プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/03/30 (Mon) 【鷹鳩】クロス円暴落の裏で、私の名を呼ばないで…

月曜から良く動きますね。昼過ぎにかけてクロス円が暴落。

まぁ、先週末からクロス円の頭は重かったのですが、なんといっても今日はBig Tree…ではなくBig Threeのニュースでしょう。『きーみだけのBigThree♪』って歌ってる場合じゃないってことで。(元ネタぐっちーさんです^^;)

米政府がGMとクライスラーの再建計画を却下、GMトップ退任へ なんて出てまして、『クライスラーは単独では生き残れない』だとか『破産法適用もありうべし』だとか…もうGM・クライスラー涙目…。直後にクロス円、日経平均、ダウ・S&P先物がどーんと値を下げ。特にクロス円はフリーホール状態で落下してまつた。

さて、一方で、このニュースに便乗してかどうかはわかrませんがw、気になったニュースがあったので紹介しときましょう。

みずほFG<8411.T>、アジアのリテール市場向け永久劣後債15億ドルの任意償還せず

こないだ個人向け劣後債をやったばかりなのでドッキー(@.@)って方も多かったのでは? どういうことかというと、この債券はみずほが繰り上げ償還できる条項がついていて(コール条項)、4月末にその権利日があやってくる。でもみずほは今回、コールかけませんよって宣言しちゃったわけです。

何が問題かと言うと、もうすぐ償還すると思っていた債券がそーじゃなくなった…。じゃぁいつ償還するの?ってたら実はこの債券、償還期限がないんです。俗に永久劣後債と言われてまして、償還期限を定めない、最悪の場合、永久に償還しないシロモノ…。ヒーー((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

どうやらアジア・リテール市場においては初回はコールかけないのが通常らしいのですが、そんなことを知らない人(たぶんほとんどの人だけど…)がみたら、みずほの劣後債ヤベーって感じますよね。。
ついこないだドイツ銀行がコールかけないで市場がショックを受けたばかりなのに…という気は若干しますが、まぁ、コールするしないは、みずほに権利があるわけですからしゃーないですが。

最近のメガバンク3行、野村證券が発行した個人向け劣後債もこれと同様に向こうがコール権利を持っているもののはず。もうすぐ償還って思ってても、延長される可能性もあるのでお気をつけて。ちゃんとアナウンスしてくれて、自動延長では無いので多少安心感はありますがww(はい、突っ込みどころです)

てなわけで、劣後債のご購入は慎重に。ではでは。


*鷹鳩 mixi 始めました。『鷹鳩』で登録してるのでもしよかったマイミクなってくださいw

参考になったという方は⇒応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

関連記事
スポンサーサイト

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(0) |


2009/03/29 (Sun) 【鷹鳩】FX取引で一番大事なもの&Sarahオフ会報告

CFDステーションを一緒にやっているSarahさんのオフ会がありました。。 ⇒詳細

結構凄いメンツでしたよ。鷹鳩がこのような人たちと同席していいのか困惑気味です…。

Sarahさん。60人も集めたのはこの人の人望?というか実力。カリスマでしょう。
ランケンさん。Cステ仲間。彼のブログはZAR関連では間違いなくNO1でしょう。裏の顔アリ。
YEN蔵さん。元外資系銀行ディーラー。私の大師匠にあたります。ブログもプロ情報満載
なかば兄さん。今回オフ会の目的の半分はなかば兄さんと会うことでしたww ちょっと残念な大沢たかお似
ranix。外人連れてるとイケルと思ってクラブでranixを従えてナンパしようと思いましたがwその結果は…
大学生ゆうやくん。幹事、年齢詐称疑惑。何度も『大学生』であることを強調しているだけに余計怪しいw
石山さん。あのジム・ロジャースに会ってきた方。その時の話すごく面白かったです。
為替円さん。優しい感じの女性トレーダー。為替川柳が面白い(ってか鷹鳩の句、入選しました!)

他にもお話させていただいたのは、ゴールデンキャットさんママトレーダーmyuさんよしくん@FX検証.com、グローバルFXの作成者の一人坪本さん、投資ライターさん、超セレブ・コンシェルジュさん などなど。

意外だったのは『鷹鳩さんってもっとご年配の方で堅い銀行員かと思ってました』という声が結構あったこと。このブログを見ている人は絶対抱かない印象なんですがww

とにかくいろいろな出会いがあり、本当にたのしかったです。

さて、凄腕のトレーダーさんと話していて、皆が共通している意見がひとつあります。それってなんだかわかります?

