プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/03/25 (Wed) 【鷹鳩】銀行選びについて

2008年は投資にとって非常に厳しい年でした。

ありとあらゆる物の投資商品の価格が下落の一途。大きな含み損を抱えたり、損きりしちゃったり…。よく言われるのが『cash is king』でして、現ナマで持っとくのが一番よってこと。

実際、痛手を負った個人投資家はしばらく投資から撤退、預金に入れとくことを選択する人も多いとか。それでも少しでも金利が高いほうが…って、なかなか難しい投資家心ですなぁ^^;

さて、最近新聞広告や雑誌でもよく目に付くのが『新生銀行』『あおぞら銀行』の預金広告。日銀は再び超低金利政策を取っている中、結構高い金利をつけています。

たとえば新生銀行⇒http://www.shinseibank.com/ 
そしてあおぞら銀行⇒http://www.aozorabank.co.jp/kojin/products/yen/direct/index.html
そして東京スター銀行⇒http://www.tokyostarbank.co.jp/campaign/spring2009/index.php

どうです? どこも1年定期で1%以上の金利がつくようでして。

翻ってメガバンク
三井住友銀行⇒http://www.smbc.co.jp/kojin/kinri/yokin.html

1年で0.25%…。。。この差はいったい…。
もちろん鷹鳩が何回も行っていますように『美味しい話はない』『リスクとリターンは裏表』

これはもろに『クレジット(信用力)の差』なんです。
どういうことかと言うと、新生銀行もあおぞらも東京スターも一回破綻している銀行。その後、外資やら新興企業が買い取って再建した銀行なだけに信用力が低い。

特に昨年秋のリーマンショック以降はその傾向が顕著。詳しく言うとなにかとまずいのですが、上記銀行へ対する信用の見方はかなり厳しくなっていまして市場でもそういう評価。

新生銀行もあおぞら銀行は従来、長期信用銀行と日本債券銀行でして、基本的に預金を集める銀行では無いんです。ということは普通の銀行と違って、預金で資金繰りをつけることが出来ないので、従来は毎月、債券を発行して資金繰りしているのです(この債券はかつてはリッチョーとかリッシンとか呼ばれてました)。

ところがリーマンショック以降、この債券が発行できてない。彼らの信用力からすると、とても発行できるような環境にはないのです(メガバンクはいっぱい起債している)。そのため資金繰りがどんどん逼迫している。だから、多少高い金利でも個人預金を取り込みたいわけ。

ちなみにあまり声を大きくしていえないのですが、もし仮に彼らが債券を発行しようとしたら…。おそらくマーケットはサラ金以上の金利を要求するでしょうね…。そのくらい信用力が無いんです。

高金利定期ならば、信用力のために高いのではなく、店舗を持たずコストが安いから金利が高いってことでイーバンク銀行のようなネット専業バンクのほうが断然おすすめ。


*鷹鳩 mixi 始めました。『鷹鳩』で登録してるのでもしよかったマイミクなってくださいw

参考になったという方は⇒応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

関連記事

資産運用 | trackback(0) | comment(1) |


<<【鷹鳩】FX取引で一番大事なもの&Sarahオフ会報告 | TOP | 【鷹鳩】投資と支え合い>>

comment











管理人のみ閲覧OK


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009/03/26 19:39 | [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://takahato.blog112.fc2.com/tb.php/250-f7a12e72

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。