プロフィール

鷹鳩
金融市場の燃えカスです。リスク選好的な人生を歩んでいます。ボラティリティを愛しています。Greed is good

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/05/20 (Thu) CDSを買うということ【鷹鳩】

Cステでも書いたんですけどドイツが新たな金融規制に乗り出しました。

独のカラ売り規制、思惑先行で市場は混乱、効果には疑問の声も(モーニングスター)

 ドイツのカラ売り規制に波紋が広がっている。ドイツ金融当局は18日、国内証券取引所で取引可能なユーロ圏16カ国の国債カラ売り禁止(ネイキッド・ショート=株・債券を借りることなくカラ売りする手法)と、ユーロ圏諸国を対象にしたヘッジ目的以外のCDS取引の禁止(ネイキッドCDS)、独金融機関10社の株式カラ売り規制を発表した。禁止は5月19日の深夜零時から2011年3月31日の24時まで。

 ユーロ圏諸国の投機的ショート禁止が目的で、大量のカラ売りによる債券価格の乱高下を落ち着かせたいとの目的がある。もっとも、次は金のショートが禁止するのではないかとのうわさや全ドイツ株に規制の対象を広めるとの話も出ているため、発表後は規制による欧州経済の先行き不安を招き、思惑とは逆に市場はやや混乱することとなった。




国債の裸売り、株の裸売りはダメよと。でもってCDSの買いもダメなんだと。いやはや、なんという規制強化(笑)。CDSだけ買いがだめなんですね。というのもCDSとは保険商品ですから、ロングは保険の買いになるわけです。例えばギリシャCDSの保険を買った人にとっては、ギリシャが破綻してくれた方が保険金を受け取れてハッピーなわけです。

だからCDS買いで水準を買い上げることによって不安を煽り、ますますギリシャの状況が悪くなるって仕掛けることができるんですね。

本当にギリシャ国債を持っている人はヘッジ目的でCDSを使ってもいいけど、単に破綻を予想してCDSを買うのはダメよってことですね。しかし、これを禁止するって事は自由なトレードを禁止するってことです。金融規制強化⇒競争力低下⇒ユーロ圏から資金流出 って連想も働くような気がします…。


しかし、気になるのはCDSロングは規制しておいてショートにはお咎めなしってところ。だってCDSを売る人がいれば反対でロングになる人がいるし…。それはいいのだろうか…。【鷹鳩】もう少し突っ込んだCDS劇場でも書いたとおり、CDSを売ることでシンセティックCDOという新たな金融商品を生み出すことが出来るのです。


CDSについてはCDSカテゴリでも詳しく書いていますし、書籍であればクレジット・デリバティブのすべて第2版がベストです。



応援のほどお願いします ⇒にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

スポンサーサイト

CDS | trackback(0) | comment(1) |


2008/11/13 (Thu) 【鷹鳩】CDSって騒ぎすぎ

毎度です。

毎日本当にボラティリティの高い相場が続きますね。相場参加者は神経すり減らしてもうへとへとです、正直。為替ディーラーはポケットロイターやブラックベリーを持たされ、毎晩、大きなニュースに起こされて熟睡は無理ぽなことでしょう。リアル寿命も短いでしょう…。

さて、CDSについて。もうTVも新聞も週刊誌も『CDSが金融危機の元凶だ』と言ってますCDSカテゴリでも述べてきましたが、『CDS』そのものより、欲に魅せられて作り上げてしまったCDSを用いた商品が問題だった、というのが本当のところでしょう。

今回、更に声を大にして言いたいのは、よく『CDS契約額は数兆ドル!!』と煽ってる報道がありますが、実はこれはちょっとした勘違いが含まれているということ。

どういうことかというと…

【PR】投資のこと丸分かり読本 無料プレゼント (様々な投資について情報提供してくれます。不動産投資など鷹鳩も素人なので結構面白く読んでます)

