プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/04/22 (Tue) 【鷹鳩】チベット騒動と市場

ニコニコ動画IDのあるかたは先にこちらをご覧ください


鷹「日経平均が5連騰!ということもあって、本日は若干お休みやな」

鳩「先月に比べて市場は穏やかになってきたわね。株もしっかり、為替もあんだけみんなで円高を煽ってたのに落ち着いて、クレジットもね」

鷹「しかーし、冒頭の動画にもあるように、世界各地での聖火リレーへの妨害に反発して、中国では暴動がおきとるで。まぁ、ここではチベットや中国の人権問題についてはコメントせんが、鷹くん的にはこれが原因な気がする…」

鳩「最高値から半値だもんね。現物取引だけだからショートにも振れないし。しかも、多くの投資家が一般庶民で、車買うって嘘ついてローン組んで、それで株買ってるから…」

鷹「よく『中国は20年前の日本だと思うとちょうどいい』なんて言っとるけどな、20年前ってまさにバブル崩壊やんけ!」

鳩「株安⇒民衆暴動 はある意味あたってるかもね。そしてその先にはオリンピック過大投資のツケ、バブル崩壊、革命なんてことも!?」

鷹「将来のアジアの大きなリスクファクターやわー」

鳩「新鮮☆たらこ に笑った方は⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします」


関連記事
スポンサーサイト

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/20 (Sun) 【鷹鳩】誰がうまいこと言えと

鷹「米系金融機関の決算ウィークも終わったな…。各社、予想よりも悪くないじゃんということで、金曜日はアゲアゲ↑モードやった」

鳩「株は高く、債券安く、為替は円安ね。原油も↑。そして作者さんは『Citiの決算前にちょっと楽観的になりすぎじゃない?』という相場観から、債券先物ロング、CDSロングのポジション…。大火傷。オワタ\(^o^)/ 」

鷹「…。もう金融不安は消え去ったのか、あるいは単に台風の目に入っただけなのか。それが問題やな」

鳩「断然、『嵐の前の静けさ派』だけどねー」

鷹「さて、4.20の日経ヴェリタスに面白いものがあったのでご紹介するで。決算とも絡むやけどな。『On the left side, there is nothing right. On the right side, there is nothing left」

鳩「right side , left side はバランスシートの左右のことね。資産の部は嘘評価ばかりで正しいものがなく、資本の部は何も残ってない、と。right left をもじった文でさすがアメリカ人て感じね」

鷹「作者さんが書いてたら『誰がうまいこと言えと(ry』で終わりやけどな」

鳩「日本人も負けてられないわ、と作者さん。『借方の評価は仮だった。貸方の評価はおかしかった』」

鷹「サムイと思う方は ⇒ にほんブログ村 為替ブログへ お願いします」

関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/15 (Tue) 【鷹鳩】米系決算を迎える前に

鷹「いよいよ米系金融機関の決算発表やな」

鳩「今回はマーケットの注目度もかなり高いわね。どき☆わく☆」

鷹「さて、そんな中、他人様のブログで興味深いトピックを見つけたので紹介しとくで。もう、ここで紹介すると、孫引き、ひ孫引き、やしゃご引きでわしゃ分からん状態なんやけど。厭債害債さんの負債の時価評価による益。そしてオリジナルのバロンズの記事はこちら

鳩「ちょっと難しい話なんだけど、できるだけ簡単に言うようがんばるわ。今回のクレジット環境の超悪化で、金融機関(仮にGS)の信用力が低下したわ。そうすると、GSの社債だったり、GS宛のローン等の価値も下がる訳よね。投資家はそれを時価評価して大損をぶっこいたと…。でもそれって逆にGSにしてみれば、負債の価値が減ってることを意味するわね。B/Sの右側が時価評価によって軽くなって、それを益としてP/Lに計上しましたよという話」

