プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2016/09/25 (Sun) 個人型確定拠出年金(iDeCo)を斜め23.4度から見る

個人型確定拠出年金(愛称:iDeCo)がいろんなところで取り上げられています。先に言っておくと、活用すれば様々なメリットを享受できる素敵な制度です。ただ、そのメリットをフルに使えるのは限られた人のように思うので、今一度考えてみたほうが良い点を徒然と。

iDeCoのメリットについてはググるといっぱい出てくるので割愛します。そもそも拠出できる金額が小さいのでどうでもいいじゃん、と言われると身も蓋もないのですが。

1. 原則60歳まで引き出せない

この制度はあくまで年金制度なので、原則として途中で解約することができません。一応、解約時(脱退一時金)の規定があるのですが現実的ではないような。

脱退一時金として受け取れるのはどのような場合ですか?(三菱東京UFJ銀行)

制度に加入して日が浅くて残高が小さい場合で… そんな状況で脱退するなら最初から加入しないほうがいいです。60歳まで引き出せないので、これからお金が必要になる人(例えば住宅購入や教育費など)は、まず貯蓄かNISAを活用したほうが良いでしょう。そんなの当たり前やん、かもしれませんが、予定外の出費もあるわけで(けが病気、天災、不幸、子どもが留学したい、離婚慰謝料、黒塗りの高級車に追突など) それらにそなえた充分なバッファがあってから検討してもいいのではないかと思います。今後のキャッシュフローを厳しくして老後に備えるなど本末転倒。

2. 課税所得が減る

拠出金が所得控除になるので節税になる、というのが大きなメリットとして謳われていますが。課税所得を基に走っている制度に影響が出てきますね(ニッコリ その一つが住宅ローン控除。住宅ローン残高の1%が税額控除されるというお得なやつですが、iDeCo拠出で課税所得が減れば、場合によっては税メリットが最大限取れない場合があります。モッタイナイ。

もうひとつ。ふるさと納税。ふるさと納税できる限度金額は所得税、住民税がもとになっているので、課税所得が減ると場合によっては送られてくる牛肉や蟹がひとつ減るかもしれません。なんとモッタイナイ!

60歳時に受け取る年金よりも、税額控除や牛肉・蟹を今すぐもらったほうが効用が高いと思います。 

3.受け取り時に税金が掛かる

積み立てた年金を受け取るときに課税されます。一時金で受け取るなら退職所得、年金で受け取ると雑所得になる…。しかし、よく考えると、企業が支払う退職金に課税→わかる 自分で拠出したお金に課税→??? ホワァァイ!コウロウショウピーポー!

お得な退職所得控除が使える、使えるけどその控除額って企業からの退職金と合算なんですよね。退職金がいっぱい出た場合、iDeCo部分に大きく課税される可能性もあります。最悪、税金によって運用益どころか元本も棄損する可能性が微レ損。

拠出時のメリットが殊更強調されてるけど、本当は受け取り時のプランニングも今からしとかないといけないんですよね、あんまそういう話は聞かないけど。

ということで

素人なりに個人型確定拠出年金(愛称:iDeCo)斜めから見てみました。そもそも拠出できる金額が小さいのでどうでもいいじゃん、と言われると身も蓋もないのですが。

ちな、私はこの制度には乗りません。なんといっても20年、30年におよぶロックアップがきつすぎます。超長期にわたって流動性を犠牲にするのに相応しい流動性プレミアムがあるわけでもなし。であれば貯金でいいし、投資したいならNISAでいいし、NISAの枠使い切ったら普通の投信や証券口座でいいし。今を楽しく生きればいいし

スポンサーサイト

年金 | trackback(0) | comment(0) |


2016/09/21 (Wed) 日銀だ! ボラの提供に定評がある日銀だ!

ひと雨ごとに秋の気配が感じられる今日この頃。日本銀行も「芸術の秋 政策の秋」ということで新たな一手を打ったようです。と言っても難しくて私にはよく分かりません…。解説を一通り読んでみて、しっくり来たのはこの辺でしょうか。

ちょい難しめ:コラム:遠のく日銀追加緩和、11月も温存か=河野龍太郎氏(ロイター)
分かりやすい、見解がきっぱり出ている:日銀による長期金利操作で日本国債はどうなってしまうのか(ヤフーニュース)

たぶん詳しいお人方に言わせればいっぱいあるんでしょうけど、ポイントは短期の金利に加えて、長期金利をもコントロールするという所でしょうか。イールドカーブ、つまりおっぱいに例えれば貧乳だったものを乳頭にかけて盛乳するわけですね。短期の金利と長期の金利の差がある程度でてきてイールドカーブが勃つことをスティープする、スティープニングと言います。しかし、本来、金利はマーケットによってその水準は形成されるわけですから、今回の政策によって「作られた金利、造られたおっぱい」で、債券市場が機能停止したという声もあります。

3fea11097d0b91895a19392bd69dd664.jpg

銀行は一般的には長短金利差があったほうが利益が出ますので(この水準でそこまで影響あるかどうかは疑問ですが)、銀行株が買われて盛り上がった感じでしょうか。つまり銀行員は巨乳好きということです。私も銀行員でした。

一方で、金利のターゲットを定めた以上、国債の買い入れ額の減額の可能性が出てくるのではないか、緩和縮小(テーパリング)ではないか、という見方もあります。会見以降のドル円がウォール街状態は、そんな見方が広がったのではないでしょうか? なんにせよ、日銀の政策にベットして長く乗り続けるのは無理ですね。102円後半から2円近く下げてますね、ドル円。

ボラの提供には定評のある日銀ですから。

QLBjufDR.jpeg

関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(0) |


2016/09/11 (Sun) AJPC即飛び/小波

CsCMmvNUkAA35Aq.jpg


AJPCに参加してきましたが… Round2で飛びました(笑) プレイ時間はわずかに40分という。反省。

ポーカーの肝はトレードとほんと似ている(しつこい)。 勝てる手で大きく勝って、弱い手は早々に降りること。もうちょっと言うと、ハンドや自分のポジション(ここでは位置という意味)、相手プレイヤーのレベル・スタイル、追加で投資するチップに対して得られるチップはオッズ(割)に合っているかどうかを勘案し、自分に優位性があると思えるときに大きくベットして大きくチップを稼ぐということ。優位性が無いときはダウン(降参)する。

実際、9人くらいでやるポーカーの適正と言われている参加率は20~25%。つまり4~5回に1回しか参加しない。残りは観てるだけになる。常に市場が気になってポジションを張りたくて張りたくてしょうがないのはダメということですね、分かります。今日は分かってなかった… (´・ω・`) 

ということでポーカーもトレードも規律が大事というお話でした(しつこい)。

全然話は変わりますが、以前から興味があって追っかけて、いろいろと調べてたプロダクトと運用戦略がありまして。せっかくなので?、実弾(っても100万円ですが)入れてリアルトレードでやってみることにしました。サボり魔なので、きちんと記録するためにチャートを作ってみた。じりじりと小波で増えていくイメージなので戦略名:小波ちゃん(小並感

ルールベースの運用でバックテストでは恐ろしいほどのリターンがあるけれども…ほんまかいなという気持ちもありので。詳しい内容はまた次回。

小波ちゃん | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。