なんてニュースもあり。

これもまた法則が乱れる。てか乱れまくりでもはや法に則るなんてものは無い(笑) もう法乱という言葉を作っちゃうよ、勝手に(笑

東電社債というのは電力事業法で一般担保が付いていて、他の債権より優先して弁済されるんだよ。つまり、被災地の人たちがこれから受け取るであろう賠償金より先に弁済されるのが法に則った解釈。

その社債をカットする(という『協力(笑』という言葉のニュアンス)ということはだよ、賠償金も全額払いませんでってこと。あるいは法乱で賠償金を社債より優先させるウルトラシニア債権(先取特権)にするかだな。

というわけで、もう、あんぐりでもありangryでもある 13日の金曜日。

最後にtwitterで反応してくれた @tonny_tvvitter さんのコメントを引用させていただきます。


Debt is Dead


ぽっと応援お願いします

関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(0) |


<<TEPCO's Debt is dead 【鷹鳩】 | TOP | 日銀による東電社債買入について>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://takahato.blog112.fc2.com/tb.php/407-280cf9a1

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。