プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/10/30 (Thu) 【鷹鳩】この強烈な円安にやられた…

といってもバーチャルFXの話。『真剣にやったほうがいいですよ』と言っておきながら、最近あまりの仕事の忙しさにかま掛けて、放置してしまいってこの円安で即死状態…。えらそーなこといってすみません^^;

さて、腐っても卑しくもプロですから(為替ではないですけど)、こっからリベンジしてやる。でも、鷹鳩は文系出身なので(?) FX川柳でリベンジします!! FXで競ってやろうと登録してくれた方、もちろんまだFXもあきらめません。でも、ごめんなさい^^;

FX川柳について

お題は『暮らしとFXと私』

うーん、このタイトルを見て『部屋とワイシャツと私』を思い出してしまう私は、結構疲れているんでしょうか? 同じ年代の方は反応していただけると思いますがw

5・7・5にユーモアを込める FX川柳だそうで。こういうの大好きですね。ブログ読んで頂いてる方は分かっていると思いますが、基本的に私はお馬鹿なこと大好き人間ですから。早速応募してみますか。あ、でも締め切りが10/31だそうで、皆様お早めに。鷹鳩と競ってくださいw 今回はマーケット関係ないですからw 

登録しないと応募できないようなので



まずはご登録を^^;

さて、昨年の作品を振り返るというのはなかなか良いことだと思うので見てみますか。いくつか、昨年の受賞作を見てみましょう…  引用元⇒FX初心者向けバーチャルトレード バーチャルFX

続きを読む前に応援お願いしますm(._.)m  ⇒  □■ブログ村■□


関連記事
スポンサーサイト

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(0) |


2008/10/26 (Sun) 【鷹鳩】この相場の真犯人は?

【鷹鳩】感謝感激のエントリでご質問いただいた、『今回の相場崩壊の原因が規制緩和にあったという意見にどう思うか』についてちょっとだけ書きたいと思います。

私はどちらかというと『規制緩和ばんざい』派なんですよねw 日本における規制ってのは、ほとんどその業界団体と管轄省庁の権益のためにある、と思ってます。官僚の答弁を聞いても、『まぁまぁ、もっともな理由述べてますけど、本音は自分の省庁の権益を守るためなんでしょ?』と突っ込みたくなる。城山三郎の『官僚たちの夏』は全然色褪せてない。官僚と居酒屋に行って飲んだら絶対カラむww 

なので、これは異論もたくさんあると思いますが、規制緩和を進めた小泉純一郎はいい総理大臣だったと思います。劇場型政治だ、ポピュリズムだ、小泉改革で不況になった…。いろいろ聞きますが、小泉内閣の支持率、そして国民の声である選挙の結果を見ても、総論としては小泉首相肯定でしょう。文句言う奴は選挙で小泉内閣を退陣させればよかった。でも実際は圧勝だったわけです。

話がそれてしまいましたがw 規制緩和、これは大いに結構です。昔は、規制でがんじがらめで、為替取引にしても実需原則というのがあって、今みたいに投機でポジションを持つことは許されなかった。15時には今持ってるポジションを大蔵省に報告しなくてはいけなかった。だからオーバーナイトでポジションを持つことさえままならなかたんです。当時の大蔵官僚にしてみたら、個人がレバレッジを聞かせて投機で為替取引をしている今の世は信じられないでしょうね。金融投資にしても規制緩和のおかげで、本当に選択肢の幅が広がった。これは喜ばしいことです。

さて、もろ手を挙げて規制緩和マンセーと言ってていても話が進まないのでw 今回の破滅相場について、『規制緩和』にある劇薬が混ざったため起こったと考えることが出来ます。それは…

続きを読む前に応援お願いしますm(._.)m  ⇒  □■ブログ村■□


関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(4) |


2008/10/26 (Sun) 【鷹鳩】今週の見通し

全ての星のめぐり合わせが最悪だった先週。相場という相場、ほとんどがネガティブな動きをした。100年の一度の危機に巡り合ったのを幸運と見るか不幸と見るか…。どちらにせよ、歴史的な大相場の渦中に居ることはしっかりと認識したい。

さて、先週金曜日の為替は凄まじいものであった。超円高&NYではリバウンド。週明けは、どちらのトレンドが継続するのか。正直まったく予想できない。いわゆる『行き過ぎ』系のテクニカル指標では、もうずいぶん前から行き過ぎのシグナルが出ており、いつ反発してもおかしくは無い。一方、相場のトレンドおよびセンチメントは完全に円高継続であり、エントリーするタイミングが非常に難しいところ。ポジション量はいつもの3分の一、いや4分の一でも十分であろう。引き続き、一瞬、クロス円が反発したところを、もぐら叩きのように打ち込みに行くのが一番の戦略のような気がする。ただし、これだけ値幅が大きいと反発も大きいので、(ユーロ円でいうと130円まで反発もありうべし)、タイミング&ロスカットだけは絶対に忘れてはならない。

