プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/08/15 (Sun) SAXO BANKでCFD・FXオプション【鷹鳩】

saxo.jpgSAXOBANKが露出を増やしているのは皆さんもご存知の通りかと。今年の7月(?)から日本でもサービスを始めたSAXO。元々はFX会社にレートを提供するFXの大元ブローカーだったんですが、BtoBからBtoCとトレーダーにもそのサービスを提供することに。

SAXOの特徴なんかは私よりCステで述べているSarahさんのほうが圧倒的に詳しいですから説明は譲るとして。

私が注目しているのはFXオプションの取り扱い。前までSVC証券がFXオプションの取り扱いしていたのですがDMM.com証券とくっついて、今でもやっているのかは不明。

それから先日紹介したHIGH or LOW はお手軽ではありますが、前週の金曜日に翌週の金曜日の為替相場の予想をするって点で自由度が制限されていました。

そういう意味で自由に自分の好きな期間で好きな水準でFXオプションができるのはSAXOBANKでありましょう。

これから数回にわたってFXオプションの使い方を書いていきたいと思います。

話は変わって、SAXOBANKはCFDも始めています。こちらはキャンペーンでCFD口座を開設の方にはYEN蔵さんのセミナーに抽選で招待と。8人に人数を絞ったということで相当濃い話が聞けるのではないでしょうか? 元シティの有名な為替ディーラーさんですからいい経験になりますよ。

SAXOといえばロードレースでも有名。

ツールドフランスで優勝を争ったアンディ・シュレク、世界最速の男カンチェラーラを擁する有力チームです。残念ながらシュレク兄弟はSAXOを離脱、そのかわりコンタドールが加入、とロードレース界でも注目を集めているのがSAXOBANK。

金融機関で言えばRABOBANKってチームもありますが、こちらは個人投資家には縁が薄いですね。インターバンクでは存在感のある会社ですが。


応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

スポンサーサイト

FX/CFD 業者 | trackback(0) | comment(0) |


2010/08/07 (Sat) 雇用統計NIGHT!! 【鷹鳩】

seminar.jpg 昨日は米雇用統計でした。現役でバリバリやっていたころは毎月ディーリングルームに残って雇用統計の数字を見て、トレードして、その後そのままのみに行く⇒明け方に築地に鮨を喰いにいく なんて仕事もしていましたがさすがにもう無理(笑)。結果すら見ないで翌朝の新聞で確認しています(笑

ですが、昨日は珍しくライブで見てました。というのもFXプライムさん主催の雇用統NIGHTに参加してたから。六本木のお洒落なカフェ(エフワンピットストップカフェ)で開催。


実は私はあまりFX会社さんのサービスってよく知らないんですが、会場で説明してくれた FXプライムでへぇ~と思ったサービスもありました。

まず 勝ちパターン分析。
過去2000回(!)の自分のトレードから、どういう場面でどういう戦略で勝ったのか、あるいは負けたのかというのを判断してくれるんですね。それをパターン判別してくれてアドバイスをくれるというもの。チャートにも過去の自分のエントリーとエグジットが表示されるので視覚的にも分かりやすい。勝ったときはその反復を、負けたときは反省を促してくれるんですね。

それから パッと見テクニカル
過去に似たような動きをしたチャートを探してきてくれて今後の値動きを予想してくれたり、通貨ごとに短期中期長期でパターン分析をしてくれたり。テクニカル分析って人によって見方がずれます。どこに線を引くかって結局自分にとって都合の良い線しか引かないんだよね(笑 最初に引いた線を突破されても次の線を下に引きなおしたり(笑 ってあんまり人の事笑えませんが…。
また、文字通り パッと見 で分かるってのも初心者にはいいなぁと思いました。もちろん自分でテクニカル分析する人も、自分のものと過去のデータから引っ張ってきた「パッと見」の分析と比べることも意味があると思いますよ。

最後に 『選べるHIGH・LOW』
これは当日は説明なかったんですがサイトを見ていると売り出し中の商品みたいで面白かったので紹介。最近流行のバイナリーオプションFXですね。バイナリ???って方は、CFDステーションでFXオンラインのバイナリオプション【鷹鳩】があるのでご覧ください。

詳しい商品内容は上のリンクから見て欲しいんですが、その週の月曜日の為替レートに比べて金曜日の為替レートが円高に行くか円安に行くか二者択一で答えるだけの商品です。FXオンラインのバイナリオプションは基本その日の値動きだけだったんですが、こちらは月曜と金曜の比較。しかも予想が的中したときのリターンも、円高円安の振れ具合によってペイアウトが変わるってのがユニーク。

ちょっと画像をお借りしましたが、カジノのルーレットみたいでしょ(笑)。
payout.jpg


これは今後のFXオプション記事でも何度か取り上げたいと思います。

ペイアウト倍率が円高コースのほうが円安コースよりも低いのはなんでか?とかね。これが答えられる人はかなりのFX上級者でしょう(笑)。ヒントはスマイル^^。


ってなことでFXプライムさん、面白いな~と思ったしだいです。雇用統計NIGHTなんてイベントも面白い試みだし。伊藤忠系なんで安全度はピカイチでしょう。



と、ここで終わっちゃただの宣伝記事なので、様子をば。

50人くらいの参加者で一人で参加されている方が多かったかな。Ustreamで同時放送されていて1500人もの視聴者がいたそうです。同時間では日本一だったとか。雇用統計発表にあわせて、セミナーの講師さんが実際にポジションを取って解説してましたけれど、これが面白かった。