鷹「なんか狐に化かされた感じやなぁ。実際バロンズはCASH-INを伴わない利益と指摘しとる」

鳩「作者さんは、こういう利益を計上してのこないだのリーマンとGSの決算かよ、と突っ込みを入れる」

鷹「このバロンズのニュースをプリントアウトして、同僚にどー思う?って聞いてみたんやけど、『実際に時価評価の価格で債務を買い取って償却できるだけの、CASHとCAPITALが十分にあればいいんでない?』」

鳩「実際、厭債害債さんのところのコメントでも同様の意見が出てました。合点のいく答えです」

鷹「一方で、『債務が時価評価によって減価してる分、アセットサイドの証券も時価評価によって減価してるから、どってことない』という意見もあったんやけど、それはちゃうんやないと言っといた。自分の借金は絶対に返さなあかんし、返済期限が近づくにつれ、クレジット悪化による減価が緩和されるから、今度は逆に時価評価による損を計上せなあかんくなる。一方でアセットサイドで問題になってる仕組み証券。持ち切りじゃなくて、実際に損切してしまってる分は、一生価値が戻ってこないし、自分ところの債務と違って、クレジット悪化による減価じゃぁなくて実際にデフォルトして評価を下げてる気がすんねんけど。もちろん流動性がないせいもあるけど」

鳩「そんなんで、格付けも決算も信用できないわねー。それにしてもせんとくん、可愛くない」

鷹「せんとく、意外にかわいいと思う方は ⇒ にほんブログ村 為替ブログへ お願いします」

関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/09 (Wed) 【鷹鳩】市場は小康、政治は症候

鷹「しばらくさぼってすまんゴッデス」

鳩「朝早くから夜遅くまで相場を追いかけ、帰宅後もブルームバーグとにらめっこでお疲れの作者さん?」

鷹「いや、ただ単に怠けてただけらしいで」

鳩「そんなわけでまた始めますので、お暇なときに煎餅でも齧りながらご覧ください」

鷹「先月からは、UBSやリーマン、ワシントンミューチュアルの資本増強の話があって、過度な金融不安懸念が一旦安らいだ格好やな。日経も昨日今日と下げたものの、月初から比べるとぐいぐいと上昇しとる。為替も102円台で安定、CDSも一時的なパニック買いから一転、100bp前後で小康状態やな」

鳩「一方で経済指標は着実に悪化ね。雇用統計、中古住宅販売などなど。サブプライムから始まった危機が、いよいよマクロ経済に波及ね」

鷹「うーん…。ディーリングルームでも『実体経済が悪化でUSDが売られ株が売られ』云々という説明を聞くんやけど、作者さんとしてはちょっと違和感があるようやな。今回のいわゆるサブプライムショックは『実体経済リスク』ではなくて『金融機関の流動性・資本のリスク』だと言い切ってしまってええような気がすんねんけど。経済が悪いのは普通にありうべしで、なんでこんなに大惨事になったかってと、金融機関の資金繰りがかなり危ういことや、証券の莫大な評価損で資本を喫損してるからであって、マクロ経済云々ってのははっきり言ってどーでもいい」

鳩「まぁ、長い目で見れば実体経済も重要になるんだけどね。でも、現時点で株債権、為替の動きを予想するなら、とにかく金融機関が潰れるかどうか、もっと評価損を出すかどうか、誰か助けてくれる人がいるかどうかだけ注目すればいいわけね」

鷹「そんな中、日銀総裁がやっと決まったな。これもどーでもいい、というか、もはやこの国の政治に何も期待せんわ。はよ、金貯めて海外に移住を真剣に考えるわ」

鳩「日銀総裁については色々な片がコメントしてるけど、総じて『民主党、もう馬鹿かと、あほかと。お前らただ天下り禁止と言いたいだけちゃうんかと』」

鷹「はーぁ。なんだかんだいって小泉はいい総理大臣やったなと、今になってしみじみ思う春やな」

役に立ったと思う方はにほんブログ村 為替ブログへ お願いします

関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。