続きを読む 前に応援お願いします⇒ブログ村

関連記事

ご挨拶・プロフィール | trackback(0) | comment(4) |


2009/03/25 (Wed) 【鷹鳩】銀行選びについて

2008年は投資にとって非常に厳しい年でした。

ありとあらゆる物の投資商品の価格が下落の一途。大きな含み損を抱えたり、損きりしちゃったり…。よく言われるのが『cash is king』でして、現ナマで持っとくのが一番よってこと。

実際、痛手を負った個人投資家はしばらく投資から撤退、預金に入れとくことを選択する人も多いとか。それでも少しでも金利が高いほうが…って、なかなか難しい投資家心ですなぁ^^;

さて、最近新聞広告や雑誌でもよく目に付くのが『新生銀行』『あおぞら銀行』の預金広告。日銀は再び超低金利政策を取っている中、結構高い金利をつけています。

たとえば新生銀行⇒http://www.shinseibank.com/ 
そしてあおぞら銀行⇒http://www.aozorabank.co.jp/kojin/products/yen/direct/index.html
そして東京スター銀行⇒http://www.tokyostarbank.co.jp/campaign/spring2009/index.php

どうです? どこも1年定期で1%以上の金利がつくようでして。

翻ってメガバンク
三井住友銀行⇒http://www.smbc.co.jp/kojin/kinri/yokin.html

1年で0.25%…。。。この差はいったい…。
もちろん鷹鳩が何回も行っていますように『美味しい話はない』『リスクとリターンは裏表』

これはもろに『クレジット(信用力)の差』なんです。
どういうことかと言うと、新生銀行もあおぞらも東京スターも一回破綻している銀行。その後、外資やら新興企業が買い取って再建した銀行なだけに信用力が低い。

特に昨年秋のリーマンショック以降はその傾向が顕著。詳しく言うとなにかとまずいのですが、上記銀行へ対する信用の見方はかなり厳しくなっていまして市場でもそういう評価。

新生銀行もあおぞら銀行は従来、長期信用銀行と日本債券銀行でして、基本的に預金を集める銀行では無いんです。ということは普通の銀行と違って、預金で資金繰りをつけることが出来ないので、従来は毎月、債券を発行して資金繰りしているのです(この債券はかつてはリッチョーとかリッシンとか呼ばれてました)。

ところがリーマンショック以降、この債券が発行できてない。彼らの信用力からすると、とても発行できるような環境にはないのです(メガバンクはいっぱい起債している)。そのため資金繰りがどんどん逼迫している。だから、多少高い金利でも個人預金を取り込みたいわけ。

ちなみにあまり声を大きくしていえないのですが、もし仮に彼らが債券を発行しようとしたら…。おそらくマーケットはサラ金以上の金利を要求するでしょうね…。そのくらい信用力が無いんです。

高金利定期ならば、信用力のために高いのではなく、店舗を持たずコストが安いから金利が高いってことでイーバンク銀行のようなネット専業バンクのほうが断然おすすめ。


*鷹鳩 mixi 始めました。『鷹鳩』で登録してるのでもしよかったマイミクなってくださいw

参考になったという方は⇒応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

関連記事

資産運用 | trackback(0) | comment(1) |


2009/03/24 (Tue) 【鷹鳩】投資と支え合い

クレジットマーケットにも投資できる時代が来る?で、今後は個人でもクレジット投資が出来るようになるかも、なんて書きましたが、実はもっとリテールでクレジット投資が実現してました。

それはマネオというソーシャル・レンディング。

お金を借りたい人は、目的や金利、自分の属性なんかを公開する。貸したい人はそれを見て、好きな金額を融資するってもの。そのつなぐ役をマネオが担っていると。海外では結構浸透しているみたいです。

詳しく見てみると、いろいろな用途で融資を申し込んでいる人がいる。開業資金から子供の教育費、借り換え、当面の生活費などなど。読んでいて切なくなるものもある。寄付に近い感覚で融資してみたくなる案件もあります。

