プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/09/21 (Sun) 【鷹鳩】FXディーラー関連のお勧め本

秋の夜長に、読書いかがっすか?

今回紹介するのは 東京外為市場25時 伝説のディーラー です。

densetsu.jpg

これは1988年に出た『8割の男』という本のリメイク。私が為替のディーリングルームに配属されたばかりの頃、先輩から『とりあえずこれ読んどけ』と『8割の男』を手渡されたのです。

今でこそ、取引はほぼ電子化されてますが、1980年代は電話だったりボイス・ブローカー経由の取引でした(よくTVでホワイトボードの円卓を囲んでいるアレです)。

為替のレートも140.50-80 とスプレッドが広い広いw 時代を感じます。

そんな中、主人公の一輝は『特技:ポーカー』と書いたことから外資系の銀行に入社、ディーリングルームに配属されます。次から次へと現れる、他社のライバルディーラーたちとしのぎを削ってポジションを取り、巨額の収益を生み出していきます。そして、結末は…。

実はこれは実際の人物をモチーフにした、半分ノンフィクションの小説です。なので凄くリアリティがある。読んでいて、自分もディーリングルームに居るような興奮を味わえます。なにより『へー、プロのディーラーってこんなこと考えているんだ』という勉強にもなります。

凄く読みやすいから2時間ぐらいで読めちゃいますよ。

ディーラー目指している学生さんなら必読と言えるでしょう。

応援お願いします~( ´ ▽ ` )ノ ⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします。


関連記事

書籍/DVDなど紹介 | trackback(0) | comment(0) |


<<【鷹鳩】GS・MSも消え、諸行無常の響きあり… | TOP | 【鷹鳩】今週の見通し>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://takahato.blog112.fc2.com/tb.php/144-cdfbb914

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。