プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/02/23 (Tue) 他では絶対聞けない為替の真実物語~その6

トレコミュで連載していたものの転載です。





隣のトレーダーと損切り

Sarah「機関トレーダーって、机隣合わせて、個々に違うトレードしているんでしょ? ってことは、隣の席の人同士でポジションチェックとかするの? 俺ショートもっているけどお前は? どっち? みたいな。。。反対ポジション持っていると、不安だからロングに持ち直しちゃったり。。とかするの? 面白そうですね★」

鷹「ふふふ。鷹くん、心の一句。『必勝法 上司がロング 俺ショート』」

鳩「人のポジションを気にした時点で負けね。判断が鈍るわよ。逆に負け続ける人には聞きまくったほうがいいわね。もちろん彼とは逆のポジションを持つと」

Sarah「個人トレーダーは目の前のPC だけがお友達。めちゃめちゃ孤独なのよね。情報収集も専らネットのみ。情報交換ができる相手がいるってうらやましいですね。ちなみに鳩ちゃんがトレードでうまくいかないときの克服の仕方を教えて★」

鳩「ふて寝」

Sarah「…。なんか、心構えとかそういうのは?」

鳩「まずは、一旦すべてのポジションを切ることね。そして冷静になってなんで負けたのかを振り返る。勉強と一緒で復習が大事なのよ。ちなみに、ポジションがスクエアでないと反省できないからね」

Sarah「そうそう!!!sarah のトレーダー仲間もみんな口をそろえて言う言葉、“ポジションをスクエアにすること”これ超大事ですよね!やっぱり。でも、なかなか踏ん切りがつかなくて結局塩漬け。って人が大半。ちなみに鷹鳩さんはスクエアにするタイミングってある?

sarah のお師匠さんは、ロスカットするのにいいタイミングなんてない。トレンドと逆らっている時点でもうそのトレードは失敗したんだから。ポジションはいつ切っても一緒。なんていう塩辛いことをいつもいってるんですけど。。。なので、sarahもよく、塩漬けポジションいつ切ったらいいですか?なんていう相談を受けるんだけど、本音では“今すぐ切りなさい”と言いたいの。。今日切っても明日切っても一緒だから。

また戻りそうになったらそこから持ち直せばいいだけだしね。ま、“結局切るも切らないも本人次第ですよ。”なんて言葉を濁してはいるんだけど。。結局何週間か経った後、塩漬けポジションを切りました!って言う人はほとんどいないのが現実。1円戻るまで待とう。。。なんて踏ん切りがつかず結局もちっぱなしなのよね。」

鷹「さすが良い事おっしゃるな、お師匠はん。北斗の拳やないけど『すでに死んでいる』ポジションなど、無駄無駄無駄無駄~。含み損で苦しい人、とにかく損切りしぃや。精神が非常に安定するで。そっから反省や」


参考になったという方は⇒応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
関連記事

為替の真実物語 | trackback(0) | comment(0) |


<<他では絶対聞けない為替の真実物語~その7 | TOP | 他では絶対聞けない為替の真実物語~その5>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://takahato.blog112.fc2.com/tb.php/344-50115e74

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。