プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/11/10 (Tue) 日出ずる国と日没する国…【鷹鳩】

中学校の歴史で習ったかな。聖徳太子が中国の皇帝に送った手紙『日出ずる国の天子が日没する国の天子…』というもの。

当時は中国のほうが文明が進んでいて日本は色々なものを学んでいたわけだが…。中国が親分で日本は弟分みたいな。聖徳太子は、それをタメ口利いちゃった訳ですね。『これから発展するわが国と没落するあんたの国』という感じで。『東にあるから日が先に出るだけ~』なんて苦しい言い訳してますけど^^; 

さて、近年ではこの立場は逆転しています。つまり、日出ずる国⇒中国 日没する国⇒日本

ラーメン・ライスな相場【鷹鳩】でも書きましたとおり、もはやアジアの雄は中国でしょう。

株式時価総額、自動車販売、GDP、外貨準備高…。圧倒的なパワーの前になすすべもありません。それでも中国は著作権も守らんし、人権も軽視してるし、契約も簡単に破るし。。石景山遊園地なんてほんとひどいし…。信用ならん!!という声もあり。『信用』。これは日本のほうが高いと言われてきましたが…。

ムーディース、中国と香港の格付け見通しを上方修正

米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは9日、中国の格付け見通しを「安定的」から「肯定的」に上向修正した。現在、中国の格付けは「A1」となっている。

 ムーディーズは「中国の金融システムが堅調であり、景気刺激策が財政に響く影響も軽微である」と説明した。


日経平均は上げ幅縮小、フィッチ幹部の発言を嫌気

日経平均は上げ幅縮小。9900円付近で推移している。フィッチ・レーティングスのソブリン部門統括責任者、デイビッド・ライリー氏が10日、来年度の日本の国債発行額が44兆円を大幅に上回れば、現在「AA‐」の格付けの見直しを余儀なくされるとの見解を示したことを嫌気しているという。

 ライリー氏がロイターテレビのインタビューで述べたもの。現時点では、国債発行をこの水準以下に抑えることは可能と考えることは難しいという。



う~ん。国家の信用度を示す格付け。それも中国は上向き、日本は下向き。

それに、このところ日本国債がやたら売られています。需給が悪化している。

1110kinri.jpg

国債を買う人が少ないから金利は上昇しています。高い金利を付けないと買い手がつかないということ。鳩山政権への不安、国債発行量がとめどなく増えていくって不安なんでしょうけどね。ずるずると債券価格は下がっている…。

そして最近、クレジット市場で話題になっているのは『ソブリン』と呼ばれる国家の債務を保証するCDS。その日本ソブリンCDSが連日、高値(保証料が高くなる)を更新しています。

クレジット市場動向=日本ソブリンCDSにワイドな気配

クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場で日本
ソブリンのドル建て5年が74ベーシスポイント(bp)─81bpと前週末出合い値
(70bp)からワイドな気配が示された。来年度の予算編成を控えて財政悪化に対する
警戒感が強まっていることがワイド化圧力を強めている。



JGBの債務保証に75bpsですぜ…。東京電力が20psくらいなのに…。いったいどんだけ信用ないのか^^;

ちなみに中国ソブリンCDSは80bps…。

おいおい、逆転されちゃうんちゃうか???

もうやだ、この国。



参考になったという方は⇒応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(1) |


<<投資マーケットに新風「CFD」【鷹鳩】 | TOP | 損失補填って聞くと嫌なイメージだけど【鷹鳩】>>

comment











管理人のみ閲覧OK


承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです

2013/09/19 19:17 | [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://takahato.blog112.fc2.com/tb.php/322-102d60ea

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。