プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/07/05 (Sun) Rookie Trader 【鷹鳩】

続き











参考になったという方は⇒応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

スポンサーサイト

NHKスペシャル/ガイアの夜明け | trackback(0) | comment(3) |


2009/07/02 (Thu) 『Rookie Trader』ディーリングルームの雰囲気が分かる動画【鷹鳩】

なかなか面白い動画がCNNでやっていたので紹介しましょう。

『Rookie Trader』と言いまして、文字通り、まったくトレードの経験がない男性がロンドンの金融会社のトレーディングルームでトレードの勉強をするという内容。会社はCMC Markets Japan 、IG、GBCという大手どころ。銀行というよりはCFDを提供する専門業者みたいなもんです。

英語は聞きやすくて平易な言葉ですので比較的理解できますし、なによりディーリングルームの雰囲気ひしひしと伝わってきます。『かっこいー』って思うかもしれませんが、日本の会社の場合、もうちょっとマッタリしてます^^;  もしよければご感想などコメントしていってください。


Embedded video from CNN Video



参考になったという方は⇒応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

NHKスペシャル/ガイアの夜明け | trackback(0) | comment(0) |


2009/05/11 (Mon) 【鷹鳩】サブプライム関連の動画なら…

NHKスペシャルの名誉挽回(笑

こっちのほうが、今やってるシリーズより出来がいいなぁ。
サブプライムローンの酷さがよく分かる。そして原油バブルが起こったのも…



歴史は繰り返すというか、奢れるものも久しからずというか。


参考になったという方は⇒応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

NHKスペシャル/ガイアの夜明け | trackback(0) | comment(3) |


2009/05/09 (Sat) 【鷹鳩】超今更ですがNHKスペシャルを見た…

ソロモンの鍵で話題にしたNHKスペシャルマネー資本主義 第1回“暴走”はなぜ止められなかったのか~アメリカ投資銀行の興亡~をやっとこさ見ました。見逃した~と記事にしたのを覚えていてくれたようで、為替円 さんから再放送ありますよーと教えてもらいました。ありがとうございました^^

なかなか面白かったですね。当時の当事者のインタビュー、やはり少しは後悔の念があったのがまだ救われました。これで、俺は悪くねー、儲けるためなら当然のことをしたまでよって開き直られたら、イラっとしますけど^^;

ぐっちーさんや厭債害債さんがズバリなコメントをされてますので今更なんですが、やはり思ったのは『投資銀行が悪い』という結論ありきな番組の作り方をしてるかなーって点ですね。リーマンCEOの豪邸の映像の見せ方とか、住宅ローンを返せなくなって家を追い出された人のデモ隊の映像とか随所にバイアスかかってる気がしたのは、やはり私が金融関係者だからでしょうか?^^:  デモ隊の人に対して思ったのは、無理なローンを組まされて、金融機関はサブプライムローンで大儲けした挙句破綻して金融危機を引き起こしたのが悪いってのはまぁそうなんですが、そもそも住宅購入のために『お金を借りた』のは事実なわけでして、その部分はどーなんよ?って。や、もちろん甘い言葉でローン勧誘されたってのは分かるんですが、それでも米国って自己責任の国じゃなかったっけ?

それからソロモンが、MBSを作るためにローンを沢山仕入れたい。そのためにレバレッジを掛け過ぎて(要は借金しまくって)それで破綻してしまったって結論付けてますけど。しかも後のCDOであるって解説。これもしっくりこない。そもそもの破綻のきっかけは国債入札で不正をしていたってことで信用リスクが高まって、他の金融機関からラインカットを食らっていた。レバレッジが高く借り入れが多い分、資金のロールが追いつかなくて最後は資金繰りに行き詰まって身売りってのが流れなんじゃないかと。そいからMBSがCDOにって、ちょっと飛躍しすぎじゃないかと。

