プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/11/13 (Thu) 【鷹鳩】CDSって騒ぎすぎ

毎度です。

毎日本当にボラティリティの高い相場が続きますね。相場参加者は神経すり減らしてもうへとへとです、正直。為替ディーラーはポケットロイターやブラックベリーを持たされ、毎晩、大きなニュースに起こされて熟睡は無理ぽなことでしょう。リアル寿命も短いでしょう…。

さて、CDSについて。もうTVも新聞も週刊誌も『CDSが金融危機の元凶だ』と言ってますCDSカテゴリでも述べてきましたが、『CDS』そのものより、欲に魅せられて作り上げてしまったCDSを用いた商品が問題だった、というのが本当のところでしょう。

今回、更に声を大にして言いたいのは、よく『CDS契約額は数兆ドル!!』と煽ってる報道がありますが、実はこれはちょっとした勘違いが含まれているということ。

どういうことかというと…

【PR】投資のこと丸分かり読本 無料プレゼント (様々な投資について情報提供してくれます。不動産投資など鷹鳩も素人なので結構面白く読んでます)

続きを読む 前にお願いしますm(._.)m ⇒  □■ブログ村■□

報道のCDS契約総額数兆ドルというのは、プロテクションの売り・買いの総合計です。なので単純に契約額がダブルカウントされている可能性があるということ。さらに、リスクヘッジのために再契約したものも含まれている。

みずぽ銀行はソフトバンクへの債権が100億円ある。
ヘッジのために、みずぽ銀行はソフトバンクのCDS100億円分をリーマンから買った。
リーマンもソフトバンクのCDS売り持ちは嫌なのでゴールドマンからCDSを買った。
ゴールドマンもソフトバンクCDS売り持ちは嫌なのでUBSからCDSを買った…

こんな感じでぐるぐる、押し付け合い^^; の循環があるのです。本来、ヘッジすべきソフトバンクの債権は100億円でした。しかし、みながCDSでヘッジし合うことで、CDS契約額は300億円、あるいは買いも売りも合わせるなら600億円に膨れ上がりました。仮にソフトバンクが破綻したとしても、契約総額の300億円の損害が金融機関に発生する、というわけではもちろんなく、ぐるぐるヘッジしているわけですから、最終リスクの引き受けてが100億円保障しておしまい。

なので『凶器CDSの恐怖!! 契約総額3兆ドル!!』とか見出しがあっても、その数十分の一の影響度合いなのですね。

ただし! このぐるぐる連鎖の途中で金融機関が破綻した場合はちょっと問題にある。みなが自分が押し付けた相手がちゃんと契約履行するかどうか疑心暗鬼になっていしまって、信用危機が起こってしまう。今回のリーマンはまさにそのケースでしょう。

願いしますm(._.)m ⇒  □■ブログ村■□

関連記事

CDS | trackback(0) | comment(0) |


<<【鷹鳩】しかし、まぁまぁまぁまぁ良く動くわ… | TOP | 【鷹鳩】俳人になります>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://takahato.blog112.fc2.com/tb.php/186-3496c6a9

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。