プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/12/15 (Mon) 【鷹鳩】野村HD劣後債

意外と『野村 劣後債』で検索してくる方が多いので補足です。といってももう購入した方が多いかもしれませんが^^; ネットで聞く分には完売だそうです。 

さて、今回の野村HD劣後債。8年もので3.6%の利回りですが、こういった社債の利回りがどうやって決まるのか? これが分かっている方はかなりの金融通と言えるでしょう。

ヴェリタスを購読している方は社債情報の記事を読んで欲しいのですが、『国債利回りに対するスプレッド』とあると思います。10年の国債利回りが1.3%だとします。これに企業の信用力に応じてクレジットスプレッドを乗せていきます。例えば、東京電力であれば信用力は相当高いですから0.2%だけ上乗せした1.5%で社債を発行できる。。逆に野村證券であれば金融危機もあって10年先どうなっているか分からないわけですから2%の上乗せ金利を払わないと買い手が付かない等。

今回は『劣後債』ですから、さらにクレジットスプレッドが乗っている。なので3.6%と高利回りになっています。もう一点注意をすると、8年ものとありますが、実は3年経ったら償還できる条項が付いています。なので最速3年後には償還されてしまう可能性もある。そこもポイントです。

さて、この野村債のリスクは何でしょう? デフォルト? もちろんそれは最大ですが^^; 鷹鳩としては『流動性の無さ』を挙げたいですね。こういった個人向けの劣後債というのは流通マーケットがまったくと言っていいほど発達していなくて、途中売却の場合、かなり不利な条件で売却することになる。100円で買ってすぐに売っても97円くらいの値段しか付かないかもしれない。

なので、この債券を買っても良い人は以下の通り。

・野村は絶対に死なないと思える人。野村と心中するつもりの人。
・8年間資金を運用できる人、途中で売却しない人。

これを守れるなら、まずまず良い買い物になるのではないでしょうか?

最近、ランク大圏外でございます。応援お願いしますm(._.)m  ⇒  □■ブログ村■□


関連記事

個人向け債券 | trackback(0) | comment(1) |


<<【鷹鳩】EURは天辺を目指すのか? | TOP | 【鷹鳩】彼氏オプション-クリスマスver.>>

comment











管理人のみ閲覧OK


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/12/17 20:07 | [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://takahato.blog112.fc2.com/tb.php/211-24c4c822

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。