プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/05/31 (Sat) 【鷹鳩】日経平均が絶好調の裏で

ついに来ましたね。
ススガコーポレーション そしてゼファー。

金曜日の引け後に両社とも格下げされております。スルガはCCC、ゼファーBB- 。
ちなみにCCCは「現在のおいても不安な要素があり、債務不履行に陥る危険性がある」
「おそかれ早かれ倒産する」ってことです。

日経平均が力強く上昇する中、クレジットを見ている私にとって、このニュースのほうが正しいのではないかと思うのです。スルガは違法行為なんでまたちょっと違うんでしょうが、ゼファーは完全にクレジットクランチの犠牲者です。サブプライム以降、銀行が不動産関係の会社には金を出さなくなったという証左ではないでしょうか。

いわゆる不動産ファンドに勤める友人が数人いるのですが、彼らはみな、資金が集めれなくなったと言っています。(先日お昼ご飯を一緒に食べたのですが、主な銀行に融資をお願いしに行ったけど全部断られたと話してました)

彼らの資産は多くが不動産、資金繰りに困ってもすぐに換金できない→ますます資金繰りが悪化→それを聞いた金融機関はますます資金を出さなくなる。

負のスパイラルです。

スルガ、ゼファーはまもなく逝くんでしょうが、これですまないでしょうね。

カタカナ系不動産銘柄を持っている方はご注意を⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします。
コメントもお待ちしております。

関連記事
スポンサーサイト

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/27 (Tue) 【鷹鳩】ガイアの夜明け JAL復活

鷹「本日のガイアの夜明け。前例踏襲主義のお役所JALを改革しようと頑張る社長の姿が印象的やったな」

鳩「『JALは存亡の危機にある』と言い切ってしまうのも凄いわね」

鷹「実際、世間では存亡の危機までいってるとは誰も思っとらんだろうな。就職人気ランキングでも上位だし、合コンランキングでは未だにトップクラスやろ」

鳩「実際、今日入社式の映像があったけど、女の子みんな綺麗ねぇ」

鷹「危機を乗り越えるため、ひたむきに頑張るスッチーに萌えるなぁ」

鳩「…。それはそうと作者さんからJALに関してお詫び&訂正」

鷹「インフレ時代の資産運用で書いたんやけど、JALが危険水域一歩手前の格付けだってな。もうすでに危険水域真っ只中でしたわいw。ムーディーズでBa3、そしてS&PではシングルB+!!。 いわゆる犬も食わないジャンクボンドやな」

鳩「そして2-3%の利回りか?と述べたJAL債だけど、流通市場を調べてみたら10年債で5%以上。実際買うときは、証券会社に抜かれちゃうからもっと低いかもだけど」

鷹「勉強になるやろ。でもJALスッチーのとの合コンで知ったか知識の披露で『JALってシングルBだよね』とか『ジャンクボンドだよね』とか言ったらお終いやでぇ」

鳩「そんなこと言わないっても意外と知識披露しちゃいたいKYが多いのよねぇ、最近」

鷹「そんなKYのためにもういっちょ。JALのメインバンクはどこか知っとる? メガバンクではなくて政策投資銀行(DBJ)なんよ。まぁ、言ってしまえば、DBJ=国がJALを延命させてるといっても過言ではないんやけどな。そのDBJが今年10月に民営化される。しばらくは政府の関与が続くものの、数年後には完全民営化するんよ。そうなった時、いつまでも国策で生き延びさせてきたゾンビJALを支えておくかいなー? 疑問」

鳩「お荷物JALを抱えておくことで、株主への説明責任が果たせるかどうかってことよね。そう考えると、JALの将来はガイアの夜明けがきれいにまとめたように順調なものではないかもね」

鷹「もし本当にJALがクラッシュしてしまったら…。合コンで知り合ったスッチーに優しい言葉を掛けてあげよう…」

鳩「…。いい加減にしなさい!」

ジャンクボンドでもスッチーはスッチー という方⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします。
コメントもお待ちしております。

関連記事

NHKスペシャル/ガイアの夜明け | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/25 (Sun) 【鷹鳩】日経ヴェリタス裏読み

日経ヴェリタス。日経新聞社の金融市場に関する総合紙。毎週日曜発行。

まぁ、昔の日経金融新聞とか公社債情報とかを廃止して、ヴェリタスに一本化したんですが。ページ数も多くて、読み応えある。

特に、私は為替、債券、CDSなど指数の取引がメインであって、特定企業の買収とか資本政策とかには疎くて、企業に関する記事は読んでて「へー、そーなんだ」ってのが多い。あと、本日の一面「自分年金」みたいに、個人に投資啓蒙を行う姿勢を応援したい。