一方で、投資家としてみてみると^^; 金利が結構高く、定期預金よりかはいい運用が出来そう。だいたい5-10%くらいの金利がつくようで、信頼できるならば小額を分散融資(分散投資ではないw)することで意外といいポートフォリオが出来上がる、かもしれない^^;  債券型投資信託よりかは良いリターンが得られる気がする。

さて、このマネオは今日見たガイアの夜明けで知った。

不況でリストラで派遣斬りで…。好況不況に関わらず金融ってのは可能性を秘めているのを再認識。金融力ってのは今後、ますます大事になってくるだろう。

その時に、マーケットエンターテイナーとして良い仕事をしたいものだ。

*鷹鳩 mixi 始めました。『鷹鳩』で登録してるのでもしよかったマイミクなってくださいw

参考になったという方は⇒応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

関連記事

資産運用 | trackback(0) | comment(0) |


2009/03/23 (Mon) 【鷹鳩】株は株屋

またアッソー(尻の穴)が失言ですか…。

麻生首相また…「田舎では株屋ってのは怪しい」

やっぱり株式会社、株屋ってのは信用されてないんですよ。僕はそうだと思うなあ。やっぱり株をやってるっていったら、田舎じゃ何となく怪しいよ。“あの人は貯金してる、でもあの人、株やってんだってさ”っていったら、何となく今でも、まゆにつば付けて見られるところがあるでしょうが。オレたちの田舎では間違いなくそうよ


そんなこと言われたら鷹鳩は株屋でもありましたし、銀行屋でもありましたし、ハゲタカでもあったわけでアッソーに言わせれば怪しいどころじゃない人物でしょうw 鷹鳩涙目。

まーしかし、こんだけ金融市場が騒がれていて、サミットだG8といった国際舞台でもいかに金融市場を安定させるか、どういう政策をコミットするかって話をしている時に、こんな発言…。

口が軽いというか自覚がないというか。。

心情的にJPYは買いたく無いですなぁ ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ 

*鷹鳩 mixi 始めました。『鷹鳩』で登録してるのでもしよかったマイミクなってくださいw

参考になったという方は⇒応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(8) |


2009/03/21 (Sat) 【鷹鳩】クレジットマーケットにも投資できる時代が来る?

今まで何度か書いてきましたCDSですが、代表的な指数にiTraxxJAPANというものがあります。これは日本企業50銘柄を束ねた指数でして一番流動性があるもの。

これは3ヶ月ごとに銘柄を見直していて新シリーズを作っているのですが、来週からはシリーズ11が始まるとの事。今回の銘柄見直しはかなり紛糾した、との記事がありました。なんでかっていうと、基本的なルールとして、クレジッドスプレッドが2000bps以上の銘柄はiTraxxからは除外するというものがあるから。シリーズ10でこれに該当するのはなんと言っても消費者金融です。

言っちゃっていいのかな…? 別に公表されているものだしいいか…。すばりアイフルと武富士です。こいつらはもう2000bpsどころじゃありません。2000bpsってどういうことかと言うと、100万円のアイフル向けの債権を保証してもらうのに、20万円必要ってこと。しかも1年間です。5年契約だったら最終的には100万円の債権と同額の保証料を払うことに…。まぁ、それ以前にデフォルトするとマーケットは見ているわけですが…。あと、GMのCDSのところで書きましたが、当然アップフロント取引です。

さて、新シリーズでこれらの消費者金融が外れると、ディーラーとしては困ったことになる。危険度が高いだけにこういう銘柄のリスクヘッジは常に需要があるわけですが、iTraxxに組み込まれていないとヘッジも難しくなるわけです。直接アイフルのCDSを取引すれば良いじゃんと思うかもしれませんが、個別のCDSってのは流動性がほとんど無いんです。

そんなこんなで、かなりディーラーサイドから圧力がかかったらしく、結局シリーズ11にもアイフルも武富士も採用されています⇒iTraxx japan シリーズ11銘柄

しかし今のCDSのレベルってのはかなり世の中の感覚とはかけ離れたプライスになってまんなー。

トヨタでも200bpsとかザラですもん。トヨタがつぶれなかったら賭け金の2%が貰える。丸紅とか伊藤忠とか10%近いでっせ、マジかよ…って話。

これはチャンスと思う方は是非、CDSのETFに期待ざんす⇒損失肩代わり商品のETF、東証が上場検討 英社と提携

ちょっと前までプロだけの世界だった為替も主婦が手を出す時代。CFDの登場で債券、コモディティまで簡単にトレードできる。

クレジットも個人投資家の手に届く時代がすぐそこまで来ているのかもしれません。


*CDSを基本から勉強したい方には、下記が教科書のスタンダードとなっておりまする。




参考になったという方は⇒応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

関連記事

資産運用 | trackback(0) | comment(0) |


2009/03/20 (Fri) 【鷹鳩】FOMC後の動きは相場の転換期となるか?

