プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/09/17 (Fri) 単独介入は寂しい…【鷹鳩】

cnybil.jpg為替介入初日以降、なかなか追撃介入がなくUSD/JPY相場はふらふらしていますね。82円防衛ラインなんておバカなことを言ったので投機筋が狙ってくるかと思いきや、やはり一瞬でふっとばされる警戒感も強くこう着状態です。86円近くは売りたい人が結構いるらしく、売りのオーダーが入っていると聞きます。

さて、為替のレベル感以外にももしかしたら、意外と外交コストが高くついてしまうため追撃介入を控えているのかもしれません。

まず欧州からは…
続きを読む前にぽっと応援お願いします

関連記事
スポンサーサイト

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(4) |


2010/09/16 (Thu) 為替介入後の世界【鷹鳩】

日本銀行本店いやーついに入りましたね為替介入。ぼけーっと83円割れを見ていただけに結構なサプライズでした。いきなり目の前の為替のチャートに縦線が入ったのでかなりビックリしましたよ(笑)
これは、様々な金融機関のアナリストの方もサプライズとのコメントを出しています。私もやるやると言いながらも、他国の協力が得られないならやるんかいな?と懐疑的でしたが…。

とりあえずは介入成功と言えるのではないでしょうか。ドル円は82円台後半から一気に85円台半ばですからね。今回は介入にしても面白い点があったので、それについて呟きたいと思います。

まず…
続きを読む前にぽっと応援お願いします

関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/14 (Tue) お一人様チェックw

金融やマーケットとはまったく関係ないんですがw Sarahさんのブログの記事でおひとり様チェックというのがあって ちょっと面白かったのでつい…。

といっても、私はお一人様肯定派です。最近、瀬戸内寂聴さんの『孤独を生ききる』を読みました(笑)人は生まれて死ぬまで孤独な動物…だそうで。
まぁ、寂しさにはとても耐えられませんが、結局は孤独というのはなんとなく共感できますね。

それから、これも最近興味があるのが般若心経。こちらは『世の中は常に変わり行くものであるから、今、五感で感じているものは全て実体の無いものである』といった事。こちらも、なんか今の私にはすっとくるんですね。ちょっと疲れているのかな(笑)

で、おひとり様チェックですが…
続きを読む前にぽっと応援お願いします

関連記事

お笑いネタ | trackback(0) | comment(3) |


2010/09/13 (Mon) リーマン破綻から早2年【鷹鳩】

leh.jpg9.15はリーマンブラザーズ破綻の日。あの日から早2年が経とうとしています。もう2年なのかまだ2年なのか…。とにかく歴史上最大の金融破たんであり、影響を及ぼした事件であったことは間違いないでしょう。

その影響はリーマンショックとして、歴史にも名を残す事になると思います。何が起こったのか…。歴史の教科書にも載るかもしれませんね。そこで(?)今日は当時の鷹鳩ブログを引っ張り出してきて、リーマン破綻直後のマーケットの雰囲気を味わってもらえたらと…。

では…見に行きますよ…焼け野原を…リーマン直後のね…
続きを読む前にぽっと応援お願いします

関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(2) |


2010/09/09 (Thu) 渡辺婦人に魅せられて…【鷹鳩】

a0001_011518.jpg東京金融市場の地盤沈下が叫ばれて久しいです。実感ベースですが、もうアジアの中でも金融市場に関しての東京の地位は、シンガポール、香港よりかは遥か下、上海やソウルよりも劣るといった感覚…。海外のファンド勢は次々と東京事務所を占めて香港に移っていきます。なにも中小のファンドに限らず、そこそこな規模の欧米金融機関も然り。

で、東京の金融市場で働く者にとっては先行き真っ暗なわけですが^^; リスクヘッジのために英語のブラッシュアップと中国語の初歩を始めています。

さて、そんな暗い話題の中、東京の地位が上がったという明るいニュースも。

世界の為替取引は1日4兆ドル、東京3位に浮上=BIS調査(ロイター)

国際決済銀行(BIS)は1日、世界の為替取引に関する3年に一度の調査(2007年─2010年)結果を公表した。世界の為替取引額(1日当たり)は3年間に20%増加して4兆ドルと、ドイツの国内総生産(GDP)にほぼ匹敵する規模になった。

 けん引役となったのはヘッジファンド、保険会社、中央銀行、その他ノンバンク。また電子取引の浸透で個人投資家の参加も増えた

取引市場はやはり英米が他を圧倒。1位を維持したロンドンは1日当たりの平均取引高が約25%増加し1兆9000億ドルと2位の米国の2倍強だった。

日本は、取引が大幅に増加した結果、シンガポールやスイスを抜いて3位に浮上した。


これは…まさに日本の貴婦人、ミセスワタナベのおかげですな…

ミセスワタナベをご存じない…?
それは…
続きを読む前にぽっと応援お願いします

関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。