プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/07/31 (Sat) 勇気100倍!! 給与は3倍【鷹鳩】

wall.jpg今年は異常なほど暑いですね~。それでも日中ほとんど室内にいますから楽なほうなんですけどね。たまに外出することがあるんですけれど、営業の方でしょうか。スーツにネクタイでオフィス街を闊歩している男性…。見ているこちらが暑くて暑くて…。

かくいう私も、新入社員のころはまったく同じ状況でした。まだそのころは『クールビズ』なんて言葉もありませんでしたし、規則に厳しい銀行でしたので、真夏でもスーツ・ネクタイ着用。新人なので自転車で外回りしてましたよ。もうだめ~と喫茶店に逃げ込むと、先輩がたが集まっていたり(笑 まぁ、ドラマや小説でよく出てくる銀行員像ですよね。いわゆるソルジャーと呼ばれるやつ。


でも、この人たちはそんな外回りとは無縁でしょう。



野村HD:給与3倍のグローバル採用に新卒40人内定-超難関(ブルームバーグ)

野村ホールディングスは2011年春から新たに導入する「グローバル採用」に40人の学生を内定したことが分かった。投資銀行業務など専門性の高い分野を担当し、初任給は従来の約3倍近くとあり、競争率は16倍の超難関となった。

複数の関係者によると、採用内定者は約650人の応募学生の中から書類審査や複数回の面接を経て選抜された。就業すれば、ボーナスなどを除き年間で650万円の給与が支給され、海外勤務の機会も与えられる。野村ではこのほか初任給が240万円程度となる通常枠でも来春、560人を採用する計画だ。

野村HDでは、高度な専門知識・技術を駆使して国際金融市場で多額の利益を稼ぐモルガン・スタンレーやゴールドマン・サックスなどを就職先として選択する傾向のある優秀な学生を確保・育成する目的で、この新たな採用枠を設定した。応募者にはTOEIC860点以上のスコアや会計・法務の知識などが求められる。

今回内定が決まったグローバル採用の40人は、株式・債券引き受けやM&A(企業の買収・合併)助言のほか、グロバール・マーケッツ部門でトレーディングなどを担当する。勤務は4月1日からとなる。




ついに新卒採用までも外資化ですねぇ、野村は。みなさんもご承知の通り、野村證券はリーマンブラザーズの一部を買い取ったわけです。なので今も元リーマンの社員と野村の社員が一緒に働いている。それを合図に野村は外資系の体質へ大きく舵を切ったと言われています。

例えば、本部社員は今までの総合職からリーマンと同じような単年契約&年俸制に移るように提案したり。ミーティングは英語にしたり。いろいろリーマン流にしたとか。

今回の採用もその一環でしょう。

詳しく見ていくと…

続きを読む前にぽっと応援お願いします

関連記事
スポンサーサイト

金融機関 | trackback(0) | comment(0) |


2010/07/10 (Sat) 黒木亮『トリプルA』

 黒木亮『トリプルA』を読了。この人の著作のリアリティには毎度驚かされる。その場で働いていたいとしか分からないような雰囲気、会話の中の言葉遣いややりとり。圧倒。

この本は格付け(AAAとかBBとか)を取り巻く複数の主人公の話。格付けは投資家の利益のための道標となるべきだと理想に燃える事物もいれば、収益のために格付けビジネスにのめりこむ人物もいる。また発行体として格付け取得や維持のために奔走する担当者も。

先のサブプライムショックの片棒を担いだ格付け会社って論調もありますが、その実態が余すことなく描かれていると思います。収益のためビジネスのために格付けを甘くしてやろう。統計的にデフォルトはありえない。だからAAA。そんなやりとり。

そんな発行体と格付け会社との癒着を断ち切るために、金商法改正で格付け機関の登録制が導入され。なんか聞いた話だとS&Pとムーディーズは登録申請しないとか。彼らは黒目からは撤退するのかな…。それはそれで困るんだけど。


応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

関連記事

書籍/DVDなど紹介 | trackback(0) | comment(1) |


2010/07/06 (Tue) スペインからちょっと嫌なニュース【鷹鳩】

01_img02.jpg
さぁ今日からW杯は準決勝。決勝へ進むのは何処の国なんでしょうね。予選リーグでは欧州の不振が取りざたされていましたけどベスト4には3国ですからね。やはり強い。

さて、その欧州3強の一角スペインですが、なにやらスペインから嫌~なニュースが聞こえてきました。

スペインの貯蓄銀行、住宅ローン損失隠しの可能性-クレジットサイツ(ブルームバーグ)

スペインの貯蓄銀行は、住宅ローン担保証券(RMBS)から不良債権化したローンを自ら引き取ることで、住宅ローンの損失を隠している可能性がある。独立系の債券調査会社クレジットサイツが指摘した。
  クレジットサイツはリポートで、カハと呼ばれる貯蓄銀はこうしたローンを自らの帳簿に載せることで、RMBSの格下げを回避したと説明している。
  同社は1360億ユーロ(約15兆円)規模の住宅ローンを担保とするスペインのRMBS143銘柄をサンプル調査した。このうち約45%は貯蓄銀が組成したもの。貯蓄銀からローンに関する情報提供がほとんどない一方で、RMBSのパフォーマンスに関する投資家リポートは資産の質が商業銀のものに比べ劣っていることを示唆したという。


嫌な雰囲気がぷんぷんしてきますよね^^; もともとスペインはリーマンショックが起こる前までは相当な住宅バブルでした。スペイン国内はもちろん、欧州から多くの投資資金が流れ込んで住宅・不動産を購入していったという流れがある。そこにリーマンショック…。影響は推して知るべしと言う感じですが…

上の記事ではこういうことも書いています。それは…

続きを読む前にぽっと応援お願いします

関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(0) |


2010/07/03 (Sat) ストレステストって?【鷹鳩】

a0001_011518.jpg『人気のないところでふいに壁を殴ってしまうことがある』『寝つきが悪い。熟睡感が無い』『胃の調子が悪い。食欲が無い』。。ストレステストと言うとこんな感じですね。(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

最近、欧州金融機関のストレステストの話が話題にのぼります。新聞・ニュースではストレステスト(資産査定)と書かれていますがもうちょい詳しく見ていきたいと。

恐らくは元々はIT用語だったんだと思います。ハードウェアやソフトウェアに短時間に大量のデータを与えるなどの高い負荷をかけて、製品が正常に機能しているか調べるテストって説明がありました。で金融に使われて

マーケット(金融市場)での不測の事態が生じた場合に備えて、ポートフォリオ(ポジション)の損失の程度や損失の回避策を予めシミュレーションしておくリスク管理手法をいう。iFinance

となったのかと。

過去の歴史を見ると、10年や20年に一度など、時として金融市場では、ブラックマンデーやアジア通貨危機、リーマンショックなど、通常の市場環境下では考えられないような大幅な価格変動が起こりうることがある。このストレステストでは、一般に発生確率が低いと考えられるリスクシナリオをいくつか用意すると共に、ヒストリカルデータから異常な環境下のものを抽出し、その発生確率や変動パターンを当該シナリオに当てはめ、現在のポジションが抱える潜在的なリスク量を計測し、不測の事態に備えることが目的である。

つまりは、過去の最悪のシナリオを想定して(恐らくリーマンショックでしょう)、そのときの資産の価格変動をシミュレーション、金融機関がその損失に耐えられるかどうか、ということを審査するってのがストレステストです。

ただ今回の欧州ストレステストで懸念になっているのが…

続きを読む前にぽっと応援お願いします

関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(2) |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。