と、持ち上げておいて突っ込みも入るわけでw

フォーカス項の「株式デリバティブ 個人も挑戦」について。
もちろん記事が間違っているわけではないんだけど。でも、「日経平均が下がると思うからプット買い」「上がると思うからコール買い」というのはどうなんだろ。
上がると思うなら先物買えば良いじゃない? 下がると思うなら先物売れよと。
わざわざオプションやる必要はないわけで。

オプション取引を始める際には、まずそこをしっかりと認識してほしいので、今日のヴェリタスの記事にはイラっときてしまったわけです。

オプションというのは上がるか下がるかだけを予想して取引するものではないんです。さっきも言ったように、上がるか下がるかで勝負するなら日経225先物でやったほうが、よっぽど効率がいい。そうではなくて、期間の概念やボラティリティで勝負するものだと個人的には思うわけです。

もっと具体的に言うと、オプションのパラメータのデルタ、ガンマ・セータ、ベガのうち、何にどれだけ賭けるのかという取引です。(もちろんピンをどこに設定するかというのも重要)

そういうのをウンウン考えながら、「13000円のプットを3枚売ろう云々」と考えるわけで。

「下がると思うからプットの買い」というくだりはなんだかなぁと思ってしまったわけです。

しかも「プットとコール、両方売ってそれぞれオプション料を得る」 これを「裏技も繰り出す」ってw
普通にショートストラドルという基本の取引で裏技ではないですわね。

とまぁ、鷹くん鳩ちゃんを書くネタに困って、ちょっとやっつけ気味で書いてしまったんです。

日経オプションはじめたいという方 ボラが微笑むから こちらのサイトの50%が理解できるようになってからのほうが宜しいかと思います。

何気に市場が動かない土日より平日のほうが好きな方⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします。
コメントもお待ちしております。

関連記事

NHKスペシャル/ガイアの夜明け | trackback(0) | comment(1) |


2008/05/22 (Thu) 【鷹鳩】松藤民輔への挑戦状 その2

ついに有料化してしまったタミーの部屋。
有料コンテンツだけに不用意に転載なんてしたら怒られそうなので、タミー先生の主張していることを要約して、それを検証していきます。

今回はGold/Crude Oil ratio (ゴールドオイルレシオ)です。
タミー先生はこのように述べられてます。

金価格を原油価格で割ったレシオをGold/Crude Oilと呼ぶ

違いますw。原油価格を金価格で割ったレシオがゴールドオイルレシオでふ。金1オンスで何バレルの原油が買えるかということです。1929年の恐慌のときの最高値が70、現在は7以下だそうです。
タミー先生は、これを見て「金が割安で原油が割高。現在のレシオ6.86は売られ過ぎである。いったん暴落すれば?1929年のように70になる可能性は否定できない」とのこと。

確かにレシオだけ見れば、金価格に対して原油が上がりすぎという気がします。しかしですよ、たとえばこの30年で世の中は大きく変わっているわけです。何が言いたいかというと、原油と金じゃ、この30年でそれぞれに対する需要の変化がまったく違うでしょ、ということ。

30年前、冷戦真っ只中、何時間もならんで干からびた野菜を買っていたソ連。人民服を着て、自転車に乗っていた中国。牛とカレーしかなかったインド…。(すべて私の貧弱な想像力の賜物ですw)

こいつら何十億人が、一斉にマクドでハンバーガーを食い、スタバのカフェラテを飲み、自家用車を乗り回すわけですよ。テレビなんかみんな持ってるもんね、エアコンも。

当然、石油は大量消費されるわけで(発電、自動車はもちろん、プラスチック製品などなど)。世界の構造の変化による、原油への需要の高まりというのは確実にあるわけで。何もかもヘッジファンドのせいにするわけにはいかないわけで。

一方で金。こちらも需要は高まっている。たとえば携帯電話には金が使われているらしい。そのほか、様々な機械や電化製品にも使われているんだろう。もちろん貯蓄にも。

でも、石油の使われ方と比べてどうなんだろう? 石油需要の変化/金需要の変化 レシオ(これをゴールドオイル デマンド レシオと名づけよう!w)は確実に上昇してるよね。

そう考えたときに、タミー先生が言うレシオの数値を見て、原油が割高で金が割安って言えるのだろうか? 皆様方はどう思われますか?

