プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/07/17 (Fri) CFDで新興国スプレッド戦略【鷹鳩】

china.jpg ちょっと前のニュースになっちゃうんですけど結構ショッキングだったのが、中国株式市場の時価総額が日本を抜き、世界第2位に(ブルームバーグ)。しかもこれが最初ではなくて、一旦、中国株が大暴落して日本より下に下がったのが再び日本を抜き返したって。なんだか、今後の国家の行く末を暗示しているようです。

上海株は年初来で75%(!!)上昇。翻って日経平均は7%上昇。。分かっちゃいましたが、ここまで如実に成長のスピードの違いを見せ付けられるとショックですね。映画『ハゲタカ』でも赤いマネーが日本企業を狙ってますし、世界のパワーバランスでは完全に中国が上位ですし。

もうこうなったら、個人ベースでこの流れを活かして稼ぐしかないw でもってその方法…



続きを読む前にポチっと応援お願いします【ブログ村】

投資信託でも新興国を投資対象にしたファンドがバカ売れらしいですね。3年前ほどに流行ったBRICs(
ブラジル・ロシア・チャイナ・南アフリカ)に加え、インドネシア、ベトナム、フィリピン、トルコ、アルゼンチン、中東なんてのもあります。まぁ、これでも悪くはないんですが、いかんせん手数料がバカ高い。最初に3-5%も手数料が取られちゃいますし、保有中も年1-2%も手数料がかかると言うぼったくりみたいなファンドも多い^^; あと、機動力や手軽さで見劣りします。

だったらFXと同じ仕組みで証拠金で新興国に投資しませんか、という話。実はCFDでも新興国の株に投資できます。香港株やインド指数、南アフリカ、エジプトなどなど。今無いものもそのうち完備されることでしょう。CFDだと、コストもBID/OFFERの数pipsあるいはほんのわずかの手数料ですし、いつでも売買可能とういう機動性、レバレッジという飛び道具も使える。チャートで確認できるから分かりやすいってメリットもあります。

昨年苦い思いをしている人で株をロングにするのはちょっと…という方は、先進国の株価指数をショートにしておけばいい。そうすると、世界的な株価下落にも対応できます。Cステで何度も登場しているスプレッドってやつですね。

あと数年したら、バカ高い手数料の投信は消えて、CFDでオリジナル投信を作る時代が来るかもしれません。興味のある方は左のカラムから詳細をCHECKすべし。


参考になったという方は⇒応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

関連記事

海外企業/海外株 | trackback(0) | comment(3) |


<<日経平均10000万円回復も…【鷹鳩】 | TOP | SHIT!! いやCIT…【鷹鳩】>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

お邪魔します。
私はブログを始めてからマイナス続きでした。
のんびりやっていきます。

2009/07/18 02:02 | かんじ [ 編集 ]


質問させてください 

はじめまして。
質問があるのですが株はもちろんファンドも取引が縮小して証拠金取引(CFD)が当たり前の時代が来て、一体だれが株(現物)を持つのでしょうか?しかも売りからも取引出来ては企業にとって上場するメリットはどれほどあるの?と思ってしまいます。この低金利で買収のリスクにもさらされるわけで…。
株価が5倍になったり半分になったりって投資家からは面白いけれど、発行している側はどう思っているのでしょうか?
鷹嶋さんならその辺にもお詳しそうなきがするのですが?

2009/07/20 17:11 | そら [ 編集 ]


そらさん 

コメントありがとうございます。

確かにどんどんCFDのような証拠金取引が広がると現物株は取引されなくなる可能性はありますね。CFDの本場、イギリスでは、株式市場の取引の4割がCFDだっていいますから。

でも現物株が無くなることはないでしょう。そもそもCFDが取引できるのも現物株のマーケットがあるから、その派生としてCFDができるわけです。現物株がなくなればCFDでも取引できなくなるでしょう。これは株に限ったことではなくて、債券やコモディティでも一緒ですね。

企業が株式を上場するってのはまた別の話で、彼らは上場によってまとまった資金を調達することが出来て事業に投資できるわけです。上場した当初は流動性も少なく、CFDでも取引できない銘柄が多いと思います。

2009/07/21 21:38 | 鷹鳩 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://takahato.blog112.fc2.com/tb.php/299-9b5d0f85

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。