プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/06/29 (Sun) 【鷹鳩】さ~て来週のマーケットは?

鷹「たらちゃんですぅ」

鳩「んが、とっと」

鷹「…。さて、来週のマーケットやが、基本前週のUSD安を引き継ぐ形になりそうやな」

鳩「そうね、やはりFOMCで利上げに関して具体的な話が出なかったのが大きかったわね。なにせ、それまでインフレ対策で連続利上げを見越してここまでUSDが上昇してたからね。その前提が崩れるとなると、やはりUSD安になるわけで」

鷹「一方のECBやが、3日に開催や。こちらはトルシエ監督が…」

鳩「はいはい、『あ、言っちゃった』ってオシムもびっくりね。って、前回エントリで何回もそのネタ使ってるから」

鷹「…。といっても、実際にどのような声明がなされるのか、非常に注目しとる。政策金利の発表は20時半過ぎなんやけど、トルシエの会見は21時過ぎるんやろな。ビールでも飲みながら待と」

鳩「ここで、タカ派、つまりインフレ退治の明確なメッセージが出されれば、EUR買いがさらに続くわね。逆にそのトーンが弱いと、一時的にEURが売られるかも」

鷹「木曜日の会話。『ねー、鳩ちゃん。今日さ、暇? もしよかったら飲みにいかない? 大学時代の友達と飲みにいくんだけどさー。ひとりは便通、あと品川商事だぜ。慶応だし。まじイケメンだからさー、行こうよ』」

鳩「『あら、ごめんなさい。今日はECBのトリシェ総裁の記者会見があるから帰らなくちゃいけないの。彼のメッセージが今後のEUR相場を大きく動かすのよ。あなたたちにそれだけのことが出来て?』」

鷹「こんな返しが出来る女性…。いいな…。いや、良くないか」

出会い? そんなものより為替よ☆ ⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします

おまけ ゴールドシルバーレシオのチャート

gs2.jpg


一向にタミー先生が『恐慌の水準』とおっしゃる57まで到達しませんw

関連記事
スポンサーサイト

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(2) |


2008/06/26 (Thu) 【鷹鳩】FOMCを受けて宗旨替え

鷹「昨夜というか明け方にFOMCの声明、金利据え置きが決定やな。据え置きは予想通りやったものの」

鳩「思っていたほど利上げに言及しなかったということで、利上げの織り込みが後退ね。金利低下」

鷹「ここまで米国利上げを織り込んでUSDが切り返してきただけに、この結果はなぁ。市場はやはりUSD売りで反応したな。そしてEURが買われてEUR/JPYは史上最高値を更新や」

鳩「投票結果は据え置きが9票、利上げが1票ね。このままだと8月の利上げもなさそうね。それまでは8月利上げ7割くらいだったのに、今では4割程度ね。早くて9月とみる人が多いみたい」

鷹「一方のユーロ圏は、このあいだトルシエ監督が『来月利上げします。あっ、言っちゃった』とオシム監督もビックリな発言をしたので市場もびっくり。おそらく7月に利上げするんやろな」

鳩「そうするとEURを買いたくなるのが人情よねー。今まで、米国利上げでUSD高と予想してたんだけど宗旨替え。USD安ね」

鷹「加えて、株がかなり下げていること、金融機関の危ないウワサが飛び回っていること、米国のかなり大きな企業の倒産話が飛び回っていること、クレジット市場も非常に雰囲気が悪いこと、などなど。だんだん今年3月のマーケットの雰囲気に似てきているで」

鳩「基本、EUR高USD安を予想するわ。ただし、原油などが暴落する可能性もあって、その場合はEUR売りを推奨するわ。もちろん自己責任で」

いろいろ書きたいことあるので頑張ります⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします

関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(3) |


2008/06/24 (Tue) 【鷹鳩】相場は大きく南を向いた

本日も都合によりタミー風味の文章にしております

前回エントリー 相場は南を向いた を見てみよう。

戻って、日本の不動産業界。業界の数人に聞いたが、みんな目が死んでる(笑、否、笑えない)。数年キャリアを積み上げてきた人が多く、いまさら別の世界には移れない、お先真っ暗という感じだよ。スルガコーポ、ゼファー、そしてアーバンコーポ。とてもこれらだけでは済まないね。カタカナの名前のファンドは大打撃、いや壊滅。そして金の時代が来るw


