プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/09/15 (Mon) 【鷹鳩】オプション講座 デルタが出るったい

リーマンブラザーズに友人が居るのですが、『朝起きて、自分の会社があるかどうか…。それが不安』とのこと。痛いくらい気持ちはよく分かります。でも上には上(下には下?)がいるようでして、大学の友人いわく『部活の後輩がアーバンに就職してんやけど…』。もう『何も言えねぇ』ですね…。

さて、他人のふんどしで相撲を取りまくってきたオプション講座ですが、マリ○ァナもばれてしまいましたし、やはり自分で相撲を取らなくてはいけません。

今までのまとめ

【始めに】オプション取引が出来るFX会社⇒【SVC證券】 に口座開設

【鷹鳩オプション格言その1】
相場の上昇・下落に賭けるなら通常のFXが一番効率がいい! 
では、オプションは何に賭けるか? それは、相場が『(上下係らず)動くか・動かないか』『動くスピードが早いか遅いか』『いつごろ動くのか』などといったことなんです。

【鷹鳩オプション格言その2】
FXオプションで儲けるには『オプションの売り』が基本。ただし、適正にヘッジを必ず入れること

【鷹鳩オプション格言その3】
・利益の出やすいほどオプションは高い
・期間が長いほどオプションは高い
・ボラティリティが高いほどオプションは高い

【鷹鳩オプション格言その4】
・タイムディケイは、期間が短くなればなるほど一気に大きくなっていく。
・タイムディケイを取りに行くならATM売り

【鷹鳩オプション格言その5】
オプションの売りは、当初の見通しが外れた場合のメンテナンスがめちゃ重要

復習は FXオプションカテゴリ をご覧下さいね。

さて、前回の【鷹鳩】オプション講座-3 で、BS式では、オプションの価値は『現在のレート、フォワードレート、行使価格、期間、ボラティリティ』が分かれば求められることになってます。  ってあります。で、実際に期間をいじって、プレミアムの変化を見ていったわけです。さらにセータの概念をお話したと思います。

今回は行使価格をいじって見ましょう。

No.1

option091401.jpg

SPOT=107.90 Strike=107.75 1M ほぼATMのコールオプションです。価格は152pips/159pips

  No.2

option091402.jpg

SPOT=107.90 Strike=106.75 1M ストライクを1円下げてみました。コールオプションのストライクを下げましたので、インザマネー(ITM)になります。今、107.90なのに106.75で買うことが出来る権利なので、プレミアムも高目。彼氏オプション理論で言うと、良い男をゲットできる権利はむちゃ高いってことになります。214pips/221pips

No.3

option091403.jpg

SPOT=107.90 Strike=108.75 1M 男のレベルを1円下げてみましたw アウトオブザマネー(OTM)のオプション。今、107.90なのに108.75で買う権利ですから、本質的な部分では無価値。でも1ヶ月間の保証付きですので、そこに保険の価値が出てきます。101pips/108pips 

利益の出やすいオプションは高く、出にくいものは安い。当然です。今回は、そこではなく、『デルタ』 に注目して欲しいです。

No.1のデルタは数量10,000USDに対して5,085USD。表記の仕方で色々あるんですが、ここではデルタ 50.85 と書いていくことにします。デルタ/数量 のパーセンテージですね。大事なことを書いておくと、『デルタ』はそのオプションが行使される確率に近似する ってことです。このオプションはほぼATMだと書きました。つまり、今の相場水準とほぼ同じ行使価格です。ということは行使されるかどうかは、半々。デルタは50(行使確率50%)ということ。

同様に見ていくと、No.2のITMオプションではデルタ60くらい。6割方、このオプションは行使されます。No.3は逆にデルタ40で行使される確率は40%くらい。

このことを意識すると、自分が取引しようとしているオプションが、どの程度の確率で行使されるのか、リスキーなものか安全なものかを測る物差しになるわけです。

基本、放置プレーなスタイルであれば、やはりデルタは低いものを売るべきでしょう。証拠金をいっぱい用意して、ローデルタ(デルタの低いもの)オプションを売って稼ぐ、というのは、よくあるスタイルのひとつです。確率論的に、勝ちやすいです。

FXでは上がるか下がるか、今のレートからしか勝負しかできませんが、オプションを用いれば、勝率を自分で設定することが出来るわけです。極端な話、デルタ5とかデルタ10くらいのオプションを売れば、勝率9割以上でしょうね。そういう風にできてますから。

デルタについては、もう一個大事な話がありますので、それはまた次回。

ぽちっとなが多いと、次も頑張ります⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします。


関連記事

FXオプション | trackback(0) | comment(2) |


<<【鷹鳩】Lehman Brothers 破綻 鬱だ死のう | TOP | 【鷹鳩】今週の見通し>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 


あのまま上二桁で、%と見ればよかったのですね^^ φ(゚ー゚=)メモメモ

次回、楽しみにしております^^

2008/09/15 04:05 | のんきなママ [ 編集 ]


 

お仕事がお忙しい中に
力のはいった更新ありがとうございます。

いつも今のドル円相場に当てはめて自分なりに考えてます。

(あくまで自分で節目と考えているポイント)

■110.6~111
■109.1
■105.5~105

今しばらくはこの節目を超えない変動だと考えたとしてオプションでは何処で売リをいれて、FXと組み合わせると勝ちやすくなるのか足りない頭をひねってますw

2008/09/15 12:24 | doru [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://takahato.blog112.fc2.com/tb.php/134-92dc193c

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。