今更ですがFOMCはビックサプライズだったようで…。久しぶりに激しすぎる相場を目の当たりにしました。

いろんな解説が出てはおりますが今一度なにがあったのかを鷹鳩なりに解釈しますと

①FRBが今後6ヶ月で長期米債を29兆円買い入れ

TVニュースで『中央銀行が長期国債を買い入れることは異例の政策』なんて言ってましたけど、われらが日銀は従来から国債買い入れやってるわけでして^^; しかもちょうど政策決定会合があったばかりで買い入れ額を増額しましたけどなにか? ww ほんとマスコミは適当なことしか言わないってのが良く分かりました。

で、FRBの国債買い入れがどう影響あるかって言うと、当然米国債は上昇するわけで、つまり米国の金利がどどーんと低下する(債券上昇は金利の低下)。そうすると、セーフヘイブンとしてUSDを持っていた人たちも『なんか、株も堅調だし、わざわざ低金利のUSD持つ必要ないよね』ってことになって、USDから資金が流出したわけ。EURやCHFの暴騰ぶりには目を見張ります。

②ここからの動き

さて米国金利低下が差し当たってのUSD安要因なんですが、まだこの流れは『ポジティブなUSD』とも言える。米債で運用するよりも他の通貨で運用したほうがいい、っていうポジティブな発想だから。

でも、これが『ネガティブなUSD安』に発展した場合、また一波乱ありそう。『ネガティブなUSD安』というのは、『米国からの逃避』。

米国って物凄い赤字国なんです。財政赤字にしても経常赤字にしても。それで今回のFEDによる米債購入ってのは、つまり今後どんどん米債を発行してFEDに買い取らせようって話なんです。景気対策のために財源が必要だからしゃーないでしょってことなんだけど。

しかもその赤字を補填しているのは大半が米国以外の外国人投資家。今後、政府がじゃぶじゃぶと国債を発行⇒FEDが買い入れして支えるというマッチポンプに不安を抱かないわけがありません。蛸が自分の足を食べているようなイメージすら抱かせます。

この不安が増幅していって、中国なんかが米債を売り出したら…。それこそ恐怖の『ネガティブUSD安』になってしまうでしょう。第2次金融危機が起こってもおかしくないくらいのインパクトです。

FX投資家の皆様も、米債の動きには注意したほうがよろしいですぞ。。

で、すみません。ついつい張っちゃいました↓…




参考になったという方は⇒応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(0) |


2009/03/16 (Mon) 【松藤民輔風】夜が明けて春爛漫

市場は長かった夜が明けて春がやってきた感じ? ダウにしても金融株にしても凄い勢いで上昇。こぞってアナリストは底を打ったと言う。いや本当は彼らは『底を売った』のかもしれない…というのは笑えないジョーク? ボブは隣でぽかんとしている。まだこの日本語の美しさを理解できないみたいだ。

株の下げすぎと言うのは容易いが、歴史に照らし合わせてみると1937年型の酷似している事が分かる。夏にかけて上昇もその後には更なる恐慌が待っている。せっかく春めいて来たマーケットも、桜散る、となってしまうのかな? それとも夏だけに夏バテ?

『タミー、心頭滅却スレバ火モマタ涼シ、ダヨ』。

さっき、日本語の美しさを理解できないと言われ、ちょっと怒った感じでボブが言う。僕は常に歴史に学び歴史を読み解いてきた。Theory よりhistory。そのせいか、ボブもことわざや故事に凝っているみたいだ。なにより。