それでもタミー先生についてきますという方⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします。
コメントもお待ちしております。

関連記事

松藤民輔の部屋 | trackback(0) | comment(3) |


2008/05/21 (Wed) 【鷹鳩】松藤民輔氏ブログ有料化

まことに残念であります。

今しばらく無料で見れるかと思っていたんですが、ついに有料化。
月2,000円だそうで。まぁ、金額自体はたいしたことないんですが
お金払ってまで見るのか? といわれると、考えてしまうのです。
というわけで、まだ会員登録してません。

たぶん同じ考えの方は多いのでは?
有料ならばそれなりにサービスを整えなくてはならない。
ブログと違って商品なわけですから。
お金を取って、情報を提供するという恐ろしさ、分かっているのでしょうか。
少なくとも2日に1回は更新してほしいですね。

さて、うわさのwゴールドシルバーレシオ。チャートを張っておきます。
GSR

52近辺をうろうろして、一向に松藤氏が唱える危機の57のレベルまでいきません。

といってる間に、なにやら今度はGOLD/OILレシオみたいなものを提唱してるではないですか。もう、こうなったら、このブログでいちいち彼の予言を検証していきますから。

検証賛成の方⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします。
コメントもお待ちしております。

関連記事

松藤民輔の部屋 | trackback(0) | comment(2) |


2008/05/18 (Sun) 【鷹鳩】インフレ時代の資産運用 その2

鷹「えー、インフレ時代の資産運用その2や。前回はJAL社債なんかもおすすめしたんやが、当然リスクを承知の上、ご購入は自己責任にて、やな」

鳩「そうね。JALは絶対つぶれないという信念を持ってる人には、魅力的な利回りになると思うわよ」

鷹「で、物価連動債について。おさらいやが、株、債券、為替、商品もこの先不透明な中で、かなり高い確率で読みがあたりそうなのは『物価は上がる』ということや。これは異論ある人も、あんまおやんのではないかいな」

鳩「かといって、積極的にインフレに賭けて儲ける商品ではないので、あくまでほかのメインの資産のインフレヘッジに使うということね。モーニングスターで検索かけてみるとこちら。結構設定があるのね」

鷹「そうやな。国債債券型、国内債券型は読んで字の如く。世界の物価連動債へ投資するか、日本の物価連動債へ投資するかの違いやな」

鳩「日本の物価連動債そのものは現在のところ、個人向けには販売してないみたいなので、投資信託を使うしかなさそうね。でも、いくつか詳細を見てみたんだけど、物価が上がってる上がってるって言う割には、10,000円割ってる銘柄が多いわね? 何でかしら?」

鷹「それはなかなか鋭い質問やな。たぶん、その質問に答えられる投資信託の販売員は全国でも、そう居ないと思うで。ましてや、ブログでそのことについて触れているのは皆無やろうな。だからよく聞くんやで。たしかに物価は上がってる。CPIも上昇してる。やけど、物価連動債そのものの価格は下落しとるんや。それはなぜか? サブプライムショックのあおりを受けて、少しでも変わった仕組みの債券は誰も買わなくなったからや。みんなサブプライムの仕組み債で懲りたからな。だから物価連動債も最近できた新しい商品で、仕組みもちょいと複雑だからみんな買わない→流動性が落ちる→価格が下落というわけや」

鳩「ほへー、なるほどね。でも逆に考えると、実際の物価高に比べて、今は割安に放置されてるという考え方もできるわね」

鷹「そのとおりや。作者さん自身も、流動性の問題で価格が安いだけなら今は買い時と思ってるそうや」

鳩「皆様も、資産の一部に物価連動ファンドを組み入れてみては如何かしら? 面白そう、参考になったって方は⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします。あ、あと、コメントもどしどし受付ます。こんなテーマについて書いてほしいってリクエストもOKだそうよ

関連記事

資産運用 | trackback(0) | comment(1) |


2008/05/16 (Fri) 【鷹鳩】インフレ時代の資産運用

鷹「本日は普段と趣向を変えてやな、個人投資家として資産運用をどうするかという話や。普段のトレーディングやマーケットではなくて、長期的な視点に立った場合の運用やな」