応援お願いしますm(._.)m  ⇒  □■ブログ村■□


関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(0) |


2008/10/25 (Sat) 【鷹鳩】感謝感激

ブログ村の為替投資情報カテゴリで2位にランクインしました。ブログを始めたのが2007年6月。よくぞここまで、といったら感激しすぎでしょうか?^^;

これも偏に読者の皆さんのおかげです。本当にありがとうございます。

世の中、FXブログは星の数ほどありますからね。その中に埋もれてしまってはちょいと空しい。それに実は私は為替のポジション持っているわけでは無いですからね。『サインが出たから売ってみた』『100万儲かった』といった記事は書けません^^;

今後もちょいと変わった視点から、直接トレードに寄与するわけでは無いけど、だけど、とても為になってクスっと笑ってもらえるような話を書けたらなと思ってます。もちろんプロという意識と自覚を持って、質の高いものを目指します。

とは言っても、ネタに困っているのも事実なのでw これってどうなの? と質問していただけると助かります。

今後とも応援お願いしますm(._.)m  ⇒  □■ブログ村■□


関連記事

ご挨拶・プロフィール | trackback(0) | comment(3) |


2008/10/25 (Sat) 【鷹鳩】輸出企業ってヘッジしないの?

【鷹鳩】ディーリングルームから見た風景~世界の終わりのエントリに関して、saru999さんから『輸出企業はなぜヘッジをしないのか?』とご質問を頂きましたので、今回はそれに答えていこうと思います。

ちなみにsaru999さんのブログ ●FXでバフェット流・キャピタルゲインを求めて●頑張れ!ユーロ 200円へ!は、マーケットの本質を突いていて、鷹鳩も読んでは頷いてばかりです。参考になると思いますので是非ご一読を。

さて、輸出企業、分かりやすくするためにソニーにしましょうか(もちろん実際のソニーのヘッジ政策とはまったく関係ありません)、ソニーが欧州でPS3を売り上げた。EURがたくさん入ってくるわけです。で、ソニーが何故海外で稼いだ金をヘッジしないか? 円高で収益が大幅減になるのを黙ってみてるか? 言われてみると確かに不思議ですよね。1円の円高でウン十億の減益と分かってるんだから、最初からオプションとか先物でヘッジしとけよ、って感じです。

でも、ソニーにも言い分があるのです。それは…

続きを読む前に応援お願いしますm(._.)m  ⇒  □■ブログ村■□


関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(4) |


2008/10/25 (Sat) 【鷹鳩】為替介入が入りづらいワケ

凄まじい円高です。

こんな相場ではビッドオファーのスプレッドも相当開いているでしょう。『なんだよ!これ!』って怒らないでくださいね。インターバンクでも同じ状況ですから^^; 逆にこんな相場でもスプレッド固定でやっているところ。相当、優秀なカバー先があるか…あるいは…、他の部分(たとえばストップロス)で客から抜いている、と思われます。美味い話ほど落とし穴があるのは周知の通り。

さて、ここまで激しい円高。こうなると『日銀の為替介入か?』という話もでてきますが(実際、マーケットではそろそろか?と話になってる)、今回は日銀もジレンマを抱えていてなかなか介入には踏み切れないかもしれません。

なんでか?

続きを読む前に応援お願いしますm(._.)m  ⇒  □■ブログ村■□


関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(0) |


2008/10/25 (Sat) 【鷹鳩】ディーリングルームから見た風景~世界の終わり

これは過去にも例が無い未曾有の金融危機になってしまいましたね。。少なくとも私の周りはそういう意見です。株はついにバブル後最安値を更新、更に下がりそうで底が見えない。為替は1週間で10円も20円も30円も動く。。原油・金・穀物からもお金がどんどん逃げてく…。

でも、以上のことは単なる市場の話。一般世間は『へー大変ね』で済ますことが出来る。先週までは私もそう思ってました。でも、これはね、確実に実体経済、つまり私たち皆さんの生活に魔の手を伸ばしてきますよ。

例えば…

続きを読む前に応援お願いしますm(._.)m  ⇒  □■ブログ村■□


関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(1) |


2008/10/23 (Thu) 【鷹鳩】『何も買えねぇ』相場に悲しいリアルマネー系

しつこいようですがw 『何も買えねぇ』相場が続いています。『チョー気持ちくない』

様々な相場のチャートを見ても下落…下落…下落。気持ちよく上昇しているのはボラティリティ、VIX、CDSという悲惨な相場です。安全資産である金でさえ、換金売り(金を現金にすることも換金って言うんでしょうかね?)の対象となっております。こうなると『Cash is the Best』でして、まるでアーティストのベストアルバムみたいな感じですな。

