プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/08/14 (Sun) マーケットを知る本を少々【鷹鳩】

今日もTwitter金融クラスタと呼ばれるTLは大盛り上がり(笑)。そのほとんだが、ほんとーにくだらない呟きなんですが、そんななかでマーケット関連の小説話が出てきたのでご紹介します。


ゼロクーポンを買い戻せ (新潮文庫)ゼロクーポンを買い戻せ (新潮文庫)
(1994/05)
ポール アードマン

商品詳細を見る

米国小説の翻訳で1994年と古い小説ですが評価が高いですね。実は私もこれは読んだことが無くて、ポチしようか悩んでいるところであります。
呟きを見てみると、まだまだ原始的な金融市場において、今日の高度な金融工学を駆使したヘッジファンドの台頭を予感させるストーリ。

次は私の大好きな黒木亮。


トップ・レフト―都銀vs.米国投資銀行 (祥伝社文庫)トップ・レフト―都銀vs.米国投資銀行 (祥伝社文庫)
(2002/07)
黒木 亮

商品詳細を見る

実家に帰省したときに地元の書店で何気なく手に取ったのがこれ。あまりの面白さに一気に読み干した感がありますね。そしてなんてダイナミックでかっこいい金融市場が広がっているんだろうと、想いはロンドンに馳せたわけです(笑)
硬直した銀行組織に汲々としながらも金融市場でなんとか存在感を出していこうともがく主人公と、そんな邦銀に見切りをつけて外資金融へと転身したライバルがシンジケートローンという市場で争っていくというお話。
ネタバレしてしまうと、最終的には邦銀×外資という軸ではなくて第3のプレーヤーが一番の強者だったりします。

しかし、なんといってもその臨場感、そして緻密性。某女性作家さんみたいな下手な芝居がかった展開はなく、リアルなままの現場がそこにあります。会話の内容もリアル。未読の方はぜひ。


そして、トップレフトがロンドンのローントレーディングというグローバルな金融市場が舞台なのに対して、こちらは超ドメな邦銀内部のお話。別名、社畜の必読書。


オレたちバブル入行組 (文春文庫)オレたちバブル入行組 (文春文庫)
(2007/12/06)
池井戸 潤

商品詳細を見る

ぜひ、邦銀マンには読んでもらいたい一冊です。支店長や次長からの責任転嫁。審査部からのいやみな指摘、人事部の策略などなど。先日のここがへんだよ銀行員の世界がそのまま登場します。
それだけだと読んでて憂鬱になるので(笑) 現役銀行員の溜飲を下げるような展開にはなっていきます。

最後に

トリプルA 小説 格付会社(上)トリプルA 小説 格付会社(上)
(2010/05/27)
黒木亮

商品詳細を見る

いったい格付け会社とはなんなのか…。名前は変えてますが、どこの会社か推測できるようになっていて面白いです。直近の米国の格下げもあったことでホットな話題。サブプライム関連の金融商品もAAAがありましたね…(遠い目)

ぽっと応援お願いします

スポンサーサイト

書籍/DVDなど紹介 | trackback(0) | comment(2) |


2011/08/09 (Tue) 【PR】経済・金融を英語で学ぼう

FXの取引で英語のニュースを読めたらいいと思いませんか?

日本のベンダーでも流れるですけど。

まずスピード。翻訳するのに時間がかかって、瞬時の相場変動には付いていけません。

それから正確さ。もうね…ほんっと酷い誤訳がいっぱいあるんです。
ロイターやブルームバーグの記事でもね。

私は気づくと電話して『おかしいんじゃないすか?』って指摘するんですけどね。
これって訳した人からすればすげーありがたい話だと思うんですけど、実際は迷惑そうな対応するんですよね…。
ブルームバーグさん、そしてフィスコさんよ…。

って話はずれましたが。

で、英語で金融経済ニュースも読めたらいいな、ってことでお友達のランケンさんが主催する英語スクールの紹介です。

英語スクールっても駅前留学とは違って…金融・経済に特化した英語スクールです。

カリキュラムも

1.Introduction(イントロ)
2.経済全体の構造について(マクロ経済)
3.GDP
4.Inflatino(インフレ)
5.Monetary Policy(金融政策)
6.Fiscal Policy(財政政策)
7.基礎編時事経済