鳩「鷹くんは切った張ったの相場師だから、運用は無理でしょ。しかも負けてばっかだし、損切りできないし、足臭いし」

鷹「うるさいわ。え、さて、サブプライムから始まった金融市場の混乱。4月からはだいぶ雰囲気が良くなってきたな。やけど、一方でシティバンクが40兆円の資産売却とか、銀行間の取引は薄いままとか、火種はくすぶってるな。こんななか、どうやって運用するんやろな」

鳩「そもそも何に投資するのかしらね。新聞でも報道されていたけど、投資信託からは資産の流出が超過って。みんな一旦、現金化してるのね」

鷹「値下がりしてロスするより現金のほうが安全やからな。しかし、パンも米も石油も何もかも値上がりしている中で、現金で持っていてもインフレで価値が目減りするで。預金金利も雀の涙やし」

鳩「作者さんのお勧めのひとつは、債券ね。といっても国債ではなくて、もうすこし利回りのいいもの。たとえば日本航空。就職ランキングでも、合コンでも、人気の高い会社よね。ナショナルフラッグだし、まさかつぶれないと思ってる人が大多数よね。でもね、金融市場では逆。日本航空は破綻寸前という評価なのよ。格付けも危険な水域の一歩手前、銀行も要注意先とみなしている会社なの。だ・か・ら、日本航空の債券は利回りがすごくいいの」

鷹「そうなんやー、実際にどれくらい?」

鳩「それは、期間やものによって違うし、取り扱っている証券会社によっても違うのでなんともいえないけど、年率2-3%以上はあるわよ、きっと」

鷹「JALはつぶれないと思ってる人にはええな。あと、利回りが高くて人気なのはオリックスやな。これも有名な会社やけど、意外と利回りが高くてお勧めや」

鳩「債券以外では、物価に連動する投資信託はどうかしら? 株、為替、商品。どれもこの先不透明な感じだけど。物価、これはほぼ間違いなく上昇すると思うわね。物価連動債という債券があって、利回りが物価上昇率に連動するのよ。今の環境には向いてるんじゃないかしら」

鷹「後日、物価連動の投資信託を扱っている証券会社を紹介するで」

鳩「で、鷹くんは何に投資するの?」

鷹「アイドルファンドなんてどうやろ? ヒットしたら大もうけ。一攫千金の夢や。将来のアイドルと今から仲良くなれるかもしれんし。うしし」

鳩「…。アイドルファンドとか映画ファンドとかワインファンドとかラーメンファンドとか。ほとんど元本割れしてるからね、いっとくけど」

鷹「元本割れても、アイドルとお近づきになれるなら惜しくない! 同じ考えの方⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします」

関連記事

資産運用 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/13 (Tue) 【鷹鳩】ガイアの夜明け 新銀行東京

前回、ガイアの夜明けネタを書いたら、検索でたどり着く人多かったのでw また書いてみる。

実は作者は、金融業界に入りたての新人時代に、このスコアリングモデルを用いた融資をずっとやっていた。なので結構、内部の詳しいところまで知ってるつもり。裏ワザなんかもあるので、暴露してしまおう。

その前に、いろいろ突っ込み。新銀行東京は2005年春に開業と。銀行の貸し渋り対策と銘打ってるが、2005年なんてむしろ『押し貸し』と言っていいくらい、どこの銀行も中小企業融資に力入れてましたがなにか? 

そもそも新銀行東京の融資形態を『画期的な』とか紹介している時点でぜんぜん違うから、ガイアさん。スコアリング融資は大体2002年くらいに始まったんじゃないかな。最初に始めたのは三井住友銀行。その後、多くの金融機関で取り扱いが始まったんだよ。2005年なんて、このスコアリング融資がいったん飽和状態になった時期ですよ。。。

無担保、保証人無しってのはその通り。で最短3日で返答とあったが、慣れてくれば1時間で諾否は出せます。決算書さえあれば、財務データの入力(といっても決められた項目の数字をPCに打ち込むだけ)に30分、ポチっとボタン押したら、ランクがでてくると。あとはそのランク、期間などによって金利が自動的に決まるので、必要書類を準備してもらって、契約書締結、おしまい。火曜日に新規先から「借りたいんだけど」と電話もらって木曜日に融資の実行をしたことありますから。

ここから裏話。ガイアでもありましたが、融資取込詐欺はやはりありました。とにかく短時間で件数をこなす融資なので、決算書も丁寧に見ない。というかほとんど見ない。データを打ち込むのに使う資料という位置づけです。だからその信憑性なんて気にしなかった。なので、税理士とグルになって決算書や納税証明書を偽造してお金を引っ張り出そうって輩はいますよね。