相場を読むのと星を読むのは似ている。『相場はtheoryではなくhistoryなんだよ』とジョンが言う。歴史を学ぶ事、真実を見つけ出すこと。『歴史は繰り返す』。 昔人は偉大な諺を残したね。現代人も見習わなければ。

不動産会社のスルガコーポレーションが民事再生法を申請。世界中が不動産ブームに乗ったこの数年間。アメリカでは定職に付かない貧困層までもが一軒家を購入。『良い夢見れた』で片付くのかな? 六本木では不動産ファンドの社員が闊歩してたよ。丸の内界隈のオフィスビル、坪単価が6万円? 『タミー、まだまだ値上がりするよ』とポールが囁く。

『ポール、日本の古典 平家物語は読んだことあるかい?』『祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらはす おごれる人も久しからず ただ春の夜の夢のごとし たけき者もつひには滅びぬ ひとへに風の前の塵に同じ』
この感覚は日本人にしか分からないのかな。

不動産業界には壇ノ浦の戦いが待っている。そこで平家は滅びるんだよ。ポールはキョトンとした顔。まぁ、素人は源氏物語でも読んでなさいってこった。

不動産が盛り上がって、それが問題化して、相場が急落する。歴史を紐とくと、わずか19年前にまったく同じことが起きている。バブル崩壊、失われた15年、平成大不況、ロストジェネレーション…。株式市場は大きく南へ舵を取ることになる。そして金の時代が来るw 金融資産を守ることの大変さ。待つ、学ぶ、真似る。3Mを今こそ実行しよう。

梅雨に咲く紫陽花の蒼が目に優しい。


タミーのゴーストライターにでもなろうかなw⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします

関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(3) |


2008/06/22 (Sun) 【鷹鳩】すべてのFXトレーダー必見の動画 解説編

見てない方は、まず見てくださいね すべてのFXトレーダー必見の動画

さて、この動画のポイントをいくつか。

まず、前述しましたがこういう人達と同じ土俵で取引してるんだということですね。魑魅魍魎が跋扈する世界ですw みずほのディーラーが話しているように、根も葉もないウワサを立てて、相場を動かそうとする良くない人もいる。
でもね、株式市場よりよっぽど健全なマーケットですよ。完全な個人的見解ですが、株式市場は腐ってると思います。インサイダーがまかり通る世界です。知ってるか知らないか、それだけ。(もちろんそうじゃない健全な投資家がほとんどです)。私は株式市場に美しさを感じないんですよねー。
それより、動画にでてくるようなヘッジファンドやプロのディーラーもいる、けど、フェアな環境で戦いを挑める為替市場のほうが、よっぽど美しくロマンがあると思います。妄想入ってますかwそうですか。

次に、ヘッジファンドの戦略について注目してほしいです。FXコンセプトのジョン・テイラーは『米国の利上げ』に着目、USD高を予想し見事的中、十数億円の利益を上げました。そして、この着目点は最近でもピタリと当てはまること。昨年の夏から米国は利下げを開始。一気に5.25%から2.00%まで政策金利を下げました。スワップ派涙目w 一日160円のスワップはわずか50円まで減りました。米国が金利を下げた結果どうなったか? USD安が世界に吹き荒れました。USD/JPYの95円の衝撃は記憶に新しいと思います。
これは大きなヒントで、最近はインフレ懸念が台頭して利上げせざるを得ない状況に追い込まれている。実際、米国は年内に0.75%の利上げをすると、マーケットは完全に織り込んでます。それに引き換え、われらが日銀は(ところで日銀の白川総裁はドラえもんの『のび太』くんにそっくりです)利上げまでの道のりは長く険しそう。そうすると…? 金の時代が来るw

中国のヘッジファンドは『レンジオプション』という手法で相場を張ってました。相場が一定のレンジ内に収まっていれば儲けるという戦略です。実は、プロのディーラー、ヘッジファンドは為替の上げ下げのみを狙っているのではなく、オプションを用いて取引しているケースが多いです。何でかというと、正直相場が上がるか下がるかを当てるのは難しい、けど、しばらくもみ合いで動かなそう、というのは分かる。個人のディーラーは、相場が動かないと面白くないんでしょうが、この『相場が動かない』ことに賭けることも出来るわけです。『時間を味方につける』。これは長期投資のすすめでも使う言葉ですが、『相場が動かない』ことに賭ける戦略でも使う言葉です。