とな。特に金融政策については注目度が高い毎日ですからね。
QE3があるのかどうか…とかね。

ランケンさんはフレンドリーなおもしろい、そしてちょっと変わった人です。

英語は勉強したいけど続かないって人も、FX取引に活かせると思えばやる気になりません?? っていうか一石二鳥。

詳しくはこちら~ ランケンの経済英語スクール

AOIA英会話


ぽっと応援お願いします

書籍/DVDなど紹介 | trackback(0) | comment(0) |


2010/08/02 (Mon) CFD書籍のご案内【鷹鳩】

お友達のランケンさんが共同執筆したCFD書籍が出版されたそうです。

FX投資家のための勝てる「CFD投資」虎の巻

FX投資家のための勝てる「CFD投資」虎の巻

価格:1,260円(税込、送料別)



5人の共著らしいですが、どう見てもランケンさんがマニアックすぎる気がします(笑 内容は5人それぞれが余すところなくCFDの魅力について語っています。

ランケンさんは例によってCFDを持ちいたスプレッド取引ですね(スプレッド取引については⇒【鷹鳩】CFDに未来を見出した)CFDを始めたい方は是非。


私も一応宣伝しますと、三空さん、羊飼いさんと共同で本を作りました。といっても店頭に並ぶ書籍ではなくてキャンペーン用の本ですが…。

こんな感じで3章立てになってます。

Tr 107.JPGTr 108.JPGTr 110.JPG

これはTradeIndexというCMCが提供する新しいCFD商品のキャンペーン。
CFDステーションのサイトからTradeIndexに申し込みしていただければ、この本をプレゼントというキャンペーンです。


応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

書籍/DVDなど紹介 | trackback(0) | comment(0) |


2010/07/10 (Sat) 黒木亮『トリプルA』

 黒木亮『トリプルA』を読了。この人の著作のリアリティには毎度驚かされる。その場で働いていたいとしか分からないような雰囲気、会話の中の言葉遣いややりとり。圧倒。

この本は格付け(AAAとかBBとか)を取り巻く複数の主人公の話。格付けは投資家の利益のための道標となるべきだと理想に燃える事物もいれば、収益のために格付けビジネスにのめりこむ人物もいる。また発行体として格付け取得や維持のために奔走する担当者も。

先のサブプライムショックの片棒を担いだ格付け会社って論調もありますが、その実態が余すことなく描かれていると思います。収益のためビジネスのために格付けを甘くしてやろう。統計的にデフォルトはありえない。だからAAA。そんなやりとり。

そんな発行体と格付け会社との癒着を断ち切るために、金商法改正で格付け機関の登録制が導入され。なんか聞いた話だとS&Pとムーディーズは登録申請しないとか。彼らは黒目からは撤退するのかな…。それはそれで困るんだけど。


応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

書籍/DVDなど紹介 | trackback(0) | comment(1) |


2010/02/01 (Mon) 勝ち残りFXの紹介【鷹鳩】

鷹鳩も何度かお世話になっている方から、おすすめの新刊書が届きました。

武部力也さん著の『勝ち残りFX』 です。


勝ち残りFX勝ち残りFX
(2010/01/29)
武部 力也

商品詳細を見る




う~ん、なんでしょうこの迫力(笑)ちょっとそちらの筋の方…あwせdftgふじこ。
いえ、失礼しました。この武部さんは長年、インターバンク市場で為替ブローカーとして活躍した方です。
鷹鳩もちょっと前に為替ブローカーについての記事を書いたので、紹介しておきましょう。

為替のお仕事-FXブローカー【鷹鳩】

で、ブローカーだからこそ、数多くのディーラーと交流を持つ事が出来る。その経験は大変貴重ですよ。そのときの人脈や知識、経験を持って、今回7人の凄腕FXトレーダーにインタビューするわけです。
内容は…もちろん購入されてから読んでいただきたいのですが(笑) いわゆるプロもいれば、個人投資家もFX出身のアナリストも外国人もいてバラエティに富んでいます。
それから、できるだけインタビューの熱を失わないように、ありのままの会話を再現しているなぁという印象を受けました。

かといって難解な話もなく、サラリと読めてしまいますし、自分のトレードを振り返るのには最適な著書です。

今なら『勝ち残りFX番外編 平田啓×武部力也』対談レポート!』が特典でついて来るそうな。

キャンペーンの詳細はこちら。
http://kachinokorifx.blog107.fc2.com/



参考になったという方は⇒応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

書籍/DVDなど紹介 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。