プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/11/27 (Thu) 【鷹鳩】AUD/JPYは600円もありうべし!? サイゼ~リア、サイゼ~リア

鷹鳩が良く行くブログ、厭債害債さんのエントリに触発されて、サイゼリアのデリバ損失について。

その前に『私とサイゼリア』作文をw。結構好きなんですよ、サイゼリア。お金の無い学生時代にはお世話になりました。ピザとパスタとサラダ食べて、ワイン飲んでも2,000円くらいでしたもんね。天井のルネサンス?絵画にはびっくりしましたが^^;。で、そのサイゼリアが為替系デリバで大損こいたと。http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20081121-OYT1T00646.htm

サイゼリアは実際にオーストラリアから牛肉やソースを輸入しているので実需ベースである点では、 駒沢大学のケースよりかは好感が持てるのですが…。それでもこの内容は、ほんまえげつないですな。

サイゼリアの公式文書を見てみると⇒http://www.saizeriya.co.jp/ir_info/jp/pdf_jp/release/release20_11_21.pdf

サイゼリアが契約したのは「FX参照型豪ドルクーポンスワップ」

どういうものかというと、昨年、まだまだ円安が続いていた時、AUD/JPYが105円でしたと。このスワップを取り組めば、AUD/JPYが78円で毎月買えます。しかも2年間。確かに嘘みたいなレートですよね。でももちろん条件があって

FXが78.00 円以下の円高になった場合、それ以降の約定レートは以下 の式で計算される。 【前回約定レート】×【78.00/FX】

円/豪ドル 下限=78.00 円、上限=600.00 円


要は78円より円高にいってしまった場合、今の水準より高いレートでAUDを買わなくてはならないということ。しかし、このデリバで最も恐ろしいのは前回の約定レートを参照する『コンベックス』という仕組みと、『ラチェット』と言って、一旦トリガーを弾いたらもう有利な条件には戻らないという仕組み。最大AUD/JPYを600円で買わなくてはならない羽目になる。ゼロから始めるマネー運用講座さんが計算してますが、今のままだと1年後には実際にAUD/JPYを600円で買うことになりそうです…。

何度も繰り返して恐縮ですが、『マーケットに美味しい話など無い』ということです。金融工学が発達して、個人にでさえ様々な仕組み商品が販売されていますが、冷静に良く考えて欲しいです。特別な仕組みだからと言って、有利ということは絶対に無い。リスクとリターンは常にトレードオフであって、むしろ仕組みが入っている分手数料がたくさん抜かれているんです。

これをもってサイゼリアが値上げと言うことにならないよう、貧乏学生だった鷹鳩はお祈りしております。

応援お願いしますm(._.)m  ⇒  □■ブログ村■□


関連記事

日本企業/日本株 | trackback(0) | comment(6) |


<<【鷹鳩】全部分かる? ちょいとマイナー通貨テスト | TOP | 【鷹鳩】FXオプション講座 デルタが出るだtake2>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

おはようございます。

FX参照型豪ドルクーポンスワップという商品、これを見る限りでは、BNPパリバ証券は、よほど悪徳と見えてしまいますね。
もしも、こういった商品を勧められたら、こういう商品を作る会社があえて、最初から損する考えはなく、儲かる仕組みなのだから客にリスクを背負わせていることを十分に承知しないといけませんね。

この商品が仕入れ価格の変動を抑えるのに美味しいと思って飛びつく前に、リスクがどのようであり、そのリスクを回避するためにはどうすべきかを先ずは検討してから契約に運ぶべきですね。

証券会社は、当然儲けるためにあの手この手とこういう商品開発を今後もしていくのでしょうけれど、客にリスクをしっかりと開示する必要があるし、客のほうももっとよく知る必要があると思います。

私としては、サイゼリアさんに厳しいかもしれませんが、約定日2007年10月22日豪ドル105.83 円の時に、78.00 円未満の円高を予想し、約定日2008年2 月7日豪ドル98.93 円の時に、69.90 円未満の円高を予想していたBNPパリバ証券に軍配を上げたいですね。
BNPパリバ証券さんは、現在どんな商品を売り出しているのかが気になります^^。

ところで、米国は、GDPの約半分にも相当する規模の金融対策を公約していますが、目先の対症療法にも債務超過の不安が襲いますが、数年後に訪れます国債償還時期にはどのようになっているのでしょうか。
ますます、破綻へと追い込まれていくように思えてなりません。頼みの綱は中国ですか?
一体どうなっていくのでしょうね。我が国は大丈夫ですか?

2008/11/28 08:39 | そよかぜ [ 編集 ]


 

>約定日2007年10月22日豪ドル105.83 円の時に、78.00 円未満の円高を予想し、約定日2008年2 月7日豪ドル98.93 円の時に、69.90 円未満の円高を予想していた

というわけでないんですよ。
そう見えますけど、こういう商品は契約した時点で証券会社の勝ちが決まっているんです。勝ちというと語弊がありますが、マーケットプライスよりかなり高い値段で販売しているので、契約の時点で相当収益が上がっている。逆に、サイゼリアはスタートから相当のハンデを負って勝負しているようなものです。なので78円のトリガーを引いてなくても、パリバは全然損はしてないんです

2008/11/28 22:45 | 鷹鳩 [ 編集 ]


 

見た目を上手に作るのですね・・・
フォワードレートを考えればいいってことですか?今だったら、豪ドル62円(5.25%)、円(0.3%)としてざっと計算すると、1年もので59.08円、2年で56.30円位かな。これをもとに商品を作るということでしょうか?


2008/11/29 01:05 | そよかぜ [ 編集 ]


 

いつも楽しく拝見しています。
11月29日の日経に社長の一問一答がありました。一問一答の中に「デリバティブ契約については専門家を交えて解約を検討している。為替相場を見ながら損失を最小限に抑えられる時に解約する。」とありますが、可能なんでしょうか?そのような都合の良い逃げ道があるとは思えないのですが…
よろしければコメントください。

2008/11/29 18:53 | [ 編集 ]


コメントありがとうございます 

皆さん意識が高く感心しております。新たなエントリでお答えさせていただいておりますのでご覧下さい。あー、飲みすぎて頭痛いwww

2008/11/29 21:07 | 鷹鳩 [ 編集 ]


 

鷹ちゃん鳩ちゃんも、サイゼリア好きなの? 気があうわね~(勝手に)。私も、好きなのよ。今でも、ガンガン行ってるわよ。あそこ、おいしいよ。セルフサービスで、コストをおさえているだけで衣料品のZARAみたいなものよね。、ちなみに、ペニンシュラも、好きですね。サービス良くて、おいしいですね。

2010/04/16 23:52 |  まじぼんぼん [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://takahato.blog112.fc2.com/tb.php/196-4dd60d80

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。