プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/12/28 (Sun) 【鷹鳩】CFDに未来を見出した

このエントリはあるトレーダーさんへ敬意を表して投稿です。

さてCFD取引で世界へ駆け出そう【鷹鳩】最近注目されてきたCFDってなんやいな?でもしきりに布教しておりますw CFDですが、先日、CFDをやっているトレーダーさんとお会いしました。『鷹鳩さんとCFDについて色々話したい』とメッセージを頂きまして、『はい! 喜んで!』と和民風で返信しときました。

で、実際に会って色々とトレードアイディアを話したんですが、もうね、凄いんですよ。

『CFDって言っても所詮、FXの株や商品版でしょ?』

それは正しいんだけれど、『だから凄いんだ』と言いたい。

さて鷹鳩がどういうトレードアイディアに驚いたかと言うと、それは『スプレッド取引』。スプレッドてのは差とか開きといった意味です。FXのスプレッドも一緒の意味。まず、これから説明しましょう。

通常のFXだったり株だったりって、その銘柄が『上がるか・下がるか』に賭けてますよね? 安く買って高く売る。こういう上げ下げを狙う取引を『アウトライト取引』と言います。『じゃあ他にどんな取引があるのさ?』というと、ひとつは『オプション取引』。鷹鳩も何度か記事書いていますが、『上げ下げ』ではなく『動くか動かないか』に賭ける取引です。

さて『スプレッド取引』ですが、これは『異なる銘柄間の価格差』に賭ける取引。

(゚Д゚)ハァ? 意味ワカンネ でしょうから、実際にそのトレーダーさんのアイディアをチャートで確認していきましょうか。

G-P.jpg
*クリックで拡大

まずチャートの上段。オレンジとホワイトの線があります。それぞれ、とあるCFDで取引できる銘柄です。値は右軸。過去、ずっとオレンジがホワイトよりも高く推移してきました。ところがここ数ヶ月でオレンジが暴落、ホワイトとほぼ同値まで下がってしまいました。下段はオレンジとホワイトの価格差のチャートです(オレンジと白なので混ぜたら黄色になった、かどうかは不明ww)。昨年末までほぼ500ポイントくらいで安定推移していたのが一挙に1300まで上昇、その後ゼロ付近まで下落となっています。

さて、こんな状況、みなさんならどうしますか?

『さすがにオレンジは下落しすぎやろ。リバウンド狙いでオレンジ・ロング!』
『いや、トレンド下落ははっきりしてるからオレンジ・ショートでしょ☆☆☆』
『ホワイトは底堅いのかなぁ』

いろいろと思うでしょうが、『スプレッド取引』は下段の価格差に着目した取引。実はオレンジとホワイトは本来であれば『同じような動きをしなくてはならないペア』なんです。なのに最近の金融危機でかなり歪んだ価格差になっている。トレーダーさんはこの価格の歪みに注目、オレンジ・ロング&ホワイト・ショートのポジションを取りました。このポジションだと、相場全体が上がろうが下がろうが関係ない(ロングとショートの組み合わせ)。上げ下げではなくて、2銘柄の価格差が広がる方向に賭けたんですね。実際、このペアの価格差が逆転したことは30年で2,3回しかないそうです。これは鷹鳩もまず勝てる戦略だなと思いました。ちなみにの『オレンジ』と『ホワイト』って正体、何か分かります?? 

この話を聞いて、トレードアイディアの面白さもそうなんですが、個人投資家がそういうプロに近い戦略を立てれることになったということに感動しましたね。それを可能にしたのはもちろんCFDという商品が登場したからでしょう。

証券会社の参入も増えてきましたし、ますます目が離せなくなった予感。そして鷹鳩もこの面白さをもっと布教しなくてはと感じました。。鷹鳩の2009年予想。『CFDがめちゃめちゃ流行る』

CFDに興味を持った方⇒CMC Markets Japan で詳しい資料が貰えます。  

応援お願いしますm(._.)m  ⇒  □■ブログ村■□


関連記事

FX/CFD 業者 | trackback(0) | comment(2) |


<<【鷹鳩】■□ゆく年くる年□■ | TOP | 【鷹鳩】年末年始の見通し>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

お久しぶりです。

>『オレンジ』と『ホワイト』
商品相場はよくわからないのですが、銀と金ですか?

>『スプレッド取引』
さやとりですね。

FXでも デイトレの自動売買プログラムがはやっています。
CFDでも 自動さやとりプログラムがはやる日も遠くないのかもしれませんね。

CFDの記事楽しみにしています。

2008/12/29 23:19 | saru999 [ 編集 ]


 

ありがとうございます。非常に正解に近いです。CFDのほうが鞘取りはうまくいくでしょうね。銘柄数が多いし、相関が見つけやすいので。

2008/12/30 00:19 | 鷹鳩 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://takahato.blog112.fc2.com/tb.php/216-33492982

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。