あとは、為替市場のうち、貿易など実需に基づいた取引は1割、あとは投資・投機の取引だ、という話がありました。これも非常に大事です。よく、なんちゃらアナリストとか伝説のディーラーとか言われてるおっさんが、『108円台では輸出筋の売りもあり、云々』『本日は5・10日のため、云々』とか述べてますけど、マーケットの1割の動きに着目してるわけですw 『ご苦労さん』と言いたいwむしろ、その連載をよこせとw 鷹くん鳩ちゃんに語らせたほうが、よっぽどまともなことしゃべりますよ、絶対。というわけです。

少し長くなってきましたので、あとは頂いてた質問に答える形で。

Q.みずほ銀行さんが 「輸出○本売りで~す。」 って注文を受けている??場面があると思うんですが・・・ 注文を受けてもメモ?しているだけのように感じたんですが 普通は、注文受けたと同時に市場に繋げるみたい事は、しないのですか??

A.それはディーラーの判断ですね。放置することもできるし、すぐにカバーすることもあります。おそらく編集で写ってないだけかもw メモしてるのは今の自分のポジションを把握するためですね。システムに入力するまで多少時間がかかりますから、その間手元のメモでポジションを管理するんでしょう、おそらく。

Q.みずほ銀行の方が 「あ~たのむよ~」と言いながらバシバシ何かを叩いているのが実際に売買している様子なのでしょうか??

A.そうです。EBSという取引システムで、今ではこれが95%以上。よくホワイトボードの円卓を囲んで、『YOURS!』とか『イア″ァァァァ』とか『てめー殺すぞ』とかやってるwのは5%未満。

Q.次に ファンドなんかの注文も全てこう言った銀行さんに注文を入れるんでしょうか??

A.ヘッジファンドとはいえど、インターバンクに参加できませんので銀行などに注文を入れます。

Q.最後にこう言った注文を引き受ける銀行さんは、今日は、高い確率で上昇する又は、下降するなんて事がわかるんですか???

A.分かりませんw 分かったらサブプライムで損しようがなだろうが、為替で穴を埋めれます。

Q.人民元の切り上げ(通貨の切り上げ)とかって、いまだに意味がわからないな?

A.非常に鋭い質問でして、人民元切り上げ⇒円高 という流れの確固たる理由は無いんです。連想ゲーム的に、アジア通貨高⇒円高 ということなんでしょうかね。

さて、本日はこんなところで。上記の点を意識してもう一回見てみるのも面白いかもしれません。
あと、もうひとつ仕事が残ってますよ⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします。

関連記事

NHKスペシャル/ガイアの夜明け | trackback(0) | comment(5) |


2008/06/19 (Thu) 【鷹鳩】すべてのFXトレーダー必見の動画

まずはご覧下さい。こういう人たちと同じ土俵で取引しているんだ、と意識して見るといいですね。



映像の解説、コメントを週末にしたいと思います。質問、コメント、突っ込みなどなど 大大大募集!一応、ワタクシもこの世界にいたのでお答えできると思います。知り合いの顔もちらほら映ってましたねw

動画、面白かった! なら⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします。

関連記事

NHKスペシャル/ガイアの夜明け | trackback(1) | comment(9) |


2008/06/17 (Tue) 【鷹鳩】シティグループ債ってどうよ?

鷹「夏のボーナスも出て、勝間本にも影響されて、どう運用しようか悩んでいるパパを狙ったんかいなぁ」

鳩「新聞に一面広告をデカデカと。さすがサブプライム損失世界ナンバーワンだけあるわね」

鷹「シティグループが日本で個人向けにサムライ債を発行と。新聞の条件を見て、結構良いかもって思っているパパさん多数?」

鳩「勝間流に言えば、預金よりもリターンあるし、株とのリスク分散にもなるし、格付けもまぁまぁだし? どうなんでしょうね? 人気あるのかしら?」

鷹「こんだけ気合入れて宣伝しとるからなぁ。はけるんちゃうか?」

鳩「さて、今日はこのシティグループ債が購入するに値するものかどうか検証するわよ。検討している方は寄ってらっしゃい見てらっしゃい」

鷹「といっても、作者さんはシティとも日興とも関係ないですから、勧誘もなにもしません。リスクをご確認のうえ自己責任でご判断ください」

鳩「今回の債券はプレーンなサムライ債ね。債券の仕組み自体には特に注意すべき点は無いわね。では注意すべきなのは、まず格付け。AA-(S&P) Aa3(MDYs) AA-(Fitch) 見通しはネガティブつまり今後格下げの恐れがあるってこと。格下げされるとシングルA格になってしまうわね」

