プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/09/24 (Mon) 【鷹鳩】今週はお休み

ええ、実は来月から新しい金融機関に移ることになりまして。
今週は余った休暇をせっせと消化する週となっております。
のでので、ちょっとお休みです。来月からは心機一転、職場も一転、鷹鳩をお送りいたしますでの宜しくです。

関連記事
スポンサーサイト

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(2) |


2007/09/12 (Wed) 【鷹鳩】オプションの話


最近、鷹鳩書くのもサボり気味なので、ちょっと別のこと。
よく言われる『オプションのトリガー防戦』について書きたいと思いマス。

ええFXも大流行のようで、情報サイトも無数にあります。
先月の円高で結構、過熱感も収まったかと思いきやレベル的に新規参入者が入りやすく、私の勤めている金融機関ではFX業者さんのカバーで円売りが継続。まだまだFXブームは継続しそうです。

さて、そんな中、例えば『114円にはオプションの防戦売りがあり』などといった解説があったりします。詳しく読んでいくと『114円をヒットすると権利が消えてしまうので、114円が付くのを阻止するために防戦売りをする』などと解説されています。

つまり、なんで114円手前で上がらなくなるのか? というと114円を超えて欲しくない人が沢山売りオーダーを置いているからだ、との主張です。確かになんとなくそんな気がします。

しかし、これでは正確に理解しているとはいえません。なぜなら、大量の売りオーダーを置いて、114円が付かなければハッピーですけど、もし114円を超えてしまったら? オプション取引で負けるわ、113.99のショートが捕まってしまうわ、ダブルパンチで大ヤラレです。プロの投資家がこんな行動を取るでしょうか? 

もちろん114円を超えると、途方も無い金額の損が出る、そのため、介入並みの売りオーダーを置く、という話もゼロではありません。しかし、巷で言われているほとんどのオプション防戦云々というのは、実はまったく逆の話。実は『114円を超えて欲しい人が、114円手前に売りオーダーを置く』というのが実態です。

『はぁ? 上がって欲しいのになんで売りオーダー置くねん? あほちゃうか?』 私もディーリングルームに来た当初はこう思ってました。しかし、そうじゃないのです。

例えば単純に考えると、(かなり雑に書いてますのでこれまた正確なオプションの理論ではないですが、ざっくりと理解することは出来ると思います)

・114円を超えると110円でUSD/JPYが100万ドル買える
・超えないと最初に払ったオプション料が全部、無駄になる
という人が居たとします。

さて相場は112円台から113円半ばまで上昇、さらに上がりそうです。
114円を超える確率も高まります。(*デルタ値が上がるとも言います)
儲かる確率も高まります。
当初、114円を越える確率は30%くらいでしたが、113円台後半の今では90%まで上昇しました。

そうすると、この人は100万ドル*0.9で90万ドルのUSD/JPYロングポジションと考えられます。113.99まで行けば限りなく100万ドルに近いロングポジションになります。(確率が100%近くになる)
しかし、114円を超えない可能性も残っていますので、これまでのUSD/JPYの上昇分を利食うために売りオーダーを置きます。

あれ? 114円を超えて欲しい人が114円手前に売りオーダーを置くことになってますね。なかなか難しいんですけど、こういうことなんです。

参考になりましたら⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします

関連記事

FXオプション | trackback(0) | comment(1) |


2007/09/12 (Wed) 【鷹鳩】駄々っ子


鷹 「安倍さんがついに辞める」

鳩 「午後の眠い昼下がりだったわねー。ロイターに安倍辞意表明って出て」

鷹 「一応、叫んだけどな。でもあんまりマーケットは反応せず」

鳩 「ちょっと前にも安倍辞任のルーマーは流れてたからね」

鷹 「結局、株は一旦買われたけどその後は下げ下げ」

鳩 「アナリストは、素直に株安、円安で良いといってるけど」

鷹 「まぁ、政治で為替は動かんよ、ましてや日本の政治では」

鳩 「114円近辺で動意薄ね」

鷹 「前から言っとるけど、ちょこちょこやるのが一番ええよ、今は。112円台、113円台で買って114円で売るみたいな。EUR/JPYなら156円台で買って158円台で売るとか。何回転でもできるやん」

鳩 「しかし、安倍さんもわがままというか無責任というか。日本って国は…」

鷹 「駄々こねる子どもみたいやな。『みんなが虐めるんだー(泣)』みたいな」

鳩 「後任は太郎って話が持ち切りね」

鷹 「太郎はアニメ好きだから関連株が高騰とか。ガンホーとかまんだらけとか」

鳩 「プロ投資家っていったい…」

鷹 「萌え関連株ってな。為替はFOMC待ちの様相やな。それまでは小さく回転を利かしてって感じで。 参考になりましたら⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします 」