こういう危機のとき、実は大儲けする人と顔を真っ青にして損切りする人とがいます。いや、うまい人下手な人という意味ではなくて。為替ディーラーやプロップトレーダーといって自己勘定で売ったり買ったりする人は、今年は大儲けの年でしょう。トレンドがチョーはっきりしてて、値幅が大きいです。これで儲けられなかったら正直引退ものです。

逆に、儲けられない人。それはいわゆる『リアルマネー』系の人たちです。たまに『リアルマネーの買いが入って』というニュースを見ませんか? リアルマネーというのは例えば年金運用の人たちのことを指します。証拠金を積んでトレードするんじゃなくて、現金で株や債券などを売買して『将来の皆さんの年金!!』を運用する機関。あとは投資信託会社なんかも広義のリアルマネーでしょう。

彼らが損する理由ですが…

続きを読む前に応援お願いしますm(._.)m  ⇒  □■ブログ村■□


関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(0) |


2008/10/22 (Wed) 【鷹鳩】FXオプション 断罪編

金融危機でしばらく放置していたFXオプションについてのエントリー^^;。仕事中に『オプション、何について書こうかな』とネットを検索していたらビックリ。

何度かFXオプション講座で紹介させていただいたtoyolabさんの執筆、基礎から学ぶシステムトレードが。そこには『プロフィール 神奈川大学 工学部 教授』と…(,,゚Д゚)

嗚呼、今まで私はえらっそーに大学の先生に講釈たれてやがったわけですね…。恥ずかしい…。

『FXメタトレード入門』 超おすすめですよ!!^^; (大変失礼いたしました)

さて、これで終わっては何が何やらですのでちょいと今日の為替の感想を。

円高祭り再来でして、もう一日でクロス円の大台が変わる変わる。もうこれは流れに逆らったらあきまへん。基本、クロス円の売りで臨むしかないと思います。ただし、かなり水準を落としてきているので、突っ込み売りだけは避けたい。調整で上に行って泣く泣くロスカット。ロスカットした直後に再び円高祭りという悲惨なことにもなります。

さて、円高祭りの原因ですが、昨日から再度株が暴落してまして、日経も暴落、欧州・米国も今の所下げてます。金融不安の払拭はわずか数日だったようです。CDSも再びワイドニングしてリスク値が上昇してます。原油・金も暴落を続けており、今年の流行語大賞『何も言えねぇ』じゃないですが、『何も買えねぇ』状態です。とにかくキャッシュが大事。『よーく考えよ~、お金は大事だよ~』ってCMを使いたいくらいです。なので、全ての市場は南を向くしかないのです。

応援お願いしますm(._.)m  ⇒  □■ブログ村■□


関連記事

FXオプション | trackback(0) | comment(2) |


2008/10/21 (Tue) 【鷹鳩】もう一度デモから鍛えてみる?

職業柄、個人でFXというのはコンプラ的に制限されとりまして、なかなかFX用語や業者については詳しくないのですが。。 バーチャルなら許されるだろうということで、バーチャルFXにエントリしてみました。↓



残り日数があまりないのですが、どこまで増えるか頑張ってみます。ワタクシは実は為替から離れて久しいのでどこまでできるか。。えらそーなことかいて馬脚を現すことにならなければいいんですけど^^;

鷹鳩の名前でエントリしてますので、皆様もよろしければエントリして鷹鳩と競ってみてください。

というか、この殺人相場で退場を食らった方は、是非デモから復活していただきたいものです。デモだからと漫然となることなく、命金のつもりでやると絶対上達すると思います。

さて、最終日に私がマイナスで終わっていたら…。笑ってやってください。。

バーチャルFX

応援お願いしますm(._.)m  ⇒  □■ブログ村■□


関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(0) |


2008/10/19 (Sun) 【プロが解説】CDSって一体何なんだ?【鷹鳩】

もう既にメジャーな用語になってしまった感がありますが(というかワタクシも普段のエントリーで当たり前のように使ってるしw) 一応CDSについての解説をば、少し。

まず、分かりやすーいNHKさんの動画をご覧下さい。相互リンクしていただいているのんきママさんのコツコツFXで紹介されているものです^^;



さて、如何だったでしょうか? さすがはNHKという感じですかね。分かりやすいことは間違いないです。ただ、何で今回CDSが次の火薬庫になりそうかとい点で若干説明不足かもしれません。

