プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/05/24 (Sun) 【債券】米国格下げもあるのか?【鷹鳩】

treasury.jpg 今週は格付けに関する動きが一杯でした。まず月曜日にはムーディーズが日本の格付けを格上げ&格下げ(詳しくは【日本国債】上がってんの? 下がってんの?【鷹鳩】)。ほんでもって木曜日にはS&Pが英国の格付け見通しをネガティブに引き下げ⇒英国の格付け見通しをネガティブに下方修正、格付けは確認=S&P(ロイター)。ここから連想が広がって米国も格下げされるのではって話が広まり、週後半のドル安に絡んでいったわけですが。

これまでも米国格下げは話題には上ってましたが誰もオープンには話さなかったのです(ある意味タブー視)。んでも、この方が米国格下げありうべしって話してます。

続きを読む前にポチっと応援お願いします【ブログ村】

ピムコという大手運用会社のグロス氏が米国はそのうちAAAを失うと…((;゜Д゜))ガクガクブルブル

Pimco’s Gross Says U.S. ‘Eventually’ Will Lose AAA (Bloomberg)

先週だったか、FTに『米国はAAA失うかも』なんて記事が出て話題になりましたけど、こういう著名な投資家が表立てブルームバーグのインタビューで『米国はいずれAAAを失う』って言っちゃってますから…。これは新しい。

別にAAAから格下げされたってどってことないべ? 日本なんかAa2だべ? って思うかもしれませんが、いややはり米国のAAAを失うってのはショックが違う。世界の運用の中心はやはり米国債なのでありまして、もう世界中の中央銀行、政府系ファンド、年金、運用会社などなどが持ちまくっている。天文学的な額を保有しているわけです。

しかも米国債ってその半分以上が海外投資家に買ってもらって消化しているんですよね。だから中国のご機嫌取りしたりするわけです。かつて橋本龍太郎がポロリした時も反応が凄かったですよね。米国にとって、海外投資家が米国債を買ってくれるかどうかが彼らの命綱ってわけ。

んだもんでAAA格を失うことは米国の資金調達が危機を迎えることになる。しかし現状は一歩ずつその道を歩んでいます。いつか来るその日がどのようなマーケットになるか…。

ある意味、リーマンショックと並ぶほどのものかもしれません。



参考になったという方は⇒応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

関連記事

国債/格付けなど | trackback(0) | comment(0) |


<<【自称】カリスマブロガー対談【鷹鳩】 | TOP | 【情報】日経ヴェリタスを読もう【鷹鳩】>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://takahato.blog112.fc2.com/tb.php/271-54dc1677

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。