プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/05/09 (Sat) 【鷹鳩】価指数銘柄入れ替え

CFDステーションでシティ・GM、ダウ除外の可能性も【鷹鳩】という記事をかいたんですけど、ちょっとだけ補足を。

ブタディールとコバンザメディール【ランケン】でもランケンさんが書いているんですけど『コバンザメディール』。要は銘柄入れ替えに絡んだ投資戦略のことです。だいたいこういう株価指数の入れ替えの場合、OUTされちゃう銘柄は株価が下がりINする銘柄は上がります。

なんでかっていうと、インデックスに絡む投資家がいるから。

おそらくほとんどの読者の方は投資信託など、ハイリスク・ローリターン・ハイコスト!なものはやらないと思うのですがw 世の中的には運用、投資といえば投資信託がまだまだウェイトが大きい。で、よく提案される投資信託のポートフォリオの基本として、日経平均やTOPIXに連動するインデックス型というのがあります。(最近は、手数料が大きく取れるエマージング型や外債型のが多いらしいですがw)

こういう投信ってほんと忠実に日経平均と同じような値動きになるように気を使ってます。『同じ値動きをする』って特徴で売ってるのに、違う値動きをすると規約違反になっちゃいます。なんで結局は日経平均に採用されている225銘柄を組み込むことになる。なんで、日経平均の銘柄入れ替えがあると、外される銘柄は売って、新たに採用される銘柄を買うわけ。インデックス型投信ってかなりの残高があるから相当な取引量になります。

おお! これってかなり勝算の高い戦略じゃね?って思うかもしれませんが、これはもうみんな分かっていること。そう簡単にフリーランチを食べることは出来ません。一番のポイントは新規採用銘柄を的中させることでしょう。

日経銘柄(おそらく海外も)の場合、まず流動性が高いことが大事です。よく取引されていて知名度が高い銘柄ってこと。次に、除外される業種と同じまたは似た業種が採用されやすい。株式市場全体を代表する指数なので、現状の業種間のウェイトをおおきく変えることは避けたいのです。

GM、シティがダウ除外かもって話ですが、新規採用は製造業から1社、金融業から1社になるのではないでしょうか。しかし、一方で現在の米国において製造業・金融業ほど元気の無いセクターもないわけで。そこからダウ銘柄を選出するってのも結構難しいかもしれませんね。

金融だとGoldman Sachs、製造業だとUS Steelが候補に挙がっているみたいです。それ以外だとSarahさんも記事にしてましたがGoogleが有力みたいです。



参考になったという方は⇒応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

関連記事

海外企業/海外株 | trackback(0) | comment(0) |


<<【鷹鳩】超今更ですがNHKスペシャルを見た… | TOP | 【鷹鳩】GWもよく動く-80000記念>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://takahato.blog112.fc2.com/tb.php/262-c6b48e35

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。