プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/02/21 (Sun) 他では絶対聞けない為替の真実物語~その5

トレコミュで連載していたものの転載です。




トレードの成功例・失敗例

Sarah「色々な相場を見てきて、成功例とか失敗例もたくさんあるんでしょ?」

鷹「そりゃな、この世界に何年もおったらいろんなことがあったで。週末のG7声明、双子の赤字、政治家の失言、核ミサイル、為替介入、人民元切上げ、テロ騒ぎ、ハリケーン、BNPパリバショック、中国株暴落、リーマンショック、そして今日のドバイ・ショック…。挙げきれん」

鳩「TV番組で過去の流行を見て、その時代を振り返るってあるじゃない? ディーラーは過去の為替チャートを見て、その時代を振り返る」

Sarah「なるほどね~」

鷹「成功例はな、とにかくその時のテーマに乗っかって、いけるとこまでいくこと。例えば、2006 年は金利差がテーマでとにかく円キャリートレードやった。つまり、諸外国が利上げを続けて、日銀が動かない限り、この流れに乗り続けるってことや」

Sarah「でも、株と一緒でキャリートレードのときは誰でも勝ててたでしょ? サブプライムショックのときはプロも損失が大きかったのかな?」

鷹「いや、逆やな。2008年夏以降の超円高局面。あの局面で儲けられなかった為替ディーラーははっきり言って引退したほうがええと思うで」

Sarah「えっ、そうなの? 結構厳しい言葉ね」

鳩「たしかSarah さんも円高トレンドでポンド円なんかをショートにして、ぷりっと儲けてたでしょ? あの局面で流れに逆らって逆張りロングにするのはセンスないわねぇ」

鷹「その直前までキャリートレードやっていたとしても、損切ってショートを作り直したら、それでも大儲けできたからな。まさに上で言った『流れに乗っかっていけるとこまでいく』のがいい。長いスパンでな」

Sarah「個人トレーダーは短期取引が主体なんだけど…」

鷹「取引自体はスイングでもデイトレでもかまわへん。自分にあったスタイルをとればよろし。でもな、相場は過去から続く流れ、そしてテーマが大事なんよ。取引は短く、相場を見るのは長い目でってことや」

Sarah「あ。それちょっといただき! すごく重要かも。。。Sarah はデイトレするときは、週末に月足、週足、日足を確認して、普段はほぼ日足より短い足しかみないんだけど。。。『木を見て森を見ず』ではダメってことかしら?」

鷹「いや、週足や日足を見て大きな流れを捉えているなら構わへんと思うよ。ただ、正直、5 分足だけを見て、買われすぎ売られすぎを判断してポジションを取るのはどうなんやろ」

鳩「もちろんそれで儲けてる人もいるからなんとも言えないけど。でもなかなか勝ちづらいんじゃないかしら? 毎回ビッドオファーのスプレッドを払って取引してもうま味がないから」

Sarah「そうそう。いわゆるスプレッド負けね。あ。でもよく質問で、“今週はドルが上昇してますけど、長期的にはまだまだドル安が進むでしょう”とアナリストが言っているから、ドル円ショートの塩漬けポジション持ちっぱなしです。。。。なんていう人結構いるんだけど。。。」

鷹「まず、他の人が『ドル安が進む』と言っている事を鵜呑みにしている時点で駄目ですから~、残念! 斬り~」

Sarah「また、それ~?ま、当然よね。てゆうか、利益が出たら短期トレード、損が出たら回復するまで塩漬けして長期トレード。なんてプロだとありえないでしょ?」

鷹「…。ぷ、プロでも為替相場を当てるのは難しいんやから、人の言うことを鵜呑みにしたらアカンよ。情報としていろいろ集めるのはいいけど、最終的には自分の腹に落とし込んで、相場を張るってのが何よりも大事なんよ」


参考になったという方は⇒応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
関連記事

為替の真実物語 | trackback(0) | comment(0) |


<<他では絶対聞けない為替の真実物語~その6 | TOP | 他では絶対聞けない為替の真実物語~その4>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://takahato.blog112.fc2.com/tb.php/343-c0cbb42b

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。