プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/10/26 (Mon) 冬が始まるよ♪【鷹鳩】

いや、かなり年代物のマッキーの曲ですが…。『冬がはじまるよ』





分かる人は、多分、私と同年代…w

てなわけで、今日から欧米欧州は冬時間ですよー。指標なんかは昨日より1時間遅れますから注意ね。

*欧州だけですね。欧米ではないですね。アメリカは11月頭から




参考になったという方は⇒応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

関連記事
スポンサーサイト

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(2) |


2009/10/14 (Wed) ドルは崩壊するか【鷹鳩】

ドルの下落が止まりません。ドル・インデックスという、通貨ペアではなくて様々な通貨に対してドルがどれくらい価値があるか、といった指数があるのですが(詳しくは⇒こちら

んでもってドルインデックスのチャートですが、きれいにダウントレンドを描いています。


1014dxy.jpg


昨年末にオバマ・ユーフォリアと米国財政危機でUSDが一瞬売られまくった時期がありました。そんときでもドルインデックスは77。今はそのときの安値をブレイクして75台に入ってきてます。トレンドは下向き。マーケットではド体制の崩壊もちょっとした小話で出てくるようになりました。

例えば⇒ドル代替資産はユーロか金か、投資マネーの受け皿で思惑交錯(ロイター)

市場では、ドルに代わる投資対象を探す動きが続いている。

あるファンドマネージャーは「通貨が信用しきれないという投資家心理を反映して金が買われているという側面があるが、(世界の)投資マネーの受け皿として金市場は小さすぎる。ドルの代替通貨として、ユーロが最も安定感がある」と話す。


それからちょっと前のニュースになりますが⇒原油取引でドル決済中止? 英紙「湾岸諸国が秘密裏に交渉」(日経)

6日付の英インディペンデント紙は、中東の湾岸諸国が原油取引でドル決済をやめる案を日本や中国、ロシア、フランスと秘密裏に交渉していると報じた。仮に実現すればドルの基軸通貨としての地位低下につながることになる。この報道を受けて外国為替市場で一時、円買い・ドル売りが進む場面もあった。
 同紙が湾岸諸国や中国の銀行業界の情報として伝えたところによると、ドルに代わる通貨バスケットとして、円や人民元、ユーロ、金、さらにサウジアラビアなどが計画する統一通貨などを組み込む案が浮上しているという。




うふーん。世界中でドル離れが起こっているようですね。まぁ、巨大赤字や世界の多極化を考えれば当然かもしれませんが…。さて、いまこの話題のドル崩壊について非常におすすめのメルマガがあるので紹介しておきます。

ロシア政治経済ジャーナル


実は私ももう4年以上前から欠かさず読んでいるメルマガです。とにかく今の世界情勢を非常に分かりやすく書いています。マスコミは情報しか伝えませんので、なかなかその裏にある事情が理解しずらいのですが、このメルマガはその一助を担ってくれます。もちろんそのまま鵜呑みにするのではなく、クリティカルに読んでいけばいいと思います。私は基本的にこの方の考え方・枠組みにアグリーですけどね。

さて、いずれ更なるドル崩壊パニック相場が来ると思います。一応、ドルインデックスは数年前の安値71くらいまでは行くのではないかと思っています。

ドルインデックスもCFDで取引できますので興味ある方は見てみてはどうでしょう。

ドルインデックスが取引できる インヴァスト証券でCFD!







参考になったという方は⇒応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(3) |


2009/10/06 (Tue) 豪利上げとみずぽタン…【鷹鳩】

今日はさすがに東京時間に結構為替が動いたのでブログを書いておきますw 9月はオサボリしまくりまクリスティでしたからね。

さて、一番のニュースはなんといってRBAによる利上げでしょうか。

米ドル89円付近、豪ドルが1年2カ月ぶり高値=東京外為(ロイター)

据え置きが大勢の予想でしたからサプライズでしたね。1社、JPモルガンだけ利上げするって予想してましたんで素直に評価したいと思います。

直後にAUDが急進。

1005aud.jpg


中学生もびっくりの勃ちっぷりで爆騰しています。個人的にはこの利上げは大きな意味があると思っています。なんといってもリーマンショック以降、先進国で始めての利上げなわけで、金融環境正常化への第一歩を踏み出したと言っていいでしょう。いわゆる出口戦略ってやつですね。参照⇒出口戦略ってなーに?【鷹鳩】

RBAはまだまだ金融緩和状態にあり、更に利上げしていくスタンスですから、年内にもう一度利上げはあるでしょう。翻って、米国そして日本は出口論の議論すらするかしないかで揉めてますからまだ当分先になりそうです。