市場を読むことは歴史から学ぶこと。学ぶ、真似る、待つ。3Mは常に言ってきた言葉。ボブ、こういうときはこう言うんだよ。

『飛んで火にいる夏の虫…』

今のうちに目いっぱい春を楽しむことにしよう。

今後とも応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

関連記事

松藤民輔の部屋 | trackback(0) | comment(4) |


2009/03/13 (Fri) 【鷹鳩】クロス円が主役に復活-天国と港

鷹鳩も金融業界で働いて結構経つのですが、今日は凄く恥ずかしい勘違いをしていたことを告白しなくてはなりません…。

金融用語ではよくちょっとメルヘン(?)な用語が良く使われます。

ベンチャー企業にお金を出してくれる人のことを『エンジェル』、M&Aに絡む用語で『クラウン・ジュエル』とか『ホワイトナイト』って言いますし、最後の頼み綱のことを『ラスト・リゾート』といいます。最後の楽園とか天使とか白馬の騎士とか…。メルヘンでしょ?w

でもって最近の為替マーケットでよく使われるのが『セーフ・ヘイブン』。てっきり『穏やかな天国』だと思って、白いふわふわの雲の上に裸の天使たちがラッパを吹いたり、弓矢で狩をしていたりだと思っていたら、『heaven』ではなくて『haven』だったて…。(・д・) 

避難所とかそんな意味らしいです。恥ずかしい…。

さて、最近はとにかくマーケットが大混乱してましたので、為替市場はとにかくセーフ・ヘイブンを目指すわけです。昨年10月以降1月まではJPYがまさにセーフ・ヘイブンでした。大円高祭りで大もうけした人も多いと思います(鷹鳩にご馳走してくれる人も大募集です^^; なにかしら面白いお話は提供できます)。ここ3ヶ月くらいはUSDとCHFがセーフ・ヘイブンでした。USD/JPYも上昇してますし、EUR/USD、GBP/USDでもUSDが強い。

強いUSDに挟まれてクロス円は落ち着かない相場だったのですが、昨日からはクロス円が主役に復活!という感じでしょうか。犯人は、いうまでもなくスイス中銀でしょう。

BOJ、ECB、FRBと言いますがスイスはSNB(スイス・ナショナル・バンク)です。SNBはデフレリスク対策として、政策金利の引き下げ、債券の買い入れ、そしてCHFの売り介入の実施を発表と。

あっけらかんとCHF売り介入やってまっせと発表しちゃったわけです。これを受けてCHF大暴落。そしてBOJもやっちゃうんじゃ?という疑惑からドル円が暴騰。一方で、株がかなり上昇したのでセーフ・ヘイブンからの戻しもあってEURもGBPも上昇。合わせ技でクロス円の大暴騰を演出したのでした。

チャート見ていると凄いですよね、クロス円の切り替えし。凄い角度でカキーンと底を打って上に伸びてます。

こうなってくるとなかなか為替は先が読みづらい。知り合いの為替ディーラーもみんな『難しいねー』と悩ませてます。鷹鳩はEUR/JPYロングに1票です。

意外とこういうときFXオプションで戦略を練ってみるのも面白いかもしれませんね。

 PR オプション取引可能!【SVC證券】
 PR ドバイ株口座開設サービス

今後とも応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(2) |


2009/03/11 (Wed) 【鷹鳩】ヘッジファンド乙(雑談)

気になったニュース。

3月11日(ブルームバーグ):資産家ジョン・ポールソン氏率いるヘッジファンドのポールソン社は昨年9月以降、英銀大手ロイズ・バンキング・グループとHBOSの株式を空売りし、3億1100万ポンド(約420億円)の利益を上げた可能性がある。これにより、同社による英銀行株の空売りの利益は合計6億600万ポンドに上ったもようだ。

だそうで。うまく戦略を立てて(といっても普通に銀行株の空売りだけど^^;)420億円の利益ですよ…。

なんだか自分がやっているトレーディングがしょぼく見えてしまってw。やっぱりヘッジファンドなのかなぁ、目指すは。

将来はCFDを使って自家製ヘッジファンドでもやってみようかしら。

『鷹鳩キャピタル』。なんかかっこ悪いかな。『ホーク&ドーブ アセットマネジメント』?