もうひとつ裏話。財務データから算出されるランク。これは各銀行によって多少は違うんでしょうけど、たぶん大体一緒。安全性(流動性比率とか自己資本比率とか)と成長性(前期、前々期からの利益増加率など)の各項目に点数を振って、合計点でランク決めするんです。で、決算前の3月の末に色々と工作を示唆するわけ。たとえば、現金に余裕があるなら借り入れを一括返済させちゃう。そうすると決算時の自己資本比率とか有利子負債が減って点数が上がる。逆に現金があまりないなら、一時的に2-3年でお金を借りさせる。そうすると、現金が増え、長期借入金が増える。有利子負債・自己資本比率ではマイナスなんだけど、流動性比率や長短バランスでプラス点がつくので、ランクは上がる、、、などなど。

おそらく新銀行東京の場合は、さらに上(?)を行ってたんでしょうね。他行の返済ができないから、返済に充てるお金を新銀行から借りるとか…。悪徳サラ金のおまとめローンですね、完全に。

こんなドアホな経営をしていた銀行に税金が注入と。。。 まぁ、邦銀もかつて公的資金を注入されているので大きな声では言えませんが、あまりに酷い。


石原都知事、目をしぱしぱさせ過ぎ! って方は⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします



関連記事

NHKスペシャル/ガイアの夜明け | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/11 (Sun) 【鷹鳩】松藤民輔説はさもありなん その2

鷹「前のエントリで出てきた『レパトリ』についての補足なんやけどな、この『レパトリ』が相場を動かした例を挙げておこうと思ってな」

鳩「鷹くん、なんだか親切になったわね」

鷹「いや、母の日だけにFX主婦へのプレゼントや。でな、このレパトリなにゃけど、実は日常的に発生しておって、為替ニュースなんかに『本日は欧州の債券投資の利払い日ということもあり…』なんてフレーズ聞いたことあらへん? 日本の投資家さんが欧州へ債券投資をしてて、利払い日にあたる日はEURを売ってJPYに換えるフローが出やすいってことなんよ」

鳩「へー、そうなんだ。知らなかったわ」

鷹「といっても、この利払い日のレパトリは金額もたいしたことなく、それで相場が極端に動くってことはないな。多少は影響あってもな。真理的な面もあるんやろうけど」

鳩「じゃぁ、レパトリでは大して相場は動かないってこと?」

鷹「いやいや、それが影響が大きい場合もあるで。2005年の為替相場、皆さん記憶しとるかな?? 基本、一方方向でUSD高やった。これはレパトリが意識されてたと作者さん。その背景には『本国投資法』があったんや」

鳩「また新しい言葉が出てきたわね。『本国投資法』って?」

鷹「米国本国投資法(Homeland Investment Act)とは、2004年10月成立。米多国籍企業の利益・配当金、余剰資金を米国内に送金する場合、税負担を優遇して米国内での投資を促進するための法律。通常ならば、35%の税率が適用されるが、2005年に限り5.25%になる。ソニー銀行のサイト
つまり海外で稼いだ利益を米国に送金すると、税金がべらぼうに安くなる罠。送金するだけで30%の利回りや。そんで2005年はUSD買いが続いたんよ。知ってた??」

鳩「実際にチャートをみてみましょうか。まずはUSDJPY
usdjpy=x.gif

そしてEURUSD
eurusd.png

みごとに2005年はUSD高ねーーー」

鷹「そうやろ? シティだけで41兆円、そのほか危ない米系金融もいっぱいあるわな。そいつらがいっせいに海外資産を現金化して本国に送金したらどうなるんやろな? それが松藤氏の読みでもあるんやろうけどな」

鳩「ほぇーーー なるほどね って方は⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします」

関連記事

松藤民輔の部屋 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/11 (Sun) 【鷹鳩】松藤民輔説はさもありなん

鷹「GW明けての週末、いきなり『シティ41兆円資産売却』の話やな」

鳩「シティの総資産がどれだけあるのかわからないけど、すごい金額よね。それだけ切羽詰まってると考えるのが筋よね」

鷹「意外とこのブログにやってくる方は『松藤民輔』『ゴールドシルバーレシオ』で検索してくる人が多いということやから、シティと絡めて書いてみるで」

鳩「松藤氏は『金融センターが危機に陥るとき、その国の通貨は強くなる』と述べ、今後USDが強くなると話してるわね」

鷹「それはつまり今回のシティバンクのようにやな、金融機関の体力がない・資金繰りも危ない⇒海外にある資産を売って、しのげ⇒海外の資産を売却、本国に送金⇒USD高海外通貨安ということなんやろな。これは作者さんは以前からしている理解やけど」

