プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/10/07 (Tue) 【鷹鳩】世界の終わりの始まり…とハードボイルドワンダーランド

マーケットに立ち向かう皆様、大変お疲れ様です。市場関係者の皆様、健康管理だけには気を付けましょうね。

さて、こうもパニックが常態化してくると、職場にも壊れた人が増えてきまして、若干私もわけもわからないままハイテンションになってしまうことが多く…。寝不足と疲労困憊の体に栄養ドリンクを流し込んで、なんとか仕事するわけですが…。毎日毎日、あっちが危ないこっちが危ない、資金が取れないーーーー、株がー債券がーCDSがーア”アァ って環境ですと、もう全てを放擲して京都に紅葉でも見に行こうかと考えたりして。『そうだ、京都いこう』のCM作った人は天才ですよ、ほんと。

さて、私もたまに引き合いに出す(というか、パロディですがw)松藤民輔さんという金山経営者がいます。ブログは松藤民輔の部屋タミーはずいぶん前から、『終わりの始まり』、つまり株の暴落と金の上昇を予測していました。短期的には上げ下げあったんですが、結果的には彼の読みはほぼ当たりといってよいでしょう。

まさに今の状況は『世界の終わりの始まり』。タイトルのハードボイルドワンダーランドてのは、ただの付けたしです。

最初のきっかけは、住宅ローンだったんですけどね世界一?わかり易いサブプライム劇場 で語られているような、到底常識では考えられないような住宅ローンが横行していて、誰もそれを止めなかった。みんなハッピーだったから止めるわきゃない。そして、それを裏づけとした商品が開発されて、高い格付けで高利回りという夢のような金融商品が世界に散らばった。金融機関がそれを大量に保有していて、大損こいた。実際に破綻する金融機関が現れ始めると、お互い疑心暗鬼に陥り、市場にお金が回らなくなった。次々と連鎖的に破綻。欧州でも、色々な銀行が国有化なり公的資金なりで救済されています。アメリカからは投資銀行が消え去りました。

いろいろな方が書いてますが、もはや安全資産は無いに等しい。国債ですらフェールが起こり、安心して資金を振り分けるプロダクトではなくなってしまった…。コモディティも下げ基調で代替投資にはならない。となると、やはり現金で持っておくのが一番安全ということになります。株や債券も投げ売って、現金にしたいと思う。それも自国の現金に。なのでEUR建ての金融商品を売って、自国に持ち帰る(EUR売りUSD買い)という流れはあって然るべきかな、というのが私の考えです。これは、タミーが言う『マネーセンターの危機がその国の通貨を強くする』という論でもあるでしょう。タミーはずっと『ダウ暴落&USD高』論です。

さて、取りとめもなく書いてきましたが、マーケットはここまで来ると、行くところまで行くしかないだろと思います。もちろん、行き過ぎた部分があるので多少リバウンドは期待できますが、本質的なところで何も解決しちゃいない。『世界の終わり』はまだ『始まった』ばかり…。

ひとつ、反転のきっかけになるのは、欧米の金融機関を完全に国有化することでしょう。それまでは、このトレンドは不変だと思います。

ちょっと多忙で更新ままならないですが… 応援いただけると嬉しいです ⇒  □■ブログ村■□


関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(0) |


<<【鷹鳩】だめな奴は何をやってもだめ… | TOP | 【鷹鳩】今週の見通し>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://takahato.blog112.fc2.com/tb.php/154-0a0c7e9a

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。