今後とも応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

関連記事

FX/CFD 業者 | trackback(0) | comment(0) |


2009/03/10 (Tue) 【鷹鳩】パシフィックが破綻

前々から危ないとは言われていたけど…。ついに会社更生法申請だそうで。

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090310AT2D1000N10032009.html

日本総合地所に続きパシフィックまで逝くとは、不動産市場は完全に崩壊。

生き残るのは財閥系と財務がしっかりしているかスポンサーのついている数社のみだろう。

マンションなんかも投売りが始まっているって。だってチラシに1000万円割引券とか付いてるんだもん。新築マンションが半額なんて話も珍しくないらしい。

じゃぁ、今買う?っていうと、会社の業績も相当悪いし、ボーナスはおろか雇用さえ危ういって話で。

負のスパイラルですな、買いを検討している人には大チャンスだけど。

でもって、サザンのホテルパシフィックをどうぞ。




今後とも応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

関連記事

日本企業/日本株 | trackback(0) | comment(2) |


2009/03/09 (Mon) 【鷹鳩】FX業界の将来-超雑文

えー、毎度の宣伝で申し訳ないですが、週の見通しをCステのメルマガにて書いてますのでもしよろしければご登録ください。Cステメルマガは⇒こちら

ドル円はもみもみしながら上昇。でもってEURはGBPなどは下落と。典型的なUSD買い。

ドルインデックスの上昇は止められなさそうです。


さて、未曾有の金融危機にて経済危機。企業の存続すら危うい今日この頃。FXで多少でも資金を増やしたいと思っている人も大勢いることでしょう。FXの口座数は約200万口座だそうで。

一人で複数口座持っている人も多いでしょうから単純には言えませんが、FX人口は日本国民の100人に一人くらいでしょうか? でも1億2千万人には子供やお年よりも含んでますから、実質的には50人に一人くらい?

潜在的にはまだまだ拡大の余地はありそうですが…。円安の一途だった相場も終わったことで、ブームは一旦収束し、若干飽和状態、というのが正しい認識かと。

基本、FX会社って一旦仕組みを作ったら楽に儲かるようになっている。顧客がいてトレードをしてくれたら(フローがあれば)、手数料なりスプレッドなりで確実に儲かる。フローが増えれば増えるほど、確実に収益を落としていってくれます。(実は銀行や証券会社のトレーダーも似たようなもん^^;)

なので顧客のフローを獲得することが何より重要になってくるわけです。だから口座を開いて入金しただけで現金が貰えたりするキャンペーンを行っています。

例えばこんなのとか。
 

でも、パイの拡大も限定的。投資家も結構損でやられてるとあって、なかなかこのままFXで拡大路線ってのも厳しい環境でしょう。こっからは消耗戦か…。

そんななかうまい具合に登場したのがCFDでして、『次世代FX』とか勝手に名付けられちゃってるしw

FX投資家⇒CFD投資家の取り込みでフローを獲得しようって作戦ですね、わかります。

CFDはまだまだ取り扱っている会社が少ないからシェアとれそうだし。ここにきてあっという間に取り扱い業者が増えたことからも、彼らの思惑が読み取れます。

『早くCFDに参入して顧客を確保しないと…』

でもね、ひとつだけ言っておくと。CFDは取扱商品が多いですよ。FXの非じゃないですよ。それにスワップのつき方とか、取引時間だとか、変動要因だとか。


お客さんからの質問にきちんと対応できるスタッフいますか?

実はそんなにいないってのが現状でしょう。そこらへんの整備を疎かにすると、せっかくCFDに参入しても、顧客はすぐに逃げていってしまう。そんな、あなたにCステ一本。


今後とも応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

関連記事

FX/CFD 業者 | trackback(0) | comment(4) |


2009/03/07 (Sat) 【鷹鳩】たまには真面目に為替について考えてみる

【鷹鳩】株安、円安の怪でちょっと書いたのですが、『株安⇒円高』の流れが完全に断ち切られています。

『もはや円キャリーポジションのアンワインドって打ち止めなんじゃ?』って書きました。これが一番大きいと思います。

【鷹鳩】ボラティリティにも注目しよう【鷹鳩】リスクリバーサルから相場を読む【鷹鳩】リスクリバーサルから相場を読む-その2 の記事を参考にして欲しいのですが、最近、ドル円のボラティリティが大きく低下、リスクリバーサルも縮小しています。FXオプション市場も円安を示唆してます。

さらに今回はもう少し材料を紹介しましょう。

鷹鳩が良く訪問する厭債害債さんところの『ベーシス・スワップ』の話。かなり専門的な話なんで難しいんですが、『円の金利を受け取って米ドルの金利を払いたい人が多い』ってことです。その原因のひとつに『サムライ債』があるのではないかと言われています。

