プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/07/11 (Mon) 原発事故に関する過去の記事【鷹鳩】

このブログ以外にCFDステーションというサイトを共同で運営しています。

そこで2年前、2009年の3月に書いた原油に関する記事が今になって驚きの的となっているので、鷹鳩ブログで掲載。自分でもちょっとびびった。





で、実際にこのクラック・スプレッドを使ったトレードについて記述がある小説があるので、それを引用しましょう。

物語の主人公はコモディティトレーダーの秋月さん。どうやら東京電力が原発事故を隠蔽していたらしいという情報を手に入れたところから始まります。この情報を仕入れて秋月はどのようなポジションを取るのでしょうか?

秋月はしばらく考えを巡らせてから、黒い革張りの椅子から立ち上がった。

 ガラスのドアを開け、イギリス人主任トレーダーの傍らにいく。

 「ガソリンは売りだ。先物で売って、重油を買え」

 「なぜ?」

 イギリス人は、黒い革張りの椅子にすわったまま、秋月を見上げる。

 「TEPCO(東京電力)の事故は、原発10基以上の大規模なものらしい」

 秋月の言葉に、イギリス人は、ほう、という顔で片方の眉を上げる。

 「かなりの数の原発が稼動停止になる。代替燃料の重油を確保するのに、東電は石油会社に圧力をかけて重油を増産させるだろう。そうすると日本国内でガソリンがだぶつく」

 「なるほど……」

 原油を精製する過程で、軽油や灯油をC重油生産に振り替えることは容易だが、ガソリンからC重油に転換することはほぼ不可能。したがって、C重油を増産すれば連産品のガソリンの供給が膨らみ、価格が下落する。

 重油の買いを組み合わせるのは、ポジションが相場全体の動きに影響されないよう、裁定取引にするためだ。


黒木亮『エネルギー』より




…。んー、鷹鳩はこういう小説を読むと快感です。エクスタシーですww

ちょっと解説しますと、原発が事故隠蔽で10基も運転停止になりそう。なので東京電力は火力発電所を使うことになります。火力発電に使うのは重油。その重油が大量に必要になってくるわけです。なので重油は値上がりしそう。

一方で、原油から重油を精製すると一緒にガソリンも産まれます。このガソリンは重油に転換することが出来ないのでだぶついて値下がりするだろうってこと。

なので秋月さんはガソリンショート&重油ロング スプレッドをやろうとしたわけです。

わかっるかな~?? このトレード・アイデアの美しさ^^;






っていう記事をかいたとです、2年前に。

この小説のシチュエーション…今じゃん!( ゚Д゚)


やっぱ黒木学の小説は凄い…。


ぽっと応援お願いします

関連記事
スポンサーサイト

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(0) |


2011/07/10 (Sun) 自治体の破綻もすぐそこまで…【鷹鳩】

書こう書こうと思っていたネタを。暑いとなかなかブログが億劫になりますな(笑)


兵庫・朝来市 30日にADR申請 仕組み債で含み損12億円(産経)

為替相場に連動したリスクの高い「仕組み債」などで基金を運用し、約12億3千万円の含み損を抱える兵庫県朝来市は28日、販売元のSMBC日興証券(東京)など4社に額面総額の支払いを求め、私的整理の手法であるADR(裁判外紛争解決手続き)を30日に大阪市の第三者機関に申請すると発表した。総務省は仕組み債をめぐる自治体のADRは「把握していない」としている。

 市は昨年末から一部の販売元と任意の売却交渉などを進めてきたが解決できず、裁判より時間も費用もかからないADRの活用を決めた。「リスクを認識できる十分な説明がなかった」と販売元の説明義務違反などを主張しており、ADRによる和解斡(あっ)旋(せん)が不調に終わった場合、再度の直接交渉か訴訟を検討する。

 市は平成18~20年にかけ、財政調整基金などを運用するため米ドルや豪ドルと連動した債券を購入。償還分を除き約61億5千万円の契約が残るが、円高の進展で5月末の評価額は49億1千万円に落ち込んでいる。満期を迎える30年後まで解約できない契約で、市の基金の53%が事実上の塩漬け状態になっている。




仕組み債で損失ってのはまぁよく聞く話ですけど…。

関連
【鷹鳩】AUD/JPYは600円もありうべし!? サイゼ~リア、サイゼ~リア
【鷹鳩】サイゼ~リヤ サイゼ~リヤ



事業会社、学校法人ときて地方自治体。
そしてADRを申請…。

ADRというのは、裁判外紛争解決手続のことですが、早い話が私的整理です。
にっちもさっちも行かなくなった会社なんかが、金融機関に債権の放棄をお願いしたり条件を緩和してもらったり。
法的倒産を避けるための手法として注目されてます。

消費者金融のアイフルなんかもADRを利用して会社の再建を図っています。
しかし、地方自治体がADRというのは初のこと。昔、夕張が財政再建団体に指定されたってケースはありましたけどね。