そもそも債権を保証するというのはずーっと昔からあるビジネスなんです。皆さんは住宅ローンを借りていますか? 多くのケースでは借りる時に保証会社に保証料を払っていると思います。これは住宅ローンの借り手が返済できなくなった場合、銀行は保証会社からローンの残りの残高について保証してもらえることになるんです。その時、住宅ローンの債権は保証会社へ移される。なので実は、住宅ローンが返せなくなった場合、最終的に返済を迫られるのは銀行から出なく保証会社からとなるんです。意外と借りている本人も知らないと思います。鷹鳩は社会人1年生の時は住宅ローンの融資係だったので結構詳しいですw

さて、債権を保証する。このビジネス自体はずっと昔からある、というのはご理解いただけたでしょうか? 住宅ローンに限らず、企業向けのローン、輸出入の保証などなど、金融取引に『保証』という業務はベーシックなものであったんです。なので、このビジネスモデル自体が『CDSがやばいことになる』という理由にはならない。じゃーなんで?

続きを読む前にお願いしますm(._.)m  ⇒  □■ブログ村■□


関連記事

CDS | trackback(0) | comment(2) |


2008/10/19 (Sun) 【鷹鳩】今週の見通し

先週は絶望と光の織り成すコントラストが非常にきれいであった。。。相場のほうも大荒れで、いくらなんでも下げすぎだろうという心理からgoodニュースに反応して飛び乗りやすい一方、やっぱりだめかという心理もまだまだ健在でbadニュースになくなく損切りという動きもあったのではないか。

今週も引き続き、絶望と光のコントラストが相場を左右すると思われる。指標や各国中央銀行の議事録などが発表されるが、正直今の相場は一指標でトレンドが変わるようなものではなく、金融機関の決算や金融政策の行方に注目が集まるであろう。

依然、金融不安は収まっておらず、次の一手を催促する相場となっており、つぎつぎと対策が出てこないと失望感から絶望相場が継続すると見ている。金融期間への資本注入でさえわずか1日で消化されてしまったことを考えると、アナウンスがあっても焼け石に水。。どころか火に油を注ぐことにもなりかねない。

株にしても為替にしても値幅が非常に大きく、ポジションおよびレバレッジは通常時の半分以下で臨みたい。見方としては、株、クロス円ともに戻り売りが一番セーフティなオペレーションと見ている。

応援いただけると嬉しいです ⇒  □■ブログ村■□


関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(0) |


2008/10/18 (Sat) 【鷹鳩】不朽の名作『ウォール街』

鷹鳩のおススメ第3弾です。過去のおススメは右のカテゴリから『おすすめ』をクリック

今回紹介するのは、不朽の名作『ウォール街』です。

4206120440.jpg

通り一遍等な解説を一応。

【ストーリー】 世界の金融の中心「ウォール街」で繰り広げられる男たちのマネー・ウォーズ。若き証券マンのバドは自分の持てる頭脳と行動力の全てを注ぎ、一攫千金を狙っていた。億万長者ゲッコーに取り入るため、父の勤める航空会社の情報を渡し、インサイダー取引したことで夢が叶い、大金を手にするが……。

【解説】 マネー戦線の最前線、ウォール街に渦巻く野望と陰謀……。オリバー・ストーン監督がスリリングに描き出す傑作エンターテイメント! マイケル・ダグラスが迫真の演技でオスカー受賞! チャーリー・シーンとの火花散る闘いに大興奮!


舞台はちょっと昔のウォール街の証券会社という感じでしょうか。まだ所謂『投資銀行』が脚光を浴びる前、いわゆる証券会社が株屋と呼ばれる時代の映画です。今まで紹介してきた本・映画と同様、臨場感がとにかく凄い! 証券会社のディーリングフロアの熱気が伝わってくるような映像。そしてキャラが立ってる。マイケル・ダグラスは物凄い迫力で、乗っ取り屋ゲッコーを演じてます。最近の某M上さんを彷彿させますな。

投資銀行が全滅した今、観直して見るとなかなか感慨深いものがあります。所謂マーケット系映画の全ての起源でしょう。 評価:☆☆☆☆☆

応援いただけると嬉しいです ⇒  □■ブログ村■□


関連記事

書籍/DVDなど紹介 | trackback(0) | comment(2) |


2008/10/17 (Fri) 【松藤民輔風】ハロウィンに死神が舞う

鷹鳩極度の疲労により松藤民輔風です(今回は頭が働いておらず、似てないかもしれませんw)


もうすぐハロウィンだ。いまだにソロモンやメリルで一緒だった仲間たちとパーティーを開く。

『タミーはパンプキンヘッドだな』とワインを片手にジョージ。『No.No. 僕はウィッチだよ』『ウィッチ?』『そう、時代を先読み、いや時代を自分の予測どおりに変えてしまうウィッチ』。2年前までみんな笑っていたけど、今年はどうなるかな? 株の暴落と金の上昇、中国の凋落を予想した僕は、今年はパンプキンヘッドの仮装をしてもいいかもしれないな。それともブラックジョークたっぷりに、死神の衣装にしようかな? 