続きを読む 前にお願いしますm(._.)m ⇒  □■ブログ村■□

CDS | trackback(0) | comment(0) |


2008/11/03 (Mon) 【鷹鳩】もう少し突っ込んだCDS劇場

【プロが解説】CDSって一体何なんだ?【鷹鳩】 【鷹鳩】世界一?分かりやすいCDS劇場 に続きまして、もう少し突っ込んだ考察を。

CDSは企業の破綻リスクをヘッジするデリバティブなわけですが、それを用いたハイブリッドな投資商品も開発され、機関投資家も結構な額を購入しておりました。

一度は見聞きしたことがあるかもしれませんが『CDO』。債務担保証券とか訳されてます。通常は、実体のある債務を裏づけとした投資商品を作るのですが(サブプライムCDOなんかもそうです)、中には実際に企業の債務は持ってないんだけどCDSを使って投資商品を作り上げる投資銀行もあったわけです。俗にシンセティックCDO呼ばれてます(もうこの段階で怪しさ満点星なんですが^^;)。

仕組みをちょいと説明すると…

続きを読む 前に応援お願いしますm(._.)m  ⇒  □■ブログ村■□


CDS | trackback(0) | comment(2) |


2008/11/01 (Sat) 【鷹鳩】世界一?分かりやすいCDS劇場

金融危機だ、という認識は世の中にだいぶ広まっているようでして、新聞・テレビ、週刊誌、はては主婦の井戸端会議までもがサブプライムだリーマンだと騒いでおりまして、『CDS』という言葉もだいぶ一般的になったんでしょうか? もしかして今年の流行語大賞狙ってるのかしら? 鷹鳩は『何も言えねぇ』に500ペリカなんですが…。

なんでそんなことを思ったかというと、 債券・株・為替 中年金融マン ぐっちーさんの金持ちまっしぐら   でワールドビジネスサテライト(WBS) のCDSについての解説があまりに酷いというエントリがありまして。私はそのWBSはみてないんですが、ぐっちーさんの言うとうりなら、WBSは(というかマスコミ全般)CDSについてまったくの認識不足でしょう。ただ、小谷キャスターは正直、きれいだと思います。私は塩田アナより小谷派です、って何の話だか^^; まぁ、昨年まで『CDS』という言葉もあまり登場無かったのに、いきなり悪者扱い、危機の元凶という論調ですから、付け焼刃で知識仕入れてる感が満載なので、仕方が無い話かとは思いますが。一応、私はCDSの経験もありまして、ここはCDSについて啓蒙しないと、と殊勝なことを思ったということはありませんw 

前回エントリ、【プロが解説】CDSって一体何なんだ?【鷹鳩】では舌足らずな面もありましたので、鷹鳩が総力を上げて日本一分かりやすいCDS劇場を立ち上げようかと。劇場には特に意味はありませんw

CDSについてですが…

続きを読む前に応援お願いしますm(._.)m  ⇒  □■ブログ村■□


CDS | trackback(0) | comment(0) |


2008/10/19 (Sun) 【プロが解説】CDSって一体何なんだ?【鷹鳩】

もう既にメジャーな用語になってしまった感がありますが(というかワタクシも普段のエントリーで当たり前のように使ってるしw) 一応CDSについての解説をば、少し。

まず、分かりやすーいNHKさんの動画をご覧下さい。相互リンクしていただいているのんきママさんのコツコツFXで紹介されているものです^^;



さて、如何だったでしょうか? さすがはNHKという感じですかね。分かりやすいことは間違いないです。ただ、何で今回CDSが次の火薬庫になりそうかとい点で若干説明不足かもしれません。

そもそも債権を保証するというのはずーっと昔からあるビジネスなんです。皆さんは住宅ローンを借りていますか? 多くのケースでは借りる時に保証会社に保証料を払っていると思います。これは住宅ローンの借り手が返済できなくなった場合、銀行は保証会社からローンの残りの残高について保証してもらえることになるんです。その時、住宅ローンの債権は保証会社へ移される。なので実は、住宅ローンが返せなくなった場合、最終的に返済を迫られるのは銀行から出なく保証会社からとなるんです。意外と借りている本人も知らないと思います。鷹鳩は社会人1年生の時は住宅ローンの融資係だったので結構詳しいですw

さて、債権を保証する。このビジネス自体はずっと昔からある、というのはご理解いただけたでしょうか? 住宅ローンに限らず、企業向けのローン、輸出入の保証などなど、金融取引に『保証』という業務はベーシックなものであったんです。なので、このビジネスモデル自体が『CDSがやばいことになる』という理由にはならない。じゃーなんで?

続きを読む前にお願いしますm(._.)m  ⇒  □■ブログ村■□


CDS | trackback(0) | comment(2) |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。