プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/08/13 (Mon) 【鷹鳩】夏の危機に肝を冷やす


月曜日に鷹鳩が登場して以来、すっかり更新が遅れてしまいました。

さて、木曜日から始まった危機。一般紙もニュースも報じておりますが、これは断じて株安が危機なのではありません。そこら辺がちょっと違和感を感じます。今回は【流動性】が大きな危機、機能不全を起こしているのです。

金曜日のUSD/JPYのスワップポイントを記憶している方いっらっしゃいますか。業者によってかなりばらつきがあったと思います。だいたい200円から180円くらいでしょうか。前日まで160円前後でしたよね? そのスワップが大きくなったということは、【USDとJPYの金利が広がった】ということです。今回は特に【USDの金利が異常なほど高い】のです。なぜか? 

全てはサブプライム初のパニックが原因です。信用収縮、信用不安で誰も資金を外に出そうとはしない、自分で抱え込もうという動きになりました。普段ならなんの問題も無く、市場から資金を調達できてた環境が一変、誰も資金を供給してくれない⇒資金繰りがショート⇒パニック というわけです。そうすると、レートを無視して資金を調達することになり、USDは7%の金利が付いたり。EURも同様。それで、ECB,FEDが資金供給を行ったということです。

参考になったら⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします

関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(1) |


<<【鷹鳩】死屍累々 | TOP | 【鷹鳩】FOMCが鎮静剤に>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

こんばんわ

最近、民放TVで株安や為替のニュースが増えてきました。
ですが、ネット世界で論じられているような事とは、やはりずれてますねーー;

ところで鷹くん鳩ちゃん達に夏休みってあるのでしょうか?

2007/08/13 19:53 | アイオ・レーン [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://takahato.blog112.fc2.com/tb.php/24-d220ec5c

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。