我が友、恐慌くんが現代に蘇った。『やぁ、恐慌くん、80年ぶりかな?』『いえ、タミー。私はいつも世界の裏側で登場を待っていたのですよ』。ドキッとする言葉。でも、その通りなのだろう。恐慌くん、しばらくよろしく。

全世界で市場が機能不全に陥っている。心肺停止 脳死。『ご臨終デスカ?』とボブが言う。いや、もっと悪いかな? 死にたくても死に切れない。苦痛だけが何日も何週間も続いているんだよ、ボブ。世界の投資家はとにかくペーパー資産を投げ打って現金に換えている。現金もペーパー資産ではあるけれど。金でさえ売りが優勢? ゴールドシルバーレシオもさすがに上げすぎ、金の上昇も一旦お休みかな。

株・債券・原油・金。本来は互いに牽制し合ってる資産も、みんな揃って南に向かっている。僕がメリルリンチでの2億円の年収を捨てた時、ペーパー資産の時代は終わり、金の時代が来ると読んだ。でも、本当の大恐慌では金でさえも換金される。これもまたひとつの経験、教訓。後世で語り継がれるかな? 歴史はhistory、理論はtheory、でも今起こっていることはmystery。

願わくば、死神の仮装が笑い話ですむことを…。



如何でしたでしょうか? 似てる、おもろ思った方はコメント頂けると非常にウレシスですw タミーは色々本出てますね。↓



細かなタイミングは外しても、ここまで今の状況を予測できていたということに感心というか驚愕というか。やはり凄い人です。今回の著書も読むべしでしょう。FX、株でやられた人も取り返すヒントがあるかもしれない…。

応援いただけると嬉しいです ⇒  □■ブログ村■□


関連記事

松藤民輔の部屋 | trackback(0) | comment(2) |


2008/10/16 (Thu) 【鷹鳩】今宵は綺麗な月が出てるよ…パトラッシュ…

1000円上げて1000円下げての株式市場。もう、あらとあらゆるものが右へ左へリバース。ワタクシも若干リバースしたいくらい気持ちが悪い、体調が悪い…。

為替と株のチャートを並べてみているんですが、完全に映し鏡ですね。株が上がればクロス円も上がり、下げれば下がる。これは教科書通りです。なので株の動きを見てFXをやるのも非常にワークします。

が、一点おかしな動きをしているものがあって、それは金。タミーもびっくり、タミー嘘つかない。と、意味の分からないことを述べてしまいましたが、通常、株が下がると、安全資産である金に買いが入って上昇するはず。なのに、最近は株が暴落しているのに金も下げています。まだ自分の中で消化し切れてないんですが、一応仮説をいくつか。

1.原油や金属などコモディティが暴落している。安全資産とはいえ金もコモディティ。なので釣られて下げているのではないか? 

2.金ですらポジションを持つことを避けているのではないか? 

タミー、ゴーストライターやるから教えて!


仕事場は戦場というか、死刑執行前の囚人のような状態になってます。そんな帰り道、ふと空を見上げると綺麗な月が出てました。ぴりっと少し肌寒い秋の夜、空気が澄んでいて気持ちがいい。そこで不意にi-Podから流れ出した音楽。小野リサの『Angel's Eyes』。また、あしたも頑張ってみようか、と思いました。

応援いただけると嬉しいです ⇒  □■ブログ村■□


関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(2) |


2008/10/14 (Tue) 【鷹鳩】絶望相場から一筋の光か?

針の山、血の池地獄でぼろぼろになって三途の河を渡りかけたところに、蜘蛛の糸がぶら下がってきて一命を取り留めた感じのマーケットでしょうか?

海外が歴史的な上昇幅を見せて帰ってきた東京市場。日経平均はぶっ飛び、先物は寄り付き直後にサーキットブレーカーが発動。いろんな銘柄がストップ高のまま終わってしまいました。当然、クロス円が買われます。

私は13日の時点では、『そうは言ってもまだまだ危ないんじゃん?』と思ってましたが、CDSも素直に大幅タイトニング(リスク値減少)ということもあり、これで一旦、パニック的な金融危機は終わりという感触を持ちました。

さて、こっからですが、株が反発しているあいだは素直にクロス円を買うのが一番賢いかと思います。もちろんストップを置きつつですが。そして次の動きはUSD安ではないかと考えてます。10月に入ってUSDがやたらと強かったです。USDが調達できなくて、USD金利が暴騰してスワップポイントもおかしなことになって、ということがありました。今日、スワップポイントは落ち着いてます(業者さんの提供しているものは分かりませんが、少なくともインターバンクでは落ち着いている)。更に、世界中の中銀がUSDを無尽蔵に供給している…。金融機関に資本が注入されて、ちょっと信用不安も薄らいでいる。

USDが余るってシナリオを持ってます。危機が本格化してから一気にUSDが強くなっていった過去。その危機がひと段落したら…? その返しが来ると考えているのですが、どうでしょうか?  

