プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/11/29 (Sun) ドバイ・ショックを真面目に考える【鷹鳩】

久々の大相場といった感じでしょうか。
ドル円は14年ぶりの水準だそうで、マスコミもセンセーショナルに報じています。
合わせて世界で株価が暴落…。すわ、金融危機再燃か!!といった感じになってきました。

きっかけは、皆さんもご存知の通り、ドバイの政府系持ち株会社であるドバイ・ワールドとその不動産子会社が
590億ドル(約5兆円…)もの債務の返済猶予を要請した、というニュースです。

このニュース自体は日本時間、木曜日の早い時間から流れてました。
私もロイターでこのニュースが流れているのを目視していまして、そのときは大きな動きがなかったので
材料にはならないのかな~と思っていたのですが…。
最初は小さな波だったのが、地球を一周して大津波になって帰ってきた、と言ったところでしょうか。

欧州市場では、銀行がドバイ向けの債権を相当持っているのでは、という思惑から銀行株主導で大きく下落。
リスク回避の行動から、JPYとUSDが買われ、株は下げ、原油や金も値を下げることとなりました。
特に英国の銀行がエクスポージャが多いのでは?ということでGBPが大きく下落することとなりました。
日本のメガバンクもドバイ向け債権の数値を発表しています。

このドバイ・ショックは第2のリーマン・ショックになるのでしょうか??

ドバイ向け債権の影響から銀行が損失を出す…という連想ですが、実際の各国銀行の対外債権のうち
UAE向け比率は非常に小さいものになっています。
一番大きい英国銀行で1.4%、ユーロ圏銀行で0.3%、日本は0.4%と影響は軽微。
つまりドバイ向け債権はほとんどがUAE国内の投資家が保有しているということです。
ドバイは原油をほとんど生産しないのですが、それ以外の首長国は原油産出国でリッチ。
報道では『アブダビがドバイを支援する』と言われています。
債権団はUAE国内投資家が大半と言うことで返済猶予案もまとまりやすいのではないでしょうか。

金曜日の欧米市場を見ている限り、影響は限定的で短期的という見方が多いようです。
欧州株はプラスで終了、木曜日が感謝祭で休みだった分、NYは下げましたが
下値では跳ね返されて値を大きく戻して終了しました。

ということで、個人的には、安いところでロングを仕込むチャンス到来と見ています。


参考になったという方は⇒応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(0) |


<<今週の為替予想【鷹鳩】 | TOP | 国債とデフレと私【鷹鳩】>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://takahato.blog112.fc2.com/tb.php/326-1e99b0e7

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。