詳しくは出てませんが、おそらくこの仕組み債はPRDC債でしょうね。

みための利回りは凄く高い(5%-10%とか)のですが、いったん円高に言ってしまうとどんどん利回りが下がっていき…最悪0%になってしまうというもの。しかも途中解約不可で20年も30年も資金が凍結されるという…。

怖いのはこの手の仕組み債を購入しているのは何も朝来に限ったことではないこと。
日本各地で同じような含み損を抱えた自治体がいっぱいありますよ。そのうち火を噴くんでしょう。

ただ、金融機関が嵌めたって論調には全面的には賛成できないですね。

朝来市も金商法上のプロの投資家。プロ同士の契約であったのです。
もちろん金融機関も虚偽の説明をしたおであれば罰せられるべきでしょうが。

運用がうまくいってたら何も言わず、損したら「金融機関が説明不足」。
高い利回りに目がくらんだのは…あなたじゃぁないですか??



ぽっと応援お願いします

関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(3) |


2011/07/04 (Mon) ゆたか証券もディーラー募集【鷹鳩】

以前、個人トレーダーからプロトレーダー【鷹鳩】という記事でも取り上げましたが、証券会社が一般個人投資家からディーラーを募るケースが出てきています。

前回は三晃証券でしたが、今回は豊証券からの募集。

0704.png

気になる給与の話もはっきりと書かれています。

月間ネット収益が300万円の場合
年収1,260万円
固定給:50万円×12ヶ月=600万円
歩合給:{(300万円×3ヶ月×35%)-(50万円×3ヶ月)}×4回=660万円


とケースを上げてくれているので分かりやすいですね。

腕に自身のある方、個人トレードから組織でのトレードに興味がある方、金融機関のプロとしてお互いを高めあって生きたい方、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

豊証券 ディーラー募集


ぽっと応援お願いします

関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(0) |


2011/07/02 (Sat) ちょっとまった ブラジルレアル【鷹鳩】

8b0e4c5386705650e0586c63d9037c4e.jpg


先週の日経ヴェリタス『個人投資家 七転び八起き』にこんなコラムがのってまして、ワタクシは衝撃だったのです。うる覚え&大人の事情でまんまのせれませんが、だいたいこんな感じ。


なじみの中小証券の営業マンがやってきた。またノルマに困っているのかしら。
『孫だと思っているんだからね』。若くて純朴な風情に情にほだされれついつい色々と買っている。

今回は『スウェーデン輸出信用銀行のブラジルレアル建てディスカウント債
なんでスウェーデンの銀行がブラジルレアルで日本で債券を売るのか理解できないけどまぁいいか。
7%で回るみたいだし。

「リオオリンピックまでは大丈夫ですよ」と営業マンも言ってるし。



…。金融営業の最前線ではこんなやりとりがされているんですねぇ。お客さんと仲良くなることは重要なことですが…。情にほだされてってね、いいんかいな^^;

さて、このスウェーデン輸出信用銀行のブラジルレアル建ディスカウント債。やたら長ったらしい金融商品名ですが、じつはこのブログに検索で来る方の検索ワードで多いのが、この『ブラジルレアル』『ディスカウント債』というワードなんですね。

上で出てくる年配者の方も言うとおり、単語がつらつら並んでて分かりにういっちゃ分かりにくい。なので、こういうのは分解していくと商品の中身が分かります。


で、ググってみたら色々と出てきました。たとえば東海東京証券のもの。こちら

注意点をばいくつか。

■みかけの利回りはあくまでブラジルレアル建て
為替相場が動けば利回りは大きく動きます。ましてブラジルレアルなんてホットな通貨ですからね。過去には69円から37円まで落ちたこともあります…。

■大きな為替手数料
売りやすくするために『債券購入にかかる手数料はゼロですよ~』なんてセールストークがあるかもしれません。たしかに債券購入手数料はゼロかもしれませんが、ブラジルレアルに両替するときに大きな為替手数料を取られます。今、ブラジルレアルはだいた50円くらいですが、手数料が2円(1.5円のところもあるようです)、じつに4%の手数料がかかる計算です。中途売却の場合もしっかりととられます。
酷いところだと、償還時にもかかるようです。

■円貨決済型
ブラジルレアルは通貨取引の規制があり、自由に通貨を売買できません。なので、償還時にレアルのそのまま受け取ることが出来ません。つまり円高になっていてもレアルのまま円転するタイミングを待ったり、再度ブラジルレアル建の商品に投資するといったことができないのです。(再投資するとまた為替手数料が…)


っつーことで、個人的には色々とチャージされるものが大きくて魅力無いなぁと感じております。新興国の成長にかけるならブラジルそのもの(ブラジル企業の株や債券)に投資したほうがいいでしょう。それも出来るだけコストの低い手段で。

スウェーデン輸出信用銀行はスウェーデンの政府系金融で信用力はめっちゃ高いのです。
そういう発行体の出す債券がなんでそんなに高利回りになるのか。冷静に考えればアレですよね。



ぽっと応援お願いします

関連記事

資産運用 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。