ドルインデックスのチャート

dxy.png

応援いただけると嬉しいです ⇒  □■ブログ村■□


関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(4) |


2008/10/13 (Mon) 【鷹鳩】束の間の休息か? 夜明けか?

マーケットは方向感を若干欠いているようだ。G7、資本注入など世界各国の対応策を受けて、一旦は敬意を表する形で反応。クロス円は上昇、株も持ち直しているようだ。また、資金の逃避先の代表例である金も下落している。

懸念だった三菱UFJのモルガンスタンレーへの出資も、スキームは変わってしまったが予定通り金は出すようだ。

とは言いつつ、誰も警戒網は解いて無い雰囲気がひしひしと感じられる。そのひとつの証左にVIXが以前、歴史的な高値にいることが挙げられよう。

このマーケットは、次の混沌前の束の間の休息か? あるいは新たな時代の夜明けか?

安易に飛び乗ると刈られてしまう相場であり、大きなトレンドが出てからでも遅くは無い。

*雑談ですが、このマーケットのせいか、白髪が出てきました^^; かなりショック…

応援いただけると嬉しいです ⇒  □■ブログ村■□


関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(4) |


2008/10/12 (Sun) 【鷹鳩】今週の見通し

殺人的な相場が続いている。歴史的な株価の暴落、国債ですらまともに値が付かない状況(物価連動債なんてだれもプライスが分からない…)、1円2円は当たり前だのクラッカーで動く為替…、カウンターパーティがほとんど居ない中で気配がぶっ飛んでいくCDS。これは、ほんとに、危機的な市場となっている。数十年後まで語り継がれる相場であり、我々はその生きた証人となるであろう。

こういうときはどうするか? もし可能ならば、全てを放擲して、田舎に引きこもり農業でもやって自給自足の生活をする。もしくは、沖縄に移住してアパート経営でもして、スローライフを満喫する。

しかし、そんなことが現実的に実行に移せるわけも無く、また今週も市場に立ち向かうのがワタクシの仕事となるわけである。従来、市場の仕事は自分に向いていて、仕事をしていても楽しいと思える恵まれた環境だったわけだが、茲許は仕事が辛く厳しいものとなっている。

さて、愚痴はここらへんにして今週の見通し。G7で一定の世界規模での対応策がまとめられたが、これをどう評価するか?がなんといっても最大のポイントとなろう。

メインシナリオは、G7に一定の敬意を表して、多少の株反発があっても、材料出尽くしから再度下値をトライ。円高継続というもの。日中、市場を見ていても、息を吹き返すにはまだまだ遠い感触であり、すぐに株が底打ちするとは考えにくい。とはいっても、突発的に追加政策が出るリスクも高く、非常に読みにくい相場であることは間違いない。

株・為替ともに読みにくいなか、8割くらい当てる自信があるマーケットがある。それは長期の米債。米債は下落(金利上昇)すると見ている。なぜならば、現金確保の点から、株が大幅下落する中でも債券が売られており(通常は買われる)、加えて米国クレジットの悪化からも売りが出やすい環境。仮に株が上昇に転じる場面でも、資金は債券に流れにくく、総じて債券売りのポジションは勝ちやすいと見る。

CFDという商品を使えば、債券のポジションは個人でも取れるようになってきている。詳しくは、鷹鳩別ブログCFD取引で世界へ駆け出そうを参照されたし。

応援いただけると嬉しいです ⇒  □■ブログ村■□


関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(1) |


2008/10/09 (Thu) 【鷹鳩】だめな奴は何をやってもだめ…

協調利下げだろうが、資本注入だろうが、ダメだこりゃという空気を換えることはできないみたいですね。ダウも日経も続落で終わってます。だめな奴は何をやってもだめ…ですな。こういうときは、ポジションはスクエアに、お箸は右手に、お茶碗は左手に、相場を眺めることが大事です。

何度か紹介してきました中年金融マン ぐっちーさんの金持ちまっしぐら  の今日のエントリをみて笑ってしまいました。

そのへんのOLの間で合コン人気No.1が外資系証券会社、なんてときはもうピークアウトして終わっている、という話をアエラで紹介しましたが、バリ島のリッツカールトンでロシア語のパンフレットを見つけたり、マーレのレストランでロシア語が響いていた時点で終わり、と考えるべきだったのです。

