プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/10/26 (Sun) 【鷹鳩】この相場の真犯人は?

【鷹鳩】感謝感激のエントリでご質問いただいた、『今回の相場崩壊の原因が規制緩和にあったという意見にどう思うか』についてちょっとだけ書きたいと思います。

私はどちらかというと『規制緩和ばんざい』派なんですよねw 日本における規制ってのは、ほとんどその業界団体と管轄省庁の権益のためにある、と思ってます。官僚の答弁を聞いても、『まぁまぁ、もっともな理由述べてますけど、本音は自分の省庁の権益を守るためなんでしょ?』と突っ込みたくなる。城山三郎の『官僚たちの夏』は全然色褪せてない。官僚と居酒屋に行って飲んだら絶対カラむww 

なので、これは異論もたくさんあると思いますが、規制緩和を進めた小泉純一郎はいい総理大臣だったと思います。劇場型政治だ、ポピュリズムだ、小泉改革で不況になった…。いろいろ聞きますが、小泉内閣の支持率、そして国民の声である選挙の結果を見ても、総論としては小泉首相肯定でしょう。文句言う奴は選挙で小泉内閣を退陣させればよかった。でも実際は圧勝だったわけです。

話がそれてしまいましたがw 規制緩和、これは大いに結構です。昔は、規制でがんじがらめで、為替取引にしても実需原則というのがあって、今みたいに投機でポジションを持つことは許されなかった。15時には今持ってるポジションを大蔵省に報告しなくてはいけなかった。だからオーバーナイトでポジションを持つことさえままならなかたんです。当時の大蔵官僚にしてみたら、個人がレバレッジを聞かせて投機で為替取引をしている今の世は信じられないでしょうね。金融投資にしても規制緩和のおかげで、本当に選択肢の幅が広がった。これは喜ばしいことです。

さて、もろ手を挙げて規制緩和マンセーと言ってていても話が進まないのでw 今回の破滅相場について、『規制緩和』にある劇薬が混ざったため起こったと考えることが出来ます。それは…

続きを読む前に応援お願いしますm(._.)m  ⇒  □■ブログ村■□


『欲(Greed)』です。これを語るには【鷹鳩】不朽の名作『ウォール街』で紹介した、ゲッコーの言葉を借りるのが最適でしょう。

Greed is good. Greed is right. Greed works. Greed clarifies, cuts through, and captures the essence of the evolutionary spirit. Greed, in all of its forms -- greed for life, for money, for love,knowledge -- has marked the upward surge of mankind

拙い鷹鳩の意訳ですが

『欲は良い。欲は正しい。欲は役に立つ。欲は、発展しようという意欲を捕え、切り開き、明確にする源泉である。生存欲、金銭欲、性欲、知識欲…あらゆる欲こそが人類に発展をもたらして来たのだ』

これはゲッコーが乗っ取りをしかけた会社の株主総会で株主に向かってのスピーチの言葉です。日本だと『Greed is good』なんて言ったら顰蹙を買いますが、不思議と映画のなかでは自然にゲッコーの言葉に吸い込まれていくんですよね。観ているほうも。

むろん『欲』それ自体はなんら悪いものでは無いと思います。ゲッコーの言うことも真実でしょう。鷹鳩だって金は欲しいし、綺麗なネーチャンは抱きたいわけですw 

でも、今回の場合、欲とモラルの欠如が融合した。更に『金融工学』という反応を促進させる触媒まで用意されていたというのが問題でしょうか。今一度、 世界一?分かりやすいサブプライム劇場 を読み返して欲しいです。こういう馬鹿げた話が現実に起こっていたわけです。

なにかうまいこと言え、といわれたら

『Greed is right, but the things from greed is not left』
(欲は正しい。が、欲から生まれたものは何も残らない)


ってことでしょうか。 (これは鷹鳩オリジナルの台詞ですよ、いっときますけどw)(誰がうまいこと言えと、という突っ込みお待ちしておりますw)

誰がうまいこと言えとw ⇒応援お願いしますm(._.)m  ⇒  □■ブログ村■□

関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(4) |


<<【鷹鳩】この強烈な円安にやられた… | TOP | 【鷹鳩】今週の見通し>>

comment











管理人のみ閲覧OK


解説 

right と left を掛けてます。(って、自分でネタを解説しているようじゃ3流芸人ですね…^^;

2008/10/26 22:59 | 鷹鳩 [ 編集 ]


お客様全然うまくありませんってあえて突っ込んでみる(笑) 

さっそくお答えいただいてありがとうございます。
質問に色が出るのがイヤだったのでお尋ねするときには明かしませんでしたが、僕も規制緩和には一貫して賛成というスタンスです。

しかし、今回の金融危機を受けて【規制緩和】という旗に対する風向きが変わってきた気がするんですね。
それはエンロンショックの後の会計改革と同じような(当方こちらの方の専門なんで)、「投資家保護」という名目による【規制強化】の台風だと思うのです。
ちょうど蒟蒻ゼリーを排斥する「消費者保護」と似たような構図ですね。一部のおバカさんが出てきたせいで、丸ごと規制しようとする。
まあその辺をうかがってみたかったのですが、うまくお茶を濁されてしまった感じがします。「欲」と言われてしまえば、その通りとしか言いようがありません(笑)。

2008/10/27 05:17 | 海図屋 [ 編集 ]


すいません 

最初に読んだ時にはなにか少し茶化された感じがしたもので、こちらもつい冷笑的な文章で応じてしまいました。

あとから読み返してみると、「欲」で言い表されていることがわかってきたりして、自分の返答が非常に失礼だったことを悔いております。もしご気分を害されたら大変申し訳ありませんでした。

本日の株価も為替もえらいことになっていますね。中小企業の方々と一緒になって仕事をしている当方のようなものからしますと、今後襲ってくる実体経済悪化の津波に戦々恐々としております。

2008/10/27 19:21 | 海図屋 [ 編集 ]


海図屋さん 

いえいえ、とんでもないです。

実を言うと後半部の『欲』を書こうという思いありきでしたので、仰るとおり前半部は中身が無いものになっていしまいましたw

論筋としては『今回の市場崩壊をもって行き過ぎた規制緩和を戒める論調があるが、それっておかしいよね』というものが良かったのでしょうが、それだとあまり金融ネタが入ってないのと、それを展開するには私の気力と論力が足りなかったようで^^;(何分、仕事で嫌というくらいレポートを書かされているもので、真面目な文章を書くことにアレルギーがw アナリスト職ではないんですが…)





2008/10/28 06:01 | 鷹鳩 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://takahato.blog112.fc2.com/tb.php/172-e976283e

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。