関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(0) |


2007/09/08 (Sat) 【鷹鳩】胡残暑チキン


鷹 「残暑ざんしょ! そーざんしょ? 」

鳩 「うるさいわねぇ、暑くてだるいのにくだらないこと言わないで」

鷹 「いやー、台風ファミリーやなー、台風一家ってか? ギャハ」

鳩 「…。何か嫌なことでもあった?」

鷹 「…。うっ。。 株はここが底だと思って買ったけど更に下がるし、クロス円ももう流石に落ちないだろうと思ってロング仕込んだとたんにやられるし」

鳩 「よしよし。しかし昨日のNFP、雇用統計の事ね、凄かったわね」

鷹 「ずっと見たこと無いマイナスフィギュア。なんと4年ぶりとか」

鳩 「作者さんも遠い記憶のかなたにあったか無かったかという位のこと」

鷹 「出た瞬間、本当は発表の数秒前から激しくUSD売りやなー。USD/JPYは115.20くりから113円後半まで下落。早かったでぇ」

鳩 「毎度のことだけど、どこかのソースで数秒前に発表してるのよねぇ。5秒前から動きがおかしかった。ディーラーさんも普段はゆっくり構えて取引するけど、流石に焦ってやってたわ。ちょっと騒然となったディーリングルーム」

鷹 「さぁさぁ、もう何回も行ってるけど、このリスク回避の流れはまだ収まらんと思うでぇ。この後、FOMCまではこのレベルでうろうろやけど、そっからはまた大きく動くオカン、と東京タワー」

鳩 「…。暑いんだからやめて」

鷹 「今日、新サンマの塩焼きを食べたで。あと巨峰」

鳩 「梨、栗、柿なんかもいいわね。」

鷹 「さて、真面目にまたビューを語ると、FOMCまでレンジだと思うんや、で113円台は一旦買ってもいいかなと思っとる。しっかりストップは置いてな。大きく取るならEUR/JPYも買ってもいいかもな。で、ほったらかしにしないで50銭-1円でもうしっかり利食うと。必殺、『持ってないのにガンマディール作戦』や。 参考になりましたら⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします 」

関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(0) |


2007/09/06 (Thu) 【鷹鳩】中央銀行は台風対策に余念がない?


鷹 「いやぁ、とにかく台風がメイントピックで」

鳩 「皆さんちゃんと帰れましたかねぇ」

鷹 「さすがに今日は残ってECB見ようって気にもならんわ。さっさと帰ってきました」

鳩 「不謹慎だけど台風が来るってなぁんかドキドキしちゃうのよねぇ」

鷹 「作者さんも子供の心の持ち主ですから、ドキドキ。台風で電車が止まったら会社行かなくてすむかななんて考えてませんよ」

鳩 「さて、為替は114円台に突入も再度115円台前半から半ばでの取引に終始ね。クロス円もそこそこ幅はあるけどレンジをうろうろ」

鷹 「まずは雇用統計、そしてFOMCは今後を占う重要イベントだけに今は大きな動きは期待できんわな」

鳩 「一方でECB、BOEもあるけど。利上げ見送りは決定として、今後をどう見るか。ECBなんかは『まだ緩和的』ってるから将来の利上げには含みを持たせたわね」

鷹 「逆にFEDはこっから利上げは出来ないからな。利下げをたたたんとしていくんかいな」

鳩 「そうすると金利差でEUR/USDやGBP/USDの買いってことかしらねぇ?」

鷹 「最終的にはな。でもまだまだこのサブプライムからのリスク回避の動きって収まらんと思うんよ。すると、まだEURやGBPの資産を一旦本国へって話になるんかいなぁ。だから今はまだ動けないし一旦USDが強くなる可能性がある。でも最終的に米国のファンダメンタルが悪くなってUSD売りってのが、めっちゃ大きい雑な相場観やな」

鳩 「株も小康状態だけど、また下げるようなきもするし」

鷹 「作者さんは、米国に関しては株も景気も悲観的なビューやな」

鳩 「ということは、株もクロス円も買い!!ってことよね?」

鷹 「… 参考になりましたら⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします 」

関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(0) |


2007/09/04 (Tue) 【鷹鳩】女心と秋の相場


鷹 「初めまして、鷹くんです」

鳩 「初めまして、鳩ちゃんですって何が『始めまして』よ!!」

鷹 「いやー、こうも久しぶりだと再登場するのもちょっと恥ずかしいやん。もじもじ」

鳩 「夏風邪ダウン&夏休みだったので勘弁してちょうだいね」

鷹 「さぁ、こっからやったるでぇ。って為替相場はすっかり落ち着きを取り戻し」

鳩 「114/117のコアレンジがしっかり。市場にはガンマも供給されつつあり」

鷹 「とはいっても為替市場だけなんよねぇ、落ち着いているのは。キャッシュの世界や株の世界、クレジットの世界、そしてボラティリティはまだまだ警戒モードを解除できんぜよ」

鳩 「どういうことかというと、日本も政治でもたもたしてて、えいやっと円を買うのも躊躇われる。一方、サブプライム発の信用収縮、流動性逼迫の影響はまだまだ深刻。USD調達のニーズはまだまだ旺盛。危ない噂の出ている欧州系にはクレジットを絞りつつあるという話もちらほら」

鷹 「作者さんのところは大丈夫かいなぁ。なんか最近、暇しているようにも見えるんやけど」

鳩 「それは触れないで、そっとしといてあげましょう」

鷹 「ISMはそこそこの数字、方向感は雇用統計まで持ち越しかいなぁ」

鳩 「あとはFOMCでのレートカットと声明よね」

鷹 「なんか徐々にFF利下げも無いかもというマーケットになってきている」

鳩 「ますます混迷を極めるマーケットね。しかし日本の政治も酷い!! 税金払いたくないわ! 」

鷹 「まったく。安倍政権、敗れたりーー⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします 」

関連記事

金融よもやま話/相場見通し | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。