ということで、そのうちまじで毛ガニで決済してきますので覚悟しましょう。若い方は冗談だと思ってるでしょうけど、1986年ころはお金がなくてまじめな話、ブルドーザー代金を毛ガニとか、たらこで払っていたんですよ、ロシアは。カウンターパーチェスといいましてね、まあ、総合商社の出番だったんです。私の手元には今でも当時の日露水産用語辞典ってのがあります。ちなみにイクラはロシア語です。


代金を毛ガニで決済って…。1986年というとまだ小学生なので、ほへーーって感じですが、そうだったんでしょうね。私の中でロシアって、いまだに長時間列に並んで、野菜のくずや錆びたスプーンを買う、ってイメージなんですが^^; また、そういう国に逆戻りするんでしょうかね。国といえばアイスランドもヤヴァイことになってますね。人口20万人しかいない国に投資する気が知れないっす。ぐっちーさんにたがわず、実は私もアイスランドやトルコはやめとけ、といろんな人に口をすっぱくして言ってたんですけどね…。

あと、『やめとけ』の代表は仕組み債でしょう。本石町日記さんのところでも出ている日経リンク債。みなさん一回、バブルの頃に懲りてるはずなんですけどね。この手の仕組み債で生保なんかボロボロにやられたんですが…。リンク債以上に、最近、蔓延っているっているのがPRDC債(パワード・リバース・デュアル・カレンシー債)。極端なやつだと、円高になると利回りがゼロになってウン十年固定とか。詳しい内容は割愛しますが、言えるのは『この世界、美味しい話は無い』ってことです。一見、高い利回りでも、裏に物凄いリスクが隠れてます。しかも、間違いなく証券会社なり銀行なりがブッコ抜いて作ってますから、投資家ははじめからバックティーで投資することになる。商品を作っている現場の人間が言うんだから間違いありませんww

皆様方が、株もダメでFXもダメで大人しく投資商品でも買おう、としても、カタカナがたくさん付いた複雑なものは一切買ってはいけません。

応援いただけると嬉しいです ⇒  □■ブログ村■□


関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(3) |


2008/10/07 (Tue) 【鷹鳩】世界の終わりの始まり…とハードボイルドワンダーランド

マーケットに立ち向かう皆様、大変お疲れ様です。市場関係者の皆様、健康管理だけには気を付けましょうね。

さて、こうもパニックが常態化してくると、職場にも壊れた人が増えてきまして、若干私もわけもわからないままハイテンションになってしまうことが多く…。寝不足と疲労困憊の体に栄養ドリンクを流し込んで、なんとか仕事するわけですが…。毎日毎日、あっちが危ないこっちが危ない、資金が取れないーーーー、株がー債券がーCDSがーア”アァ って環境ですと、もう全てを放擲して京都に紅葉でも見に行こうかと考えたりして。『そうだ、京都いこう』のCM作った人は天才ですよ、ほんと。

さて、私もたまに引き合いに出す(というか、パロディですがw)松藤民輔さんという金山経営者がいます。ブログは松藤民輔の部屋タミーはずいぶん前から、『終わりの始まり』、つまり株の暴落と金の上昇を予測していました。短期的には上げ下げあったんですが、結果的には彼の読みはほぼ当たりといってよいでしょう。

まさに今の状況は『世界の終わりの始まり』。タイトルのハードボイルドワンダーランドてのは、ただの付けたしです。

最初のきっかけは、住宅ローンだったんですけどね世界一?わかり易いサブプライム劇場 で語られているような、到底常識では考えられないような住宅ローンが横行していて、誰もそれを止めなかった。みんなハッピーだったから止めるわきゃない。そして、それを裏づけとした商品が開発されて、高い格付けで高利回りという夢のような金融商品が世界に散らばった。金融機関がそれを大量に保有していて、大損こいた。実際に破綻する金融機関が現れ始めると、お互い疑心暗鬼に陥り、市場にお金が回らなくなった。次々と連鎖的に破綻。欧州でも、色々な銀行が国有化なり公的資金なりで救済されています。アメリカからは投資銀行が消え去りました。

いろいろな方が書いてますが、もはや安全資産は無いに等しい。国債ですらフェールが起こり、安心して資金を振り分けるプロダクトではなくなってしまった…。コモディティも下げ基調で代替投資にはならない。となると、やはり現金で持っておくのが一番安全ということになります。株や債券も投げ売って、現金にしたいと思う。それも自国の現金に。なのでEUR建ての金融商品を売って、自国に持ち帰る(EUR売りUSD買い)という流れはあって然るべきかな、というのが私の考えです。これは、タミーが言う『マネーセンターの危機がその国の通貨を強くする』という論でもあるでしょう。タミーはずっと『ダウ暴落&USD高』論です。