今の為替マーケットってこれぞというドライビング・ファクターがないですから、豪州の利上げはAUDの上昇に寄与するでしょう。なんでかっていうと、金利上昇によってAUDへ資金が入るからです。これからAUDに付くスワップポイントも増えますよ。

さて、そんな折、本日のRBAレートアナウンス前に流れたニュース⇒みずほ投信:豪国債購入へ、政策金利据え置きとの見方で(ブルームバーグ)

みずほ投信投資顧問はオーストラリア準備銀行(RBA)が6日の会合で政策金利を据え置くとの見方からオーストラリア国債を買い増す計画だ。市場でくすぶっているオーストラリアの利上げ観測について、竹井氏は6日のインタビューで「可能性は低い」と指摘。また、仮に会合後に市場金利が上昇しても一時的なものとみており、オーストラリア国債は割安だという。




( T-T)ノ彡Ω~ポクポクポク!


参考になったという方は⇒応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(0) |


2009/10/05 (Mon) ドラえもんと静香ちゃんのモラトリアム!!【鷹鳩】

あっと言う間に話題をさらって行きましたね、静香ちゃん。なんでも今年の流行語大賞にもなるかもと囁かれているのが『モラトリアム』だそうで。『モラトリアム』って聞くと就職したくないよぉ、学生のままがいいよぉと駄々をこねてた学生時代を思い出します。。 

で、静香ちゃんのモラトリアムはもうみなまで言うなって感じですが、一応⇒中小金融機関に公的支援も モラトリアムで亀井金融相
それからよく読みに行く金融日記⇒みんな亀井静香を甘く見ない方がいい


要は中小企業の借金の返済を先延ばしに出来るってな政策です。中小企業の親父さん歓喜? そうはイカンザキ!!

   ____
     ,: 三ニ三ミミ;、-、     \/   ̄   | --十 i   、.__/__ \  ,   ____|__l l ー十
     xX''     `YY"゙ミ、    ∠=ー  ̄ヽ |  __|.  |   | /  ヽ  /   __|   ,二i ̄
    彡"     ..______.  ミ.    (___   ノ. | (__i゙'' し      ノ /^ヽ_ノ (__ (__
    :::::             ::;
   ,=ミ______=三ミ ji,=三ミi
   i 、'ーーー|,-・ー |=|,ー・- |                ,-v-、
   i; '::  ::: ーー" ゙i ,ーー'j             / _ノ_ノ:^)
    ーi:: ::i:  /`^ー゙`、_ ..i           / _ノ_ノ_ノ /)
     |:::. ゙"i _,,.-==-、;゙゙i             / ノ ノノ//
     〉::.:..  丶 " ゙̄ .'.ノ       ____  /  ______ ノ
   / i, `ー-、.,____,___ノ\____("  `ー" 、    ノ
 ー'/  'i. ヽ、 ,二ニ/   \       ``ー-、   ゙   ノ
  /   'i、 /\ /      >       ( `ー''"ー'"
  \   'i," (__) /   /         \ /ノ



と、かなり懐かしくもオタクっぽくもあるAAですがw このモラトリアムで中小企業を救うって甘いんじゃないかと思います。これもいろんな人が指摘していると思うんですが、こんな法案が通ったら金融機関はどう対応するでしょう? 

当然、モラトリアムなんかしてもらったら困るわけです。収益も資本効率もガタ落ち。特に、返済されるはずの資金が返済猶予されるってことはその分資本コストを食うわけですから、財務比率やらROEといった収益性ナンバーも悪化。しかも金融サミット、G20で新たな銀行の自己資本規制のディスカッションがなされているのに。嗚呼、それなのに。。

私も社会人の1年目をいわゆる銀行の支店で融資業務から始めたのではっきり分かります。こんな法案できたら、がちがちに固い融資しかしなくなります。ますます血液の回りが悪くなるでしょう。下手したら健全先からも貸し剥がしを行うかもしれません。本部からモラトリアム懸念先回収ノルマとか落とされてね。

んでもって、一旦モラトリアムを申請した企業には…。次の融資は間違いなく出ない。そういうもんです、銀行の考え方って。

担当『課長、融資を申し込んできたK産業ですが、前回、亀井が大臣の時にモラトリアム申請してますが…』

融資課長『ん? そんなん、ダメに決まってるだろ!!』


じゃぁ、中小企業を見捨てるんですかって話ですが、リーマンショック以降、実に沢山の救命措置が取られているんです。融資に携わったことがある方なら一度は聞いたことがあるかもしれません。マルホってやつです。お暇なかたは『保証協会 セーフティネット』とググって頂けるとわかるかと。

資金繰りをってなら、このマルホ方面から攻めるのが本筋でしょうにね。




参考になったという方は⇒応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。