プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/04/11 (Sun) ボイス・トレード【鷹鳩】

FXではインターネットを通じた電子取引が当たり前になっていますけれど、プロの現場では電子取引と並んでボイス・トレードが行われています。以前、書きましたがブローカーと呼ばれる人達が声で為替レートを読み上げて、取引を繋いでくれるのです。

なんで今更『声』なの? PCでいいじゃん、と思われる方もいるかもしれませんが、ちゃんとメリットがあるのです。為替ディーラーは一日中、仕事で取引をしているので緊張感が半端なく、眼にもかなりの負担がかかります。そこで、声でレートを読み上げてくれると、眼を瞑って休憩しながらでも、為替レートを把握することが出来るのです。このサービスはいずれFXにも登場するかもしれませんね。

もう一つメリットがあるとすれば、相場の雰囲気を感じ取ることができるということでしょうか。相場が動かない時はレートを読む声も穏やかですが、急変時はやはり慌しい感じが伝わってきますし、『まだ売りたい、売るよ!!』など声が入ることで相場のエネルギーを感じ取ることができます。逆に自分で雰囲気を作り出したいときに、あえてボイス・トレードを使うこともあります。

さて、電子取引であればクリックすれば取引ができましたが、ボイス・トレードの場合どうするか? 取引も声で行うのです。買う場合には『mine(マイン)!!』、売る場合には『yours(ユアーズ)!!』とブローカーに叫ぶことで取引することが出来ます。mine=私のものにする=買った!!、yours=あなたのものにする=売った!! ということです。ちなみに小説家の幸田真音さんの名前はこの『マイン』から来ています。

たまにドキュメンタリーなどでディーリングルームの様子が映される時に、使われるのもこのmine!! yours!!と叫んでいる場面でしょうか。為替ディーラーが一番かっこよく見える瞬間です(笑)。私も最初はmine!!と叫ぶことに物凄く憧れたものです。実際に取引する時は緊張したのを覚えています。慣れてしまうと何も感じなくなってしまい、失敗をやらかしてしまうのですが…。

ブローカーが『鷹鳩さん、今いいですか?』と呼びかけてきたので、マイクのスイッチを入れて『はいはい?』と返したところ、別のブローカーに繋がってしまって、しかも『はいはい?』が『mine! mine!』と聞こえてしまったようで、まったく意図しないロング・ポジションが積み上がってしまいました(笑)。上司にこっぴどく怒られたのを覚えています。

さて、みなさんもロング・ポジションを作る際はmine!!、ショート・ポジションを作る際はyours!!と叫んで、プロディーラーの気分を味わってみてはいかがでしょうか? 声を出すことで自分のポジションに自身を持つことができる、という心理的な効果もありますヨ。



今後とも応援お願いしますm(._.)m
 ⇒  □■ブログ村■□


関連記事

為替のお仕事 | trackback(0) | comment(0) |


<<為替ディーラーの一日【鷹鳩】 | TOP | インターバンク市場の信用リスク【鷹鳩】>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://takahato.blog112.fc2.com/tb.php/353-b8809b99

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。