と文句たれてますけどw おそらく今回の番組は『CDOが!MBSだ!』『ソロモンのリスク経営が~』って仕組みを理解して原因を探るというより、昨今のサブプライムバブルが起こる土壌(「超レバレッジ」「莫大な成功報酬」「リスク管理の限界」)を理解する役割なんでしょう。そういう意味では非常に分かりやすくて面白い番組でしたよ。

第2回は
■超金余りはなぜ起きたのか ~検証 アメリカの金融政策~(仮)
2009年5月17日(日)午後9時00分~ 総合

ですので、今度はリアルタイムで見ましょうw




*追記

ぐっちーさんのエントリで『CDOのレバレッジ』って話が出てよく分からんってコメントが付いてるので一応書いてみましょう。(って誰のためともわかりませんw 私も全然専門外ですので正確かどうか…^^;)

CDOってのはとにかくいろんな債権・債券を集めて一個の容器に入れちゃった商品なんです。いろいろな種類/質の債権が入ってるし分散が効いてる。1個がダメでも100個がダメになることが無いからリスクは軽減されてるっしょってこと。

で、これを何段階かに切り分けて販売するわけです。松・竹・梅みたいな感じで。仮に全体が100億のCDOだとして、ローンが焦げ付いて5億の損が出てしまった。普通の債権の場合、債券保有者は等しく5%の損失を蒙るわけですけど、CDOの場合は梅の購入者が全部の損を被る。松・竹の購入者はセーフってこと。更に損が膨らんだ場合は、竹の購入者も梅ではカバーできない部分は損を蒙る。竹でもカバーできない場合は…もうお分かりだと思いますが松の購入者が損を被るということになります。

松は安全、竹は普通、梅はリスキーな投資です。こうしてリスク毎に階層を作ってCDOを販売してました。そんかわり利回りは梅がめっちゃ高利回りです。竹はまぁ割と高い利回り。松はリスク低い分そこそこの利回りです。

梅の購入者って100億のうち20億とします。でも損失は一番最初にやってくるんですよ? 全体で5億(5%)損が出たら梅にとっては20億のうちの5億損が出る⇒25%も損失が出ることになる。ということで梅は5倍のレバレッジがかかってます。

これが『CDOのレバレッジ』ってやつです。多分ね…。

参考になったという方は⇒応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

NHKスペシャル/ガイアの夜明け | trackback(0) | comment(2) |


2008/09/09 (Tue) 【鷹鳩】ガイアの夜明け 派遣社員

久々にガイアの夜明けを見ました。

前回の ガイアの夜明け 暗闇の職場 の続編ですね。ガソリンスタンドを解雇になった彼は、無事解雇撤回と和解金を手にしたようでよかったです。雨のキャベツ畑で『ガソリンよりいい匂いがします』というコメントもグゥですね。

しかし、政府は30日以内の短期派遣を禁ずる法案を検討中とか、派遣に正社員と同じ待遇を義務づけるとか。。 この問題は政府の規制でどうにかなるもんじゃないですよね。

仮に、今の形態の派遣禁止と規制が掛かったら…。一番困るのは、現に働いている人々なんじゃと思うのは私だけ? 規制でがんじがらめにされらた、まともな業者はどうしおようもなくなり、ますますアンダーグラウンドな業者が跋扈するんじゃないかと…。あるいは法の穴を付いた際どい派遣とか。

まぁ、こういうセンシティブな問題に意見言うのもアレなんで。

しかし、都心のエアコンの効いたインテリジェントビルでさ、所詮会社の資金で売ったり買ったりしていくら儲けただの損しただのやって、報酬も高くて金融機関勤務で信用もあって…。大甘ちゃんだね。所詮、虚業なのさ、この世界は。と、ちょっとやさぐれてみるテスト。


なんでもコメントお待ちしております⇒にほんブログ村 為替ブログへ お願いします

NHKスペシャル/ガイアの夜明け | trackback(0) | comment(1) |


| TOP | next >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。