鷹「ダブルA格とシングルA格では、やはり格が違う。って当たり前やんけ! でも格が違うと言うしかないんよなぁ。やっぱり投資家の見る目も違うし評価も違う」

鳩「買った時はダブルA格でもシングルA格、もっと悪いとBBB格にさえなる可能性はあるわね。そうなったら、まず、途中換金で元本は返ってこないと考えたほうがいいわね」

鷹「次に利回り。2.66%やと。低金利になれたパパは『おぉ~』ってなるかもしれへんけど、冷静に適正な利回りを考えてみよう。今、流通しているシティバンク債のLIBORに対するスプレッドは大体150bps程度や。で、3年の円LIBORが大体1.450%くらい。然るに、本来シティグループ債のあるべき利回りは1.450%+1.500%=2.950%アラウンド。30bpsも抜かれ取るやん!」

鳩「と、怒ってもだめよ。まず、新発の債券よね。だから流通しているものより値が張るのは当然なのよ。あと、今回は100万円単位の個人向けでしょ? いろいろ事務が煩雑な分コストがかかるのよ。それらを勘案すると、2.66%の利回りはまずまずじゃないかしら?」

鷹「そうやったんか…。正直すまんかった」

鳩「途中換金しないと腹を決めて、シティバンクは潰れないという見通しの人は、まずまず良い運用先かもね」

鷹「しかし、ひとつ拭い去れない考えがあるんや。。『シティバンクは本国で資金調達するのがしんどくなってきてて、日本の個人から金を吸い上げようとしている』。たぶんそうなんやろうけど、本国での資金調達がほんまに厳しくなった時、この債券の価格は暴落するで…」

鳩「検討中、このエントリを見てみゅみゅみゅと考えた方⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします。」
コメント、こういうテーマで書いてほしいというお便り募集しています

追記 同様にサムライ債を起債予定していたプルデンシャル(アメリカの大きい生命保険)が、マーケット環境が悪いことを理由に起債をキャンセルしました。ということはどういうこと?? 環境が悪いのにシティは敢えてサムライ債を出すってことは、そこまでシティが追い詰められているのか?? 傘下の消費者金融も閉鎖するようだし。あるいは、悪環境の中でも購入者が多数いる、シティは評価されている、と見るべきか?? 

購入検討者とどう考えているのでしょうか? コメントどしどし上等中

関連記事

個人向け債券 | trackback(0) | comment(0) |


2008/06/16 (Mon) 【鷹鳩】勝間和代への挑戦状

一日たっちゃったんだけど、今週の日経ヴェリタスの勝間和代VSみずほ銀行頭取の対論を読んで一言物申す。
読んでない方? 要は、勝間さんが言いたいのは「こんな時代に預金はリスク。リスクを嫌う国民性、金融リテラシーの低さ、銀行の無能さで投資へ全然金が流れてない。あほちゃうか」ということ。

超外資系vsこってこて邦銀系なので議論がかみあわないかみあわないw
どっちもどっちなんですが、あえて勝間さんに噛み付いてみる。

そもそも預金ってリスクなんですかね? インフレ時代に預金してても価値が目減りって話なんでしょうが、えいやって投資して大きく元本減らすほうがよっぽどリスクでかいと思うんですが。たとえば、去年の年初から夏にかけて株が上昇してて、『よーし、パパも投資して教育資金つくっちゃうぞ』って勇んで株に投資した人…。完本が2/3になっちゃてるんじゃないですか?? 外国、たとえば中国株、ベトナム株、南アフリカ通貨に投資したパパさん、死んでませんか? 

投資に踏み出すこと自体、大きな決断、リスクを取っている。預金もある意味、りっぱな運用手段の一つだとは思いますよ。それでお金が増えなくたって減る事もなく、それで生活ができて家族みんなで幸せならそれでいいんじゃないですか?? 

だいたい勝間さん、対談っていうか一方的に攻撃をしかけてるだけですよね。まぁ、この人は戦略コンサルとか外資投資銀行で活躍した人だから、ロジカルに相手を倒してなんぼの商売、その姿勢がしみついちゃってるんでしょうが。でも、ウン億円も稼いでる人から、運用しなくちゃだめよって言われてもねぇって感じしません?? 

