プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/09/06 (Sat) 【鷹鳩】オプション講座 他人のふんどし編2

しかし、今週は凄まじい円高相場でした。

結構、大きく儲けることが出来た方も多いのではないかと思います。というか年に何回かある大きなちゃんすでした。そうでない方は…挽回しましょう 。

さて、前回 【鷹鳩】オプション講座 他人のふんどし編 で紹介した toyolabさん が、オプション取引の詳細を更新してますので是非!見てください。参考になりますよ。

ちょいと解説しますと、 当初、戦略の1.4720をストライクにしたコール売り・プット売り戦略でしたが、思いのほかEUR/USDが下落したため、1.4720プットは間違いなく行使されると睨んでスポットでEUR/USDを売りました。さらにストライクの低いEUR/USDコールを売って、今度はEUR/USDの更なる下落を見込んだポジションに移し変えて、無事しのいでいます。損益もほぼトントンになってます。

オプションは、当初考えていた戦略がうまくいっているときは放置でいいんですけど、それが外れた場合はメンテナンスが重要なんです。損失があっという間に膨らみますからね。そういう意味で非常にうまくメンテナンスされてます。

敢えて挙げさせて頂けるなら、【鷹鳩】FXオプション講座-1 でも述べてますが、『相場の下落にかけるならばスポットでもよかったのではないか?』ということです。たぶんそのほうが効率はよかったんじゃないかなと思います。また、タイムディケイを取りにいくならアットザマネーのオプションです。なぜなら、タイムディケイの指標となるガンマやセータはアットザマネーの時、最大となるからです。実際、インザマネーのオプションはあまり取引されてません。

と、書いていて全然易しくないことに気が付きました…。説明するのって難しいですね。。

最初は、short CALL、long PUT とか混乱してきますけど、慣れです。やはりデモでいいから、自分で一回オプションのポジションを持ってみることですね。

なんでもコメントお待ちしております⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします。


関連記事

FXオプション | trackback(0) | comment(6) |


<<【鷹鳩】今週の見通し | TOP | 【鷹鳩】大荒れの海は危険>>

comment











管理人のみ閲覧OK


大変参考になります! 

こんばんは、いつも楽しく読ませていただいておりますJakuです。

鷹鳩さんのブログでオプション取引の有効性を知り、現在勉強中であります!

今後の更新も楽しみにしています。
頑張ってください!(応援ポチッしておきました)

2008/09/06 23:53 | Jaku [ 編集 ]


 

こんばんわ^^

恐ろしく基本的な質問なのですが、ご存知の通り、よく勝手な勘違いをするので、確認のために・・・(; ̄ー ̄川 アセアセ

「short CALL」は「コールを売る」
「long PUT」は「プットを買う」
で、合ってますか?

あと・・・
勝手に要望させて頂くなら・・・

「デルタ」と「ボラティリティ」を、実際にどう使うか?と言いましょうか、どうやって見たら良いのか?と言いましょうか・・・そんな感じのを、またお時間のある時に教えて下さいm(*- -*)m

例えば。SVC証券の「デルタ」のとこを見ると、「%」じゃなく「USD」と書いてあるし、ボラティリティでも日経255とかのなら、チャートがあるみたいですが、FXオプションは発見できず・・・

いつまでたっても不思議なままで (;^_^A アセアセ・・・

2008/09/07 04:49 | のんきなママ [ 編集 ]


 

toyolabです。再び取り上げていただき恐縮です。
ITMのオプションは、あまり大きな下落も期待していなかったので、試しにやってみたのですが。
でも、ITMはあまり取引されていないのですね
。参考になります。

2008/09/07 11:22 | toyolab [ 編集 ]


ありがとうございます 

>jakuさん
ありがとうございます。
是非オプション始めましょう! 
パズルみたいで楽しいですよ。

>のんきなママさん
「short CALL」は「コールを売る」
「long PUT」は「プットを買う」
で、合ってますか?
合ってます!!

デルタは難しいんですけど、
%でもありUSDでもあるんです。
例えば、アットザマネーのオプション。
デルタは50ですね? で、数量を10万ドルにしましょうか。

行使か放棄は50%です(50デルタだから)
一方で相場が動いた時の、このオプションの価値の変化は10万ドル*50%で5万ドルになります。10万ドルのオプションなんだけど、行使か放棄かは50%。なので実質5万ドルのFXポジション、って考えるわけです。

ギリシャは後にまとめてやります。

>toyolabさん
また勝手に紹介してしまいました。。すみません。インターバンクではITMオプションはほとんど見ません。余りやる理由が無いからですね。

2008/09/07 23:24 | 鷹鳩 [ 編集 ]


hajimemashite 

いつも読ませていただいてます。
為替オプションにはまり始めて半年ほど。売りだけでやってます。これからも参考にさせてください。
今回の円高相場では、たしかにオプションよりもスポットのショートのほうが効率がよかったですよね、鷹鳩さんはポイントをかなりついてらっしゃるので呼んでてためになります!!

2008/09/08 02:26 | PS [ 編集 ]


 

正直、1回通して読んでも理解できませんでした。慣れである、デモでもいいからポジションを持つというのは、非常にわかりやすい。スキーも、本読んでるだけではすべれないもんね。ポジション持ったあとに、緻密、複雑な、損益マネージメント計算が必要だということはよく解った。私,アウトです。
個人差はあるにせよ、FX初めて、何年目位でオプション取引までするんでしょうね?すごく計算するポイントをみつけるのが難しそう。 私、100年以上かかるかも。。。
ただ、こういう取引があるというのを知って
大変参考になりました。

2010/04/11 09:10 | ぼんこ [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://takahato.blog112.fc2.com/tb.php/127-b613e9aa

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。