プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/10/18 (Sat) 【鷹鳩】不朽の名作『ウォール街』

鷹鳩のおススメ第3弾です。過去のおススメは右のカテゴリから『おすすめ』をクリック

今回紹介するのは、不朽の名作『ウォール街』です。

4206120440.jpg

通り一遍等な解説を一応。

【ストーリー】 世界の金融の中心「ウォール街」で繰り広げられる男たちのマネー・ウォーズ。若き証券マンのバドは自分の持てる頭脳と行動力の全てを注ぎ、一攫千金を狙っていた。億万長者ゲッコーに取り入るため、父の勤める航空会社の情報を渡し、インサイダー取引したことで夢が叶い、大金を手にするが……。

【解説】 マネー戦線の最前線、ウォール街に渦巻く野望と陰謀……。オリバー・ストーン監督がスリリングに描き出す傑作エンターテイメント! マイケル・ダグラスが迫真の演技でオスカー受賞! チャーリー・シーンとの火花散る闘いに大興奮!


舞台はちょっと昔のウォール街の証券会社という感じでしょうか。まだ所謂『投資銀行』が脚光を浴びる前、いわゆる証券会社が株屋と呼ばれる時代の映画です。今まで紹介してきた本・映画と同様、臨場感がとにかく凄い! 証券会社のディーリングフロアの熱気が伝わってくるような映像。そしてキャラが立ってる。マイケル・ダグラスは物凄い迫力で、乗っ取り屋ゲッコーを演じてます。最近の某M上さんを彷彿させますな。

投資銀行が全滅した今、観直して見るとなかなか感慨深いものがあります。所謂マーケット系映画の全ての起源でしょう。 評価:☆☆☆☆☆

応援いただけると嬉しいです ⇒  □■ブログ村■□


関連記事

書籍/DVDなど紹介 | trackback(0) | comment(2) |


<<【鷹鳩】今週の見通し | TOP | 【松藤民輔風】ハロウィンに死神が舞う>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

こんばんは。
今週もお疲れ様でした。。

映画もこのようなものがあるのですね。
面白そうですね。

お月さまのブログを拝見した時、「あ~わかります」と思いました。
丁度その日の帰宅途中に、同じことを思いました。

週末、ごゆっくりとお休みくださいませ。

2008/10/18 23:16 | kaoru♪♪ [ 編集 ]


kaoruさん 

どもです。
この映画は後に別のマーケット映画や小説でも引用されるほど、大御所なんですよ。面白いと思います。

お月様や青空をみると多少心が癒されます。ってそんなに荒んでるんかいwって突込みが入りますがw

2008/10/19 11:32 | 鷹鳩 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://takahato.blog112.fc2.com/tb.php/161-b47d48aa

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。