まず、本当に運用が必要なのかどうかを考える。お金が足りるのか足りないのか。お金が足りないなら、お金に働かせる、というのは短絡的じゃないですか? 

それでもなお!という強い意志があって、勉強もするという熱意があって、投資を始めるもんじゃないですかね。

ただ、金融機関に勤める人とそうでない人とのリテラシーの差が大きいという、みずほ銀行頭取のご意見はもっともで、私も大学時代の友人と話していてもまったく話が通じないですから。だから、一般の人にも今のマーケットを分かりやすく伝えるブログをやってみようと思ったわけですけれども…。

今のところどうなんでしょ? 伝わっているんでしょうかね? 

まだまだだな という方⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします。

コメント、こういうテーマで書いてほしいというお便り募集しています

関連記事

NHKスペシャル/ガイアの夜明け | trackback(0) | comment(6) |


2008/06/14 (Sat) 【鷹鳩】スワップ派復活の兆し

鷹「日銀政策決定会合も終わり、なんか欧米利上げに前のめりなのに対して、日銀はそれほどでもないようやな」

鳩「各国中央銀行の政策は異なる、ってね。まぁ、当然の話だけど」

鷹「そうなるとまた欧米と日本の金利差が拡大しそうやな。実際拡大しとるんやが」

鳩「金利差といえば一昔前に栄華を極めたスワップ派ね。去年の8月以降死んでいるでしょうけど」

鷹「しかし、このところの金利差や為替の動きを見ていると、スワップ派復活の兆しやな。今日はスワップ派の皆さんのために、スワップポイントの見通しについてお話をするで」

鳩「まずは過去エントリのスワップ派は必読!?を一読して、そもそもスワップポイントって何かを理解してね」

鷹「そして日経新聞を用意な。日経の『マーケット総合2』頁を開いてもらおか。右っかわに主要指標、外為市場ってあるやろ? その真ん中あたりに『銀行間ドル直先スプレッド』という欄がある。これがインターバンクマーケットにおけるスワップポイントや」

鳩「『3ヶ月 d0.59』とかあるけどどういう意味?」

鷹「簡単に言うと3ヶ月先までのスワップポイントが1万ドルあたり5,900円ということや。5,900円/90日間=65.6円やな。今は一日50円くらいやろ? つまり今後は日米の金利差が拡大してスワップポイントもかなり改善するっちゅうことやねん

鳩「なるほどね~。しかも円安気味だから為替差益でも儲かるかも…」

鷹「まぁ、そればかりは保証できんけどな。ただ、スワップポイントは今後間違いなく上がっていくで」

鳩「今年死んでしまったスワップ派の皆さんに『ザオリク!』」

レイズ派の方⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします。

コメント、こういうテーマで書いてほしいというお便り募集しています

関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(5) |


2008/06/12 (Thu) 【鷹鳩】今回は松藤民輔の勝ちかもね

今までタミー理論にいろいろと突っ込んできましたが(突っ込みどころ満載なだもん)、こっから暫くの相場はタミー先生の言うとおりかもね。ほぼagreeですわ。タミー先生の最近の主張を振り返っておくと、『USD高』『原油は加熱しすぎ、調整が入る』『株は暴落! ワーニング!!w』『大きな金融機関が破綻する』『そして金の時代が来るw』

今年に入って『サブプライム問題で米国ひどいからUSD安』とほとんどのアナリストが主張してましたが、3月に95円付けて以来、ほぼ右肩上がりでUSD買戻しですね。108円taken!!  108円。誰が予想してた? 

インフレとリセッションに悩むFEDとECB。口先介入だけではインフレは収まらない。お互い、通貨高を望むから為替を使ってインフレを抑えることも出来ず。金利は上げていくしかないでしょうね。マーケットは既にFEDの年内25bps利上げを2回以上すると織り込んでる。
そして我等がBOJも利上げ間違いなくするんだ、と織り込んでる。しかし、しかし、しかし、それはおかしい。誰かが勝手に日米欧協調利上げと言い出しただけじゃないか? 日本のインフレは欧米と比べてそんなに深刻なのか?  白川さんが髭爺とトルシエ並みにタカ派的なコメント出せるのか? 就任したばかりで、景気の下振れリスクに配慮って言ったばかりなのに、利上げするのか? また土壇場で永田町からちょっとまったコールが掛かるんじゃないの? 内閣支持率が低空飛行を続ける中で、自民党が利上げを許すの?(もちろん独立しているんだけど、現実問題として)