サムライ債ってのはシティバンクのサムライ債の記事をかつて書いたのでそれを観て欲しいのですが、海外の企業が円建てで債券を発行しています。なんでかっというと、もはやリスクを取れるのは日本の投資家だけだから。しかも激安のレート資金調達できるから。

でも彼らは本当は米ドルが欲しいので、ベーシススワップを使って利子のフローをヘッジするし、元本も米何らかの形でドルに換えている(はず)。円で調達してドルに換えて、事業をしているわけです。

ん? これってなんだか、もはや死後になっちゃったw『円キャリー』に似てますよね。ある意味、広義の円キャリーでしょう。

さらにもうひとつ、鷹鳩が注目している材料。

円建TIBOR-LIBORスプレッド「異例の水準まで拡大」(3)というブルームバーグの記事。

これもかなり専門的な話なんですが(しかもブールバークの記事、かなり分かり難い書き方しているw)、要は日本の企業の信用リスクがかなり高まっていて、社債やCPでは資金調達できないから銀行融資に頼らざるを得ない、そしてその利息が高いので銀行は前倒しで利息を固定化しているってこと。

3カ月物のTIBORとLIBORの推移を見ると、今年1月に TIBORがLIBORを上回って水準が逆転しており、「クレジッ トのスプレッド部分の先高見込みで、相対的にTIBORが上昇する リスクが高まっているのではないか」(JPモルガン証券・徳勝氏) との指摘も出ており、形を変えたジャパンプレミアムの再来との見方 もできる。

ってな解説もありますけれど。

誰かが『リーマン破綻は蜂に刺されたようなもの』って言ってましたけど、実は外需頼みの産業が多い日本こそ、一番景気の落ち込みがひどいのかもしれません。

最後にCDS市場。

欧米のCDSが比較的ゆるやかに動いているのに対して、日本のCDSの動き方が半端じゃなくボラタイル(もちろん悪いほうに)

日本が実は一番負け組み(政治的な意味でもw)⇒円売りってな連想はありうべしでしょう。

80円割れだとかセンセーショナルなこと言っとけばマスコミも喜ぶし、本は売れますけど…

鷹鳩はちょっと円安論者に傾きつつあります。


今後とも応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(1) |


2009/03/01 (Sun) 【鷹鳩】株・為替・金・原油 見通しについて


マーケットの見通し予想について、今はCステのメルマガで書いてます。

今のところ、ダウ、ドル円、金、原油の予想 です。

まぁ、あまり市場の隅々まで網羅した予想では無いんですけど、鷹鳩の直感と、普段から仕事としてマーケットに接している者としての見方を書いてます。

さらっと読む分にはいいと思いますので、よかったら登録してみてください。↓

メルマガ登録・解除
 




あ、あと、もう少し先の話になりますが、CステメンバーのSaraさんのところでOFF会があるそうです。

鷹鳩も参加する予定なので、鷹鳩に直接文句言ってやりたい方はそちらも是非参加してみてください。


今後とも応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(4) |


2009/03/01 (Sun) 【鷹鳩】感謝と初心

70,000アクセス過ぎてました。 ありがとうございます。

最近、更新頻度が落ちてまして…心苦しいです。チェックしてくださっている方には申し訳ない。

基本、怠け者なんです。


さて、最近非常にうれしいことがありました。

昨年、鷹鳩ブログ一周年記念の記事を書いたのですが⇒【鷹鳩】なぜ君は投資をするのか?

この記事の中で登場する、神戸孝さんからメッセージを頂いたんです。

神戸さんは、鷹鳩が金融業界に興味を持つきっかけを与えてくれた方…。そんな方から、メッセージをいただき、感無量です(TT)

なので、もう一度書いておこう。

『CHANGE is CHANCE』
変化の時はチャンスの時。CHANGEとCHANCEは一文字違いなんです。『G』と『C』。
この『G』から小さな『T』を取ってやればいいんです。
この『T』とは『timidity』。『恐れ』です。
恐れを無くせば変化の時ほどチャンスなんです。


いい言葉ですねー。

今ほどCHANGEな時はないですから、つまりCHANCEです。

あとは『恐れ』。

鷹鳩は、この『恐れ』を取り除き、少しでもマーケットを読むお手伝いが出来たらという思いでブログをやっています。今後とも宜しくお願いします。



今後とも応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

関連記事

ご挨拶・プロフィール | trackback(0) | comment(4) |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。