レクチャーでは『欲望と恐れをコントロールするのが大事』と散々言っときながら、雇用統計後でチャートが上へ下へばんばん動くたびに『あーーーーー!!』とか『どーーーしよ』とか叫んでいました(笑

それでもしっかりと利益確定(たしか30pipsくらい)したのはさすがでしょう。


私はというと、いつものメンバーwのSarahさんとランケンさん、そして私はお初だった深田萌絵さんと一緒の席で。深田萌絵さんはさすが株アイドルというかなんというか、きれいでした。それとドレスが凄いw ブログで公開しているので見てください。

途中まではみんなちゃんとセミナーを聞いていたんだけど、時間が経つと飽きてきちゃって(笑 もう全員良い大人なんだけど中身がお子様なので『疲れた~』とか『ビール飲みたい』(お酒は雇用統計の後からしか飲めない)とか。それでも、やはりみんな敏腕トレーダー。雇用統計カウントダウンが始まると顔つきが変わってチャートを睨んでるの。

その後は、お友達のやぶっちさんが数万円勝ったのでみんなで六本木の街に繰り出して飲みました。

また機会があれば参加したいかな…いやもういいかな(笑


応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

FX/CFD 業者 | trackback(0) | comment(0) |


2009/11/11 (Wed) 投資マーケットに新風「CFD」【鷹鳩】

fj200911.jpg 宣伝で~す^^; 先物・デリバティブ専門誌『FFC World11月号』にインタビュー記事&署名記事で鷹鳩が登場しております。 この雑誌はかなり高度な投資雑誌になってまして、某雑誌とは色がまるっきり違う硬派なものですw 売り方も、大手書店にしか置かないと言う硬派っぷりです。

興味のある方は一度手にとってみてください。






参考になったという方は⇒応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

FX/CFD 業者 | trackback(0) | comment(0) |


2009/06/19 (Fri) Cステセミナー【鷹鳩】

seminar.jpgSarahさんランケンさんと一緒にやっているCFDステーションでセミナーを開催することになりました。 CFDに関する基本的なことや実践、応用戦略などボリュームびっしり4時間のコース(質疑応答と軽食つき懇談会も)。Sarahさんとランケンさんがメインですが、鷹鳩もお手伝いに行きますので、CFDにちょっと興味があるなーって方は是非いらしてください。まだ多少、残席があるようです。 CFDステーションセミナー案内

FX/CFD 業者 | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/25 (Sat) 【鷹鳩】FXも淘汰・再編が来る…

前回のエントリでは懐かしいソロモンブラザーズの話をしたわけですが、ソロモンも再編の波に揉まれています。ソロモンは米債不正入札の影響で業績が悪化、単独では生き残れなくなって、スミスバーニーと合併。ソロモン・スミスバーニーになります。日本ではかつて日興ソロモンスミスバーニーっていう合弁会社があったんですよ…。その後はシティと合併、ソロモンの名はマーケットから消え去ります。

ソロモン意外でも、バンカーストラストだとかナショナルウェストミンスターとか名門と言われた金融機関も次々と再編の波に飲み込まれて。

そして2008年のサブプライム大海嘯で投資銀行も淘汰されてしまったわけで。もはやゴールドマン、モルガンスタンレーと言えども、純然たる投資銀行ではないわけです。

さて、そんな大再編、大海嘯がFX界にもやってくる悪寒がぞくぞくします。

FX業者の規制強化へ 金融庁と証券監視委

個人投資家の参加者が急速に増えている「外国為替証拠金取引(FX)」について、証券取引等監視委員会は24日、規制強化に向け、金融庁に制度改正を要請した。FX業者の財務管理体制を強化し、元手資金で取引できる倍率に上限を設けることが柱。金融商品取引法の関係政省令の改正作業に入り、今夏にも導入する見通し。
 証券監視委ではFX業者に対する集中検査を一昨年から昨年11月まで実施。その結果、財務の健全性が不十分だったり、自社の資産と顧客からの預り資産を区分管理していないケースが多数見つかった。管理体制が不十分なために経営破(は)綻(たん)した業者もあり、顧客保護の観点から、業者が顧客資産を流用することのないよう、金融機関に信託させて分別管理を義務付ける。
 またFX市場では現在、500~600倍もの高倍率による取引が増加、為替相場の変動で、多額の損失に陥るケースもある。改正は上限を20~30倍とする方向で調整、規制を超える商品を提供したFX業者は行政処分の対象となる。今回の規制強化がFX業者の経営を圧迫し、業界の再編・整理に進む可能性もある



どーです? 怖いでしょ~恐ろしいでしょ~? 

信託の義務化はまぁわからんでもないんですが、レバレッジ30倍までって、本当に投資家保護の観点からの施策なんでしょうかね。投資家からそういう要望が出ていて、それでレバレッジに上限を設けるならまだしも、恐らくこの話がでてからの投資家の反応って逆ですよね。

なにやら『FX会社の再編を促す、金融庁の管理下に置く』という目的が先にあって、そのためにこのような規制を考えている悪寒がぞくぞくしてしかたがありません…。

どちらにせよ、お上には逆らえないわけですから…今後は生き残りをかけてFX会社間の死闘が繰り広げられるでしょう…

参考になったという方は⇒応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

FX/CFD 業者 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。