鳩「ちょっと専門用語で言うと『レパトリ』ていう話ね。海外にあるお金を本国に戻すことを『レパトリ』といいます」

鷹「おそらく松藤氏の言いたかったことは『レパトリによるUSD高』なんやろな」

鳩「実際41兆円のフローはかなり大きいわね。まぁ、売却したお金をすべて本国に持ち帰るかはわからないけど」

鷹「あと今後2・3年かけてやからな。均されるとそんなに為替動かんかもしれへん」

鳩「ところでゴールド・シルバー・レシオだけど、こちらは53近辺で推移。このGSRってもちろんそんな指標は一般的ではないので、作者さんはブルームバーグで自作して数値だしてるわ。チャートもあるので、皆さんにも提供したんだけど、ブルームバーグのチャートを張るのがオッケーかどうかわからないからねー」

鷹「しかし、松藤氏、大人気やな。ブログが有料化されるのが残念や」

鳩「松藤氏のUSD高論、よく分かった方は⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします」

関連記事

松藤民輔の部屋 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/06 (Tue) 【観た人】ガイアの夜明け 暗闇の職場

とりあえず張っとくw

関東礦油
http://www.kanto-koyu.co.jp/
こんな派手なサイト作るくらいなら残業代くらい出しなさい。

しかし、「社長のあいさつ」から引用するが

「人・物・金が企業経営の三本柱といわれていますが、ともあれ基本的には人にありと考えます。
関東礦油(株)は、お客様に信頼されるSS運営をモットーに、熱意ある社員の一人ひとりの切磋琢磨によって、着実に発展しつづけてまいりました。21世紀を支えるエネルギー産業の一翼を担う企業として、また、ますます高度化するクルマ社会の中でアメニティーとコンビニエンスを提供するカーライフサポート企業として、関東礦油(株)は現代そして未来の社会に人財とともに貢献してまいります。」(色つきは作者)

…。。。。。。。

私ができるのはこのくらいですが、今後当社のサイトがとう変化していくのか観測していきたいと思います。


しかし、本当に非正社員の待遇は酷いですね。
企業もこの問題には真剣に取り組まないと、思わぬレピュテーションリスクを抱えまっせ。上のガソリン屋みたいに。

関連記事

NHKスペシャル/ガイアの夜明け | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/04 (Sun) 【鷹鳩】夜は明けたのか?

鷹「GWやな。今年は連休がうまくつながらないこともあって、わりとゆったりのんびりの作者さん。ちょっと相場について落ち通いて考える、なんて殊勝なことはせぇへんけど」

鳩「まぁ、でも先週からは本邦債券市場は大変なことになっていたので、ようやっと一息ね。債券先物チャート(ひまわり証券)。4/25は歴史的な日だったわね。債券先物は2円以上下げてサーキットブレーカーが発動。5年債は20bps以上金利上昇と、祭り状態だったわ」

鷹「新聞のマーケット欄でもけっこう書かれてるけどなー。CTAの仕業云々。まー、でも確かに債券市場は先物がもろに主導してるからな。日経に書かれているように、本当に『債券先物売り・株先物買い』をしてるのかはわからなんけど、確かに3月の債券上げ相場は先物主導だったので、そのアンワインドっぽい動き。そして強い日本のCPI。そこにメガバンクのメガ売りが重なって…という感じやな」

鳩「ベースにあるのは、金融危機も最悪期を脱して、株式市場に資金が戻ってきているという雰囲気ね。債券売って株に資金シフトは一部では確かにありそう。そしてあれだけ上がっていた金も下落基調。金チャート(ケンミレ)。これを見ても、安全資産である債券や金から、株にお金が戻っていると言ってもいいわね」

鷹「金曜日の雇用統計も事前予想より強い数字。USDJPYも105円台突入やな。こう見ると、マーケット全体で安心感が広がり、リスク許容度回復や」

鳩「この小康状態が続いて金融市場が復活するのか、次のクラッシュの前の静けさに過ぎないのか。それが問題よね」

鷹「つねにマーケットの雰囲気を敏感にとらえてな、あかんな」

鳩「GWを楽しまれた方は⇒⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします」



関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。