そう考えると、今のマーケットが『来年3月までに日銀は2回利上げを間違いなく行う』という織り込みは明らかにおかしいと思うのです。これが剥がれるとき、相場は南を向く。いや方角的には北を向く。日-欧米間の金利差は拡大、円安になる。USD/JPYは110円も視野に入ってきた。

まぁ、ここまで読んでくれた方は恵みの⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします。

コメント、こういうテーマで書いてほしいというお便り募集しています

関連記事

松藤民輔の部屋 | trackback(0) | comment(2) |


2008/06/10 (Tue) 【鷹鳩】最近の相場のまとめ

正直、体も頭もしんどいのだが、ここ数日の相場のまとめ&前回エントリの相場予想のレビュー

その前に愚痴を少し。本日の債券市場は、4月の債券市場サーキットブレーカと同レベルの動きでした。まぁ、なんといっても前日米国の2年債が33bpsも下落してますからね。債券先物はタコ売られ、あわやストップ安でした。現物も16毛とか19毛甘とかわけわかめ。そして円金先。5年ほど見てきましたが、21ティック安とか初めてみましたよ…。サプライズ利上げと同じくらいの動きなんじゃ…?

なんでこんな動いたのか? 少し前までは、相場のテーマは『サブプライム発のリスクリダクション、そしてクレジットクランチ、熊の次は?』でした。株が売られ、円高になり、債券が買われる。今思えば、教科書とおりの非常に『素直な相場』でしたね。

今は『原油高、コモディティ高発のインフレ懸念、実体経済悪化の中での利上げはいつ?』。各国中銀は非常に難しい舵取りを迫られている。景気はリセッション気味ながらも、インフレ圧力を抑えるため、金利を上げざるを得なくなってきている。USD安はインフレ加速要因なので、髭爺もポール損もUSD安への牽制をしかける。『FEDは9月までに25bps利上げ』。市場はこれを8割ほど織り込んでいる。翻って、日本。インフレとは言いながらも今まで散々デフレデフレって言ってきたので、インフレの影響は他国より軽微? BOJの年内利上げは7割ほどの織り込み。どちらにせよ、しばらくは日米金利差は開く一方でしょうね。そうなると、USD/JPYは上がりたくなるのが人情。ほら、107円taken!

前回エントリのレビュー、まだ火曜日だけど。

鷹「というわけで、まとめると、株は大きく下げて下値もみあい。金利は乱高下、月曜日は買われるもインフレ懸念・受給懸念もあるので、上下大きく振れる。原油はいいところまで来たと見る。為替は…、んー。やっぱりやな、FEDの次のアクションは間違いなく利上げなんよ。BOJはすぐには行動起こせないからな。そう考えるとUSD/JPYは上かな」


すばらしくないですか?ww 

嗚呼、しかし今日は本当に疲れた。

お疲れ様のクリックを⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします。
コメントもお待ちしております。

関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(1) |


2008/06/08 (Sun) 【鷹鳩】さーて、来週の相場は?

鷹「なんといっても金曜日の雇用統計が尾を引くんやろな。失業率5.5%ショック」

鳩「ダウが400ドル近く下げてるからね。シカゴ日経先物も14,000円をなんとかキープしている水準」

鷹「14,000円割り込むな、これは。さらに前から警告してる不動産銘柄のアボーンが近い」

鳩「センチメント悪いわね。ただ、3月のようなクレジットショックにはならなそう。CDSは割りと落ち着いているわね。月曜日はiTraxxは100を越すかしら?」

鷹「金利面では米国は債券買われて金利低下、そしてUSD安とコンボしたな。でもこの流れだと、円債も買われて打消しやないかな。正直、為替を読むのは難しい局面」

鳩「原油やコモディティはどうかしら? 青天井な感じだけど」

鷹「原油はもういいかげんいい所まで来ている気がすんねんけどな。とにかく足の速い金が入ってるから、落ちるときのスピードは速いで」

鳩「作者さんは、コモディティ投信を解約したと。まぁまぁ儲かった」

鷹「というわけで、まとめると、株は大きく下げて下値もみあい。金利は乱高下、月曜日は買われるもインフレ懸念・受給懸念もあるので、上下大きく振れる。原油はいいところまで来たと見る。為替は…、んー。やっぱりやな、FEDの次のアクションは間違いなく利上げなんよ。BOJはすぐには行動起こせないからな。そう考えるとUSD/JPYは上かな」

鳩「久しぶりに相場を語ってみましたw とにかく月曜日は大きく動きそうね⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします。
コメントもお待ちしております。

関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(0) |


2008/06/05 (Thu) 【鷹鳩】相場は南を向いた

本日はタミー風味の文章にしておりますw


しかし日経平均は底堅い。
ダウと日経平均のチャートを見てみよう、とジェフが言う。ダウは下がりそうなチャートなのに日経は上がりそうなチャート。デカップリング?? そんなに、日本の市場環境が良くなった??

