プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/09/15 (Mon) 【鷹鳩】リーマン破綻は山一破綻だぁ??

ども。若干、やさぐれてます。明日からの仕事を考えると…。欝です。今にも、思い立って京都に行ってしまいそうです。ちょうど『そうだ、京都に行こう』のCMもやってますし…。誰か一緒に行きませんか…。

そんなわけで心中穏やかでないわけでして、普段は温厚な性格なんですが、イライラしている時におバカな発言をしているキャスターなどみるとちゃぶ台をひっくり返したくなります。激高のAB型です。

今回は『リーマンブラザーズが破綻、これは日本で言うと山一證券が破綻したのと同じ影響力ですね。日本経済にも大きな影響を与えそうです』というキャスターだか専門家のだかのコメント。

(゚Д゚)ハァ? それって国内4位っていう共通点だけじゃね???

別に山一證券のことを悪く言うつもりはまったくないんですが(山一破綻の時はまだ学生でしたしね)、山一の時とリーマンとでは全然違うんじゃぁ(#゚Д゚) ゴルァ!! 

前回も前々回も書きましたが、リーマンを相手方とするデリバティブ・為替・資金などなどの取引が沢山あるわけです。 リーマンは卑しくも大手米系投資銀行ですからカウンターパーティーとしてはメジャーな存在なんです。日本のドメスティックな証券会社とは訳が違う。その取引は履行されないと見る必要があるわけです。

さらに言うと、リーマンが組成したサブプライム関連商品があるわけで、ここまでいくとアンタッチャブルな領域でしょう。リーマンから仕組み商品を買った機関投資家も、もうどうしようもないわけでして、リーマン製商品の時価を出してくれるところも無くなれば、もうそれはゼロ評価に近い形になっちゃうんじゃないでしょうかね。様々な金融機関で追加損失拡大間違いなしでそう。ちょっと古いですが、『間違いない』っていう芸人さんがいました。誰か忘れましたが…。

なんでこんなことに…。それは⇒世界一?分かりやすいサブプライム劇場 を読んでください。

こんなことがリアルで行われてたわけですから。でもこれって20年前の日本と一緒なんですけどね。人間は何も学ばなかったということですね。

そうだ、京都へ行こう のCM大好きです。激しく同意の方⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします。


関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(0) |


<<【鷹鳩】バンカメ&リーマンブラザーズ | TOP | 【鷹鳩】リーマンとその先にある影響について>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://takahato.blog112.fc2.com/tb.php/137-bce21d3c

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。