さて、取りとめもなく書いてきましたが、マーケットはここまで来ると、行くところまで行くしかないだろと思います。もちろん、行き過ぎた部分があるので多少リバウンドは期待できますが、本質的なところで何も解決しちゃいない。『世界の終わり』はまだ『始まった』ばかり…。

ひとつ、反転のきっかけになるのは、欧米の金融機関を完全に国有化することでしょう。それまでは、このトレンドは不変だと思います。

ちょっと多忙で更新ままならないですが… 応援いただけると嬉しいです ⇒  □■ブログ村■□


関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(0) |


2008/10/05 (Sun) 【鷹鳩】今週の見通し

100年に1度という言い回しがシックリくるような、危機的な金融市場である。1日で、希望が絶望に、悲観が楽観に変わるマーケットであり、正直見通しを立てるのは難しい。とりあえずTARPの成立はなったものの、市場はその実効性に疑問符を付けているわけで、何かポジティブ材料があろうとも、『織り込み済み』だったり『実効性は?』と突っかかってくるわけである。

劇的に状況が良化するみこみは薄く、逆に欧州銀をも巻き込んだ淘汰再編の機運が高まっており、今まで以上にリスクリダクションの動きになる可能性が大きいと見る。

世界の投資家の基本的な動きは、とにかく流動性と安全性への回帰であり、株や新興国資産を落として、USDと短期債への資金シフトをますます加速させている。そのような流れの中でのUSD高であると考えている。

したがって、株は引き続き頭が重たい展開、金利は短期ゾーンを中心に低下、ただしLIBORは上昇、為替はUSD高、JPY高でクロス円の下落を見ている。

今、仮に好きなポジションをもてるのならば、クロス円の売り、そしてVIXの売り、金の買いの合成ポジション。

ちょっと多忙で更新ままならないですが… 応援いただけると嬉しいです ⇒  □■ブログ村■□


関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(0) |


2008/10/01 (Wed) 【鷹鳩】シティグループのサムライ債 起債延期 

とりあえず、今までエントリーして『シティグループ サムライ債』についての記事↓
【鷹鳩】シティグループ債ってどうよ? 
【鷹鳩】シティ サムライ債 またかよ
【鷹鳩】シティのサムライ債を検討している方は必読!

そしてサムライ債の発行を延期 シティグループ というニュース

前々から言っております、鷹鳩、渾身の一句 『投資では 美味しい話は 裏がある』

いろいろな人が『シティのサムライ債は高利回りでおススメ』的なことを言う中、私は『結構やばいかも、慎重にね』と言ってきたつもりです。

シティが地銀を買収とのことで、起債延期になったわけですが、『無理して買い物して、支払いは大丈夫? 事前にちゃーんとチェックしないと!』と、消費者金融のCMみたいな風に思います。

前回のエントリで『不利な条件』について言及したんですが、今回の起債延期で証券会社の店頭ではこんなことが起こっているわけですね。

客 『3.22%の利回りって凄いですね! しかもシティグループの債券でしょ? 円建てで為替リスクもないし。これ買いたいです( ゚∀゚)o彡』

証券マン 『そうですよ。お客様、これは大変おすすめですよ。でも…この債券はお客様にとって『不利な条件』になっています』

客『え…? で、でもそれでもいいから買いたいです』

数日後…

証券マン『お客様、先日、不利な条件でお申し込みいただいたシティのサムライ債ですが、起債が延期になりましてご購入はナッシングということでお願いします』

客『(゚∀。)ワヒャヒャヒャヒャヒャヒャ』

応援のぽちっとながあると、嬉しいと思います。たぶん、今我々はマーケットの歴史の凄い局面の最中に居るんでしょうね ⇒  □■ブログ村■□


関連記事

個人向け債券 | trackback(0) | comment(0) |


2008/10/01 (Wed) 【鷹鳩】┐(´ー`)┌ マイッタネ♪

もうこりゃどうにもなりませんね。┐(´ー`)┌ マイッタネ♪

ちなみに私の地元ではこういう状況をこう言います。  『わや』

ダウが歴史的な下げを記録しました。下げ幅が777ドルなのになにもラッキーじゃないですね。。
きっかけはTARPのまさかの否決。ダウが暴落したことで、JPY買いとなり、クロス円も暴落しました。

本当は書きたいこと一杯あるんですが、もう寝不足・疲労・体力の限界。。

ひとつ予想しておきたいのは、結局TARPは可決されると思うということ。
アメリカの議員も一旦反対票に投じて、地元の有権者に顔向けできるようにしたかっただけなんですよ、きっとね。

期末お疲れ様でした!  □■ブログ村■□


関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(4) |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。