否。クレジットスプレッドこそ、3月から縮まったけど、以前も書いたように、不動産業界がかなり危険。今月中に数社逝ってしまう? 米国では、リーマン、メリル、モルスタなどの格下げ、JPMチェース、バンカメでさえネガティブな見通し。来週再来週で決算がでるが、そこで爆発するのかな? みな戦々恐々。モノライン危機も再燃。

戻って、日本の不動産業界。業界の数人に聞いたが、みんな目が死んでる(笑、否、笑えない)。数年キャリアを積み上げてきた人が多く、いまさら別の世界には移れない、お先真っ暗という感じだよ。スルガコーポ、ゼファー、そしてアーバンコーポ。とてもこれらだけでは済まないね。カタカナの名前のファンドは大打撃、いや壊滅。そして金の時代が来るw

そんな環境の中、やはり日本株だけ上昇するのは解せない。今の上昇は来るべき暴落へのプロローグ。大きなモメンタムの変化を読み取ろう。待つ、学ぶ、真似る。先物を買ってる筋が手を引く時、株価は自由落下するのかな。相場はまだまだ南を向いている。



タミー風味かなーと思った方⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします。
コメントもお待ちしております。

関連記事

松藤民輔の部屋 | trackback(0) | comment(2) |


2008/06/03 (Tue) 【鷹鳩】相場の大きな転換点かも

鷹「別に松藤民輔、タミー先生が『大暴落の予兆あり!』ってアジってるからではないで。今日は相場の大きな転換点になる気がすんねん」

鳩「そうなのよねー。まぁ、引いて見れば株が安く、円高で債券買われて。まぁ、米証券の格下げで、悪い影響あったのかなって感じかしら?」

鷹「そう。引いて見て普通に見ればそう捕らえるわな。それも正しい。しかし、本日作者さんが一番『こりゃぁやべぇ』と感じたのは国債の入札やな。今日は10年国債の入札があったんや」

鳩「完全にプロの世界なので知られてないけど、毎月この国は国債を発行しているのよね。そして入札でそれを消化していると」

鷹「今日入札のあった国債は表面利率1.8%と高水準やった。直前の金利水準からしたら、100円以上で高く入札されても不思議ではないんやが、それでも、あまり需要はないかなぁということで、100円、つまり利回り1.8%が最低落札の予想やったんやが。ふたを開けてみると、最低落札価格99.80円。いわゆる札が流れるという状況。つまり、『みんな10年の国債なんか要らない』という結果やった」

鳩「幸田真音さんの『日本国債』を読んだ方ならこのニュアンスが理解できると思うんだけど。一読をおススメしとくわ」

鷹「札が流れるということは、国債イラネってこと。市場の反応は通常、債券売りなんや。本日も直後は売られたものの、その後怒涛の買い買い買い。訳が分からないうちに値が吹っ飛んで大混乱のディーリングルームやったわー」

鳩「いろいろ話し合ったんだけど、これだという解釈には合ってないのよね」

鷹「うーん。一応、リーマンブラザーズが赤字に転落とかニュースがあってんけど、それにしては異常な買戻しやったなぁ。どちらかというとショートしてた人の吊るし上げっぽい動きやった」

鳩「ここんとこ世間を騒がせてるCTAかもね。リーマン赤字に反応したとしてはCDSの動きがソフト」

鷹「まぁ、という不可解な動きをしたのが非常に印象的やった。CTA筋の本格的な買戻しってことはやな、いずれ株先物にも大量な売りがでるってことやからな。そういう意味で、株安が加速するし、CDSワイドニング、円高というクレジット収縮への転換点になるかもしれんと思ったわけや」

鳩「宵越のポジは持たねぇ、っていう江戸っ子ディールがいいかもね。江戸っ子の方⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします。
コメントもお待ちしております。

関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(1) |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。