プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/04/06 (Wed) 日銀による東電社債買入について

東電ネタが続いて恐縮ですが、本日、日本銀行による社債買入オペが行われました。

昨年、日銀による『質的緩和(ぇ』の一環として資産買入基金が設立され、日銀が社債を買い取るというオペレーションが行われています。

今回のオペが注目されたのは大震災後、初の社債買入オペだったから。ポイントは東電社債が買入対象となるかどうかだったのです。結果、昨日夕方には東電社債も買入対象となることが報道されました。

福島原発問題で揺れる東京電力、社債は日銀の購入対象に (1)(ブルームバーグ)

東電社債を保有する投資家の頭の上にはラッパを持った天使たちが舞っていたに違いありません。
震災以後、東電に対するマーケットの評価は地に落ちています。安心安全と言われてきた東電債も今ではまともな値段が付かない状況です。そんな中で日銀が東電債を買い取ってくれるというのです。

当然、東電債の持込が殺到しました。

オペの結果が出ています⇒ 日銀

日銀社債等買入オペの応札額は3107億円、対象銘柄に東電債との見方(ロイター)

よくよく見てみると…。1500億円のオファーに対して落札額が1379億円…。



このオペは利回りによる入札形式で落札額を決めた後、どの銘柄を持ち込むかという2段構えになっています。

とにかく東電債を売りたい投資家は甘く(値段を安く)応札しました。結果、上手く落札することが出来ました。
ただ、規定で一発行体あたり1000億まで、というのがあるのです。

全ての投資家から持ち込まれた東電債はトータルで1000億以上になったと推定されます。そうなると、例えば、100億持ち込んだ人も『東電は80億までね』と日銀に言われて20億は付き返されてしまいます。投資家は20億分は東電債以外の社債を用意するか、もしくは20億分を放棄するかを迫られます。

東電債だからすごく安くても売りたいと思っていたのに…。それ以外の銘柄だったらそんなに安い値段で売りたくないよ…。投資家はこう考えて、20億分は落札を放棄します。

そうするとどういうことが起きるかと言うと。

最終的な落札額が減少してしまう、そのためオファー額よりも落札額が少ないということになったんでしょう。

しかし、これで東電債の枠は埋まってしまいました。次回からは入らないでしょう。元々、東電債の発行残高は5兆円もあって、1000億買入したからと言ってどうにもならん問題ですわね。焼け石に水、炉心に放水。



ぽっと応援お願いします

関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(1) |


<<債権放棄で宇宙の法則が乱れる【鷹鳩】 | TOP | 水曜、東電しょう? その2>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

とてもわかりやすかったっす!

2011/04/06 23:29 | yyy1980 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://takahato.blog112.fc2.com